FC2ブログ
  福岡海星女子学院高等学校 福岡海星女子学院附属小学校 福岡海星女子学院マリア幼稚園  

【小学校の校長室から】シスター方がつくられた海星小学校 校長 山田 耕司

○ 本校の校友会誌「ひかり45号」は開校50周年記念誌として編纂されています。その巻頭言に嶋田理事長先生が、海星小学校のルーツに触れておられます。明治時代の文豪森鴎外の「小倉日記」に次のような記述があります。「田圃間を過ぎて本妙寺に至る。蓋ある車をとめて、銭を乞う廃人二、三をみる。既にして寺に近づけば乞食漸く多く、その中には癩人最も多し。寺は丘上にあり・・・(中略)。カトリック『フランチスカアネル』のフランス女子数人の経営に成る。医学あるものにあらずといえども、間間に薬を投ず。その功績堪えたるものあり。」
 これは中尾丸診療所(現熊本市西区島崎)で政府も見限った病人方の世話をする5人のシスター方の姿です。

○ 森鴎外は軍医としても高名な方で、ドイツに4年間留学し先進国の医療制度を学び、1899年~1902年の小倉勤務以外は首都圏の陸軍中枢で活躍しました。 小倉時代には西部方面の軍医統括責任者として各県各部隊の医療状況を巡察します。上記の記事は、1899年、熊本巡察の折に鴎外の目に留まった出来事でした。
 日本は発展途上の明治時代です。「廃人」とか「乞食」と称される人々が町には存在しました。その中で最も疎んじられたのが「癩人」(らい病患者)でした。
 生まれ故郷から追い出された人々は行き場を失い、全国を放浪するしかありませんでした。日本では昭和時代の中ごろまで「癩病(らいびょう)」ハンセン氏病は不治の病で伝染すると信じられていました。そのため政府の隔離政策が取られました。一般的に国民は映画「小島の春」や「砂の器」で知ることになります。

○ 「小倉日記」にある「フランチスカアネル」は「フランシスカン」のことで「フランシスコ会修道者」を意味します。そうです。私たち福岡海星小学校をつくられた「マリアの宣教者フランシスコ修道会」のことです。
 1897年、マリアの宣教者フランシスコ修道会(本部ローマ)創立者マリ・ド・ラ・パシオンは、長崎教区のクザン司教から、熊本・筑後地区で宣教活動に取り組んでいるコール神父(フランス人) のハンセン氏病事業に会員派遣の要請を受けました。この年はフランシスコ会が日本26聖人殉教者300年祭(1597-1897)を祝っておりました。創立者はこの要請を、その生き方を修道会が模範とする聖フランシスコ(12世紀のイタリア・アシジの聖人。イタリアでキリストの再来と尊敬されている)の愛の招きと受け止め、長い迫害(260年間続いた潜伏キリシタン時代)でフランシスコ会修道士が消えてしまった日本へ、多くの派遣希望者の中から5名の会員(シスター)を選び派遣しました。

○ 創立者から熊本修道院長への手紙(1898年7月)
 愛するコロンブ、あなたの心はきっと日本のハンセン病院のために高鳴りときめいていることでしょう!あなた自身が院長として派遣されることになりました。本会が信頼をこめてあなたに委ねるこの務めをよく果たしてくださることを期待しております。

 5人のシスターのことば
マリアのように「わたしは主のはしためです。
お言葉どうり、この身になりますように」(ルカ福音書1-38) の態度で愛によって全存在を奉献します。

○ 続いて1908年、7名のシスターが当時辺境と言われた北海道の開拓民救済と宣教のために札幌に派遣されます。伝染病・結核の隔離治療を行う天使病院を開設します。さらに1931年、東京の落合(現新宿区)に貧困者のための聖母病院を開設します。1951年、福岡修道院(現高宮)が創設され当地での活動が始まります。
 アシジの聖フランシスコを模範に、それぞれの時代に、社会で最も苦しんでいる人々に向けて活動をするのが、この修道会の特色です。そして、これらの精神の下に福岡海星小学校がつくられました。6歳~12歳の子育ち・子育ての時期に、それぞれの子どもたちに神さまから与えられた個の力と使命を、子ども自身が醸成する営みに、カトリックの学校として関わることに、神の恵みと豊かな幸せを感じます。

【小学校の校長室から】新たな海星ファミリーの誕生 教頭 米倉信彦

○芝生広場のプランターには色とりどりのチューリップやパンジーが咲き誇り、4月11日(水)、第51回入学式が挙行されました。男子23名・女子19名、計42名の新1年生が海星ファミリーの一員に加わり、立派なスタートを切ることができました。「僕たち、私たちは、神さまの教えを大切にする海星の小学生になるように一生懸命頑張ることを誓います。」と代表の子2人が力強く誓っている姿を見て、みんな一日も早く学校生活に慣れ、たくさんの友だちと一緒に楽しく過ごしてほしいなと思いました。
 また海星小学校では、式の中で6年生から1年生に「海星の心を伝える式」を毎年行っています。6年生の児童代表が「ご入学おめでとうございます。私たちは、いつでも神さまから愛されています。私たちも人を愛し、神さまに喜ばれる小学生になりましょう。この『海星の心』を受け継いでください。」と言って、ロウソクの炎を渡します。ロウソクを受け取った1年生の代表の子は、「ありがとうございます。『海星の心』を大切に頑張ります。」とロウソクを大切に持ちながら、答えます。
 では、この式で伝えられる『海星の心』とは何でしょうか。
 児童手帳1ページに教育目標として次のように掲げられています。

愛を持って真理に向かう
       あなたがたは、地の塩である。
     あなたがたは、世の光である。


 どんなときでも神さまから愛され、大切にされている私たちは、「地の塩」としてまわりの人々を大切にし、謙虚な心で奉仕していきたいと願います。また、よく学び、考え行動し、出会う人々に生きる喜びを伝えていく人に。「世の光」としてまわりの人々を明るく照らし、感謝し、平和を祈る人になりたいと願います。入学式の中で1年生を世話している6年生の姿を見ると、これが海星の心だな、最上級生として立派に海星の心を育んできてくれたなと感じました。

○4月14日は震度7を2度観測し、267名の方が亡くなられた熊本地震が発生してから、ちょうど2年になります。復興はずいぶん進んできましたが、熊本県益城町の畑などには、地震で出来た地割れや断層の痕跡がくっきりと残っています。また、自分の家に戻れず仮設住宅に住んでいる方もまだたくさんいらっしゃいます。前回の「地の塩」で、「海星小学校の子ども達は、これからも昼食前のお祈りで、『東日本大震災・熊本地震を受けて祈りをともに』を唱え続け、この震災で被災された方々に寄り添っていきます。祈りは、神さまとの会話です。」と書きました。特に14日(土)はご家庭でも、熊本地震で被災された方、亡くなられた方のためにお祈りください。

○毎年北運動場前の桜並木と南運動場の桜並木には見事な花が咲きます。あまりにも立派な桜並木になるので、満開の桜を見学しに町内の方が春休みに見学に来られることもあります。
 しかし、最近は3月下旬から開花し始め、4月上旬にはほとんど散ってしまうので、1学期始業式や入学式に子ども達に見せられないのがとても残念です。上の写真は3月23日に開花した時のものです。これらの桜は、現在の校舎が建てられた時に、卒業生の保護者の方がご寄付していただいたものです。当時、幹の太さが3cm、高さは2mぐらいの苗木で植えられましたが、現在は大変大きく、立派な木に育ちました。そして、これからも、海星っ子の様子を見守り続けていきます。

【小学校の校長室から】開校51年目さあ新たな一歩を 校長 山田 耕司

○ 桜並木に若葉が映えこどもたちを迎えています。
背振山系からの緑風に包まれ、森の緑と水に囲まれた自然豊かな海星の春がスタートしました。       
11日(水)の入学式には、42名の51回生が神さまに招かれて入学してまいります。在校生225名となります。
学院の人事異動で、小学校事務長に五十嵐美智子氏が就任されました。
また、新しく藤嶋明彦先生(担任)・森岡美弥先生(副担任)を迎えました。
昨年度節目の50周年を刻み、次の50年に向け新たな一歩の始まりです。1年間を通してどうぞよろしくご理解ご協力をお願いいたします。

○ 子どもたちにとって福岡海星小らしい楽しい学校にするために、
① 基本的な学習習慣・生活習慣を確かに身につける教育にさらに力   
を入れます。個人によっては上学年も個人課題として取り組みます。
o1・2・3年生の担任は二人です。
o1・2年生の国語・算数は2グループ別に行います。
o1年生より毛筆(国語)を行います。
o気持ちよく「はい」と返事をして速やかに行動する。
o字を丁寧に書こうとする。字は心の写しです。
o宿題を丁寧にきちんとする。やるべきことをやりましょう。
o服装がきちんとしている。身奇麗にしましょう。
o遅刻・欠席・早退を殆どしない。「皆勤賞」表彰をします。
o自分から心も笑顔で挨拶がきちんとできる。
oスクールバスや西鉄バス、電車の中で迷惑をかけず、さわやかな 
空気を醸し出す。小さくてもマナーを身につけます。
oいじめ・いじわる・乱暴・仲間はずしに手をそめない。すぐに先生に相談をしましょう。
その原因となりやすいSNSやスマホ、パソコン・ゲームのやり過ぎ等にも手をそめない。
② 読書の習慣を十分に身につけるため、学校に慣れた2年生を対象 に「2年生100冊読書」、全校朝読書の時間、5年生までに「海星100冊」達成を進めています。司書教諭岡﨑先生を中心に保護者ボランティアの方々と「おはなしや」の活動を促進し、子どもたちに喜ばれております。                                            
③ガイアの森の活性化を進めるために「ぼくの木 私の木」の植樹を継続します。
学級園・学校園のお世話に励みます。 
④学院の認定こども園との幼稚園小学校連携教育を進めます。
学校行事・学年行事・生活科及び総合的な学習等で積極的に交流を図ります。
⑤学院の高校との連携教育を進めます。学年行事等に「こども教育進学コース」の生徒が参加します。英語活動に英語が得意な「国際教養コース」の生徒が参加します。
           
○ 本年度は下記の担当で楽しく教育活動に取り組みます。どうぞよろしくご理解ご支援をお願いいたします。
〈担 任〉
1年担任:   ?  ・  ?         2年担任:田中 小枝子・森岡 美弥  
3年担任:藤嶋 明彦・武内 章子     4年担任:音成 桂子  
5年担任:柿木 大明           6年担任:福永 俊文            
〈専 科〉
理事長:嶋田 吉勝    校長:山田 耕司    教頭:米倉 信彦    総務:松本 裕子     
教務主任:福永 俊文     宗教:阿部 光喜     養護:松本 裕子・乙重 比佐子        
学校司書:岡﨑 陽子   理科:中村 智彦   図工:松永 吉海   音楽:大島 夕佳    
毛筆:立和田 典子    英語活動:武内 章子・エリングソン   スクールカウンセラー:大庭 三奈   
事務:奥添 亜希 ・岡崎 陽子 剣道:宮下健一郎 用務:藤 つちの・山本 洋子・寺田 民子

1学期の主な行事
【4月】
 6日 始業式・6年懇談会
11日 入学式
12日~13日 NRTテスト
12日~13日 スクールバス乗車指導
12日~13日 1年生午前中授業
17日 6年学力テスト
21日 身体測定
26日 参観・懇談・保護者会
27日 歓迎遠足
【5月】
2日 新体力テスト
8日 保護者後援会役員会
10日 3校避難訓練
15日 マリア様のつどい
16日 保護者後援会総会
22日24日25日 3,4年水泳学習
23日24日25日 修学旅行
【6月】
 5日7日8日 1,2年水泳学習
 6日7日8日 5年農村民泊体験
12日14日15日 5,6年水泳学習
16日 み心のつどい ・ 夏の公開参観日
18日 平和を考えるつどい
21日~22日 1~3年夏季合宿
28日~29日 4,6年サマーキャンプ
【7月】
6日 入試説明会(マリア幼稚園・海星ファミリー対象)
7日 入試説明会(一般対象)
18日 終業式
18日~23日 個人懇談


2学期・3学期の主な行事
【8月】                          【1月】
27日 始業式        7日 始業式
【9月】                           8日~  新年揮毫会
1日 海星ファミリー入試 15日~17日 一般入試願書受付
7日 参観・懇談                19日20日 入試面接
9日 高校バザー 26日 一般入学試験
 23日 ファミリースポーツデー          28日~30日 入学手続き
【10月】                  30日 参観・懇談
7日 幼稚園運動会 【2月】
14日 愛校バザー   8日 校内学芸会 
19日20日 九州地区私立小学校教員研修会   16日 公開学芸会
        (沖縄カトリック小学校)   22日 送別レクリエーション
27日 秋の公開参観日、入試説明会        23日 入学説明会 
【11月】          【3月】
17日 マラソン大会 1日 参観・懇談
20日 慰霊祭                   4日 海星の心を受け継ぐつどい
【12月】                     8日 6年感謝のミサ
8日 創立記念日 11日 3・11を想うつどい
  9日 クリスマス会 14日 6年修了式 
15日 終業式  15日 卒業式
15日~19日 個人懇談              20日 1~5年修了式

【小学校の校長室から】卒業式を前に 教頭 米倉信彦

○3月というのに、冷たい風が吹き、仕舞い込んだコートにまた袖を通す日があったり、気温が20度を超えて初夏を思わせるような日があったりと体調管理に気を使う日々が続いていました。体育館横のたぬきの駐車場では、「つくし」がたくさん生えています。
確実に春が近づいてきていることを実感いたします。
 明日14日は6年生修了式、そして3月15日(木)はいよいよ福岡海星女子学院附属小学校第45回卒業式です。卒業を前に、3月5日の朝礼後、縦割り班の1年生から5年生が今まで色々なことでお世話になった6年生に『寄せ書きプレート』を送りました。
その折りの在校生代表の5年松浦ひらりさんの挨拶を紹介します。

 『6年生のみなさん、たて割り班では、いつも色々お世話していただき、ありがとうございました。ハッピーランチタイムでは、みんなで楽しくお弁当が食べられるように、班を盛り上げてくださいました。また、みんなで鬼ごっこもしましたね。うれしかったです。歓迎遠足では、1年生の子と手をつないで優しくお世話したり、分からないことを色々教えてくださったりしてくださいました。6年生のみなさんがいると、私たち1~5年生までは安心して色々な活動ができました。本当にありがとうございました。これからは、みなさんがしてくださったように私たち5年生が小さい学年の人たちのお世話をしていきます。
 今から渡すプレゼントは、たて割り班のメッセージボードです。どうぞ、何かあった時は、これを見て、私たちのことを思い出してください。』

6年生が下級生のお世話をしっかりしており、みんなから慕われ、頼りにされてきたよいお兄さんお姉さんであったことがよく分かります。
 また、3月9日と12日に行われた卒業式の全校リハーサルでは、最上級生として儀式の参加の姿勢を下級生にしっかりと示してくれました。これらの姿を代々次の6年生が受け継いでいき、海星小学校の伝統が作られていきます。

○東日本大震災が起こって今年で7年目を迎えました。7年前の3月11日は、ちょうど6年生の『感謝のミサ』がカトリック老司教会で行われる日でした。ミサ後に、保護者の方が携帯電話を使ってしきりに連絡を取っていらっしゃいました。私たち職員は、教室に戻ってテレビをつけると、あの衝撃的な震災の映像が目に飛び込んできたのです。この大震災での犠牲者は15,000人以上、行方不明の方は2,539人、現在も73,000人の方が避難生活を余儀なくされています。海星小学校では、3月1日から全校でノベナ(9日間の祈り)を行いました。最後の日に祈られた文言は次の通りです。

 『東日本大震災から7年経ちました。東北では徐々に復興が進み、町も住まいも再建され、産業も再生の道を進んでいます。九州でも、2年前に熊本大地震、昨年は九州北部豪雨災害が起きましたが、多くの人々の善意と協力で復興してきています。神さまに感謝しましょう。これからも日本中の人々が、これらの災害と、苦しむ人々を忘れてしまうことなく共に復興に向かって前進し続けることができますように。』

 海星小学校の子ども達は、これからも昼食前のお祈りで、『東日本大震災・熊本地震を受けて祈りをともに』を唱え続け、この震災で被災された方々に寄り添っていきます。祈りは、神さまとの会話です。

【小学校の校長室から】聖書と西郷どん 校長 山田 耕司

○ NHKの大河ドラマ「西郷どん」を楽しく見ています。貧困武士の町「下加治屋町」出身の若き武士たちが新しい日本をつくる原動力の一つとなった話を、女性作家の原作を女性脚本家がつくる痛快(漫画のような)物語です。この町で行われた教育「郷中教育」(ごじゅうきょういく)とも「五什教育」(五人組教育・十人組教育)とも言われます。藩校には通えない下級武士の青年(二才(にせ)・ニセ)がグループをつくり後輩を指導します。
 私が「郷中教育」を知ったのは、ロンドン日本人学校で同僚であった鹿児島出身のH先生(剣道有段者)との出会いからです。今でも鹿児島では学校教育に「郷中教育」を取り入れている言われるのです。
10数項目ある教えの中で、私が興味を覚えたものは、「①嘘をつかない ②弱いものをいじめない。最も弱い人を助ける ③何事も仲間で話し合い相談しあって解決する ④山坂を歩いて身体を鍛える ⑤金銭欲・利欲が最も卑しむべきこと ⑥外見にこったりせず質実剛健であること ⑦忠孝は大仰に見せず常に内心にもつこと」の7つでした。

○ 公立学校では公には特定の宗教の話はできませんが、クリスチャンである私はプライベートな席ではよく聖書の話をします。私の学校経営の根拠が聖書にあることを同僚に知ってほしく理解し協力して欲しいからです。
H先生の語る「郷中教育」は聖書のみ言葉に近いものを感じました。

「あなたがたは地の塩である。だが、塩に塩気がなくなれば、その塩は何によって塩味がつけられよう。もはや、何の役にも立たず、外に投げ捨てられ、人々に踏みつけられるだけである。」   
「あなたがたは世の光である。山の上にある町は、隠れることができない。 また、ともし火をともして升の下に置く者はいない。燭台の上に置く。そうすれば、家の中のものすべてを照らすのである。
 そのように、あなたがたの光を人々の前に輝かしなさい。人々が、あなたがたの立派な行いを見て、あなたがたの天の父をあがめるようになるためである。」(マタイ 5章13~16節 地の塩、世の光)

○「あなたがたは地の塩である」とは
 「地」は人が今生きている世界(地上)を意味します。「塩」は料理に味わい(塩味)を添え、腐敗を防ぎ、清潔を保ちます。「あなたがた」(全ての人)は、地上でこのような役割をすでに担っているのです。大切なのはその塩味が自分からのものではなく、イエスに従うことによって与えられていることを意識し、塩味を失わないように、イエスに従う道を歩み続けることです。イエスに従うことなしに、塩は塩味を保つことができません。だからイエスの愛の教えに従うのです。 
  
○「あなたがたは世の光である」とは        
 イエスに従う人たちは現に世の光であるということを意味します。イエスに聴きイエスに従う人たちが光である根拠は、まことの光である神の子イエスがその人々の内心に住み、神と共にあるからです。地の塩としての働きが、外に向かう行動的働きだとすると、世の光は、隠されずに輝かすことによって人々を引きつける内心的な働きといえます。イエスは二つのたとえを用いて、光の特徴は隠れることができないことにあると教えます。山の上にある町のともし火や燭台の上のともし火は隠れることができません。遠くからでも見ることができます。              

○ 聖書は、人を救う神の誠実な慈しみに照らされて、人が他者を愛しぬくことに導きます。他者とは隣人です。弱い立場の人です。孤児・夫を失った女性・障がい者・寄留の外国人・生活苦にあえぐ人々・病人・孤老などです。立派な行いは自己満足のためでも、義務感でもありません。       
聖書は、人々が神の愛に気づいて神をあがめるように、礼拝の心をこめて行いを行うように勧められています。どんな人にも神から与えられた使命があります。どんな人も他者にとって「塩」であり「光」であります。目の前の子どもたちに伝えます。「あなたたちに、神さまはおっしゃいます。どんな人も勇気と自分への自信をもってもらいたいのです」と。

○ コラムを紹介しましょう。ここにも「郷中教育」が生きています。
 かつて戦国時代にキリスト教を伝えた宣教師たちが、大名や武士ばかりではなく、多くの日本人の文化、生活の考え方が聖書的(イエスの説く愛)であることに驚きました。この列島で2000年かけて営んできた農耕文化がこのような日本人のよさを育んできたのでしょう。
 遠藤周作は、その時代世相を反映した小説「沈黙」と小説「侍」(モデル支倉常長)で、キリスト教と日本の文化衝突と文化融合をテーマに「神」を書きました。

○ 2月26日「海星の心を受け継ぐつどい」が児童会運営委員会によって行われました。
 今年度の6年生は27名入学し、途中ご家庭の事情で転出入があり、24名の卒業です。この数年の中でも男女の仲がこの時期までよく、授業中の熱心な姿勢も中学受験時期にも揺るぎませんでした。
 一方、新6年生は41名です。本校では珍しく女子の多い学年です。特に自主意識の高い子どもたちで、その様子は毎年の「学芸会」で十分に力を発揮し、海星ファミリーを楽しませてくれました。
 海星にも「郷中教育」に似た「海星ファミリーの教育」があります。私たちは、この子どもたちが、将来それぞれが属する社会・集団で「弱い立場の人々」の友であるリーダーに育ってくれることを、期待し祈り続けております。