FC2ブログ
  福岡海星女子学院高等学校 福岡海星女子学院附属小学校 福岡海星女子学院マリア幼稚園  

【小学校の校長室から】海星小学校の特色 宗教教育 校長 山田耕司

○ 聖書に次の言葉があります。

「人にしてもらいたいと思うことは何でも、あなたがたも人にしなさい」(マタイ7章12節)

た、「受けるよりも与えるほうが、幸いである」(使徒言行録20章35節)

○ 文部科学省は急速度で進むAI・ICT社会の中で、こどもたちを巡る社会環境や学校環境の悪化に危惧し続けています。「いじめ」問題や「児童虐待」の事例が後を絶たないからです。こどもたちに確かな「規範意識」がもっと育つために学校教育で出来ることを提示しました。「特別の教科 道徳」の登場です。

○ 従来の「道徳教育」は、形骸化したもの、大人の価値を小さな大人であるこどもに教える「徳目主義」の傾向がありました。一方、公立学校では、このような「道徳教育」には必ずしも積極的でない動きもありました。「規範意識は家庭教育で育まれるもの」と家庭に委ねるほうがよいというスタンスが見られました。

○ アナログな文化、昭和の時代までは、家族の結びつきがまだ有効で、家族の文化がこどもたちの規範意識を育てました。規範意識とは一人ひとりの道徳観・倫理観のことです。同時に民族や所属する社会、時代がつくる一般的な社会道徳の規範がありました。
 ところが平成に入り、地球のグローバル化が進み、情報社会が急進的に発達してきますと、多様性が重んじられるようになりました。多様性は多民族間・多文化間だけでなく、日本の社会・地域社会・家族家庭においても急速に進みました。だんだんと規範意識の合意形成を図ることが難しくなってきました。

○ 例えば「いじめ」問題の被害者と加害者の立ち位置です。他者を軽視する・他者をあまり意識しない・他者を受容できない・共感的理解に喜びを感じられない等のこどもたちが育ってくると、「いじめ」をその場の「ノリ」で片づけてしますことも起きてしまいます。

○ 「人の嫌がることをするな」人の迷惑になることをしてはいけません。禁止です。これは自然法に基づく一般社会の最低限のルールです。例えば「暴力をふるってはいけません。なぜって、ふるわれる側の身になってください。嫌でしょう。だから、してはいけないのです」と。
 ところがイエスはおっしゃいます。冒頭の聖書の言葉をごらんください。「するな」という最低限のルールを守るだけではなく、さらに積極的に自分から「愛を示す」ことを勧めます。加えて「愛を示す」ことを他の人々にも広めることをも勧めます。

○ 「虐待の輪廻」ということが言われます。虐待を行う人の中には自らが虐待を受けて育った経験がある人が多いそうです。愛された体験をもつ人は愛することができます。愛し方を知らない人、愛する体験・喜びが乏しい人は「愛すること」の実感がわきにくいのです。お母さんからおかしをもらう喜びと妹におかしを与える喜びを比べてみましょう。あなたはどちらの喜びをより強く感じますか。イエスは「受けるよりも与えるほうがよい」と勧めます。

○ カトリックの学校福岡海星小学校は、「道徳」の目指す価値観や人間観を超えるものが宗教(キリスト教)にあると信じております。愛は道徳を全うします。
 こどもたちが携帯しております「児童手帳」の最初に3頁に亘って「12歳のわたし ぼく」を載せております。5つのこどもの姿(感じる・もとめる・かかわる・高める・はたらく)が具体的に記されております。どうぞご家庭でお子様とご一緒に読まれ何度も話題にしてください。そこに神様の愛に導かれる姿があります。
 私は毎月曜日の全校朝礼の後こどもたちが書いた「みことば作文」を見せてもらっています。一人ひとりの6年間を垣間見、こどもと共に歩み成長し神へ回心することができる幸せを頂いております。本年度は、5月の「マリア様のつどい」と3月の「卒業を感謝するつどい」の2回、全校で神の豊かなお恵みを頂く「ミサ」に預かります。保護者の皆様もご招待いたします。

【小学校の校長室から】かわいらしい海星ファミリーの誕生 教頭 米倉信彦

○芝生広場のプランターにはパンジー、ビオラ、ナデシコ、スノーボールなど色とりどりの花が咲き誇り、4月11日(水)第52回入学式が挙行されました。男子14名・女子11名、計25名の小さくて可愛らしい1年生が海星ファミリーの一員に加わり、全学年揃ってのスタートです。今年は雨が少なく、桜の花も散らずに入学式の日まで残ってくれました。1年生の代表の子2名が「僕たち、私たちは、神さまの教えを大切にする海星の小学生になるように一生懸命頑張ることを誓います。」と力強く誓っている姿を見て、みんなが一日も早く学校生活に慣れ、たくさんの友だちと一緒に楽しく遊んだり勉強したりして過ごしてほしいと思いました。
海星小学校では、入学式の受付から6年生が新しい1年生のお世話をしています。受付に来た1年生の手を取って控室に案内し、胸に花飾りをつけてあげたり、トイレのお世話をしたりして入学式の開会を待ちます。10時になると在校生やお父さま、お母さまの待つ講堂に1年生を入場させ、席に座らせます。式の中でも、おメダイを授与される1年生が迷わないように誘導のお
世話もしています。式の最後は1年生が退場する時に一人ひとり手をつないで会場を出ていくのです。
入学式のお世話は、海星小学校の伝統として前年度の6年生から受け継いできました。自分より小さい子、力の弱い子の立場に立って、謙虚な心で奉仕してあげる姿。この姿を最上級生とし6年生がみんなに示してくれたなと感じました。今年の1年生も5年後には小さな1年生のお世話をしてあげることになるのです。これからの1年間は6年生を中心に海星のお兄さんお姉さん方から色々な行事等で大変お世話になります。この姿をしっかり受け継ぎ、立派な海星の小学生になっていってほしいと思います。

○4月14日は震度7を2度観測し、273名の方が亡くなられた熊本地震が発生してから、ちょうど3年になりました。復興はずいぶん進んできましたが、いまだに自分の家に戻れず、親戚のお宅に避難されたり、仮設住宅に住んでいる方がまだ16,500名以上もいらっしゃるそうです。私たちは、これからも昼食前のお祈りで、『東日本大震災・熊本地震を受けて祈りをともに』を唱え続け、この震災で被災された方々のために寄り添っていきたいと思います。どうぞそれぞれのご家庭でも、熊本地震で被災された方、亡くなられた方のためにお祈りください。

○このほど、福岡県警察より「小学生の歩行中交通事故の特徴について」という小学生の歩行中の交通事故を分析したデータが発表されました。
平成26年から平成30年までの5年間の特徴として、
1.歩行中の小学生の死傷者数は減少傾向。
      (しかし、平成30年は350人が犠牲に…。)
2.学年別の死傷者数では、小学1年生が最多。
3.小学1年生の死傷者数は4月から6月にかけ増加傾向にある。
4.法令違反の死傷者の内、8割は「道路への飛出し」と「横断違反」である。
海星小学校では幸いにも重大な交通事故等が発生したことがありませんが、お家でも交通ルールについてよく話し合われてください。今週は学校でも、1,2年生対象の歩行安全教室を行います。

【小学校の校長室から】ご入学おめでとうございます 校長 山田耕司

○ アシジハウスのステンドグラスに朝日が映え、神さまの愛に包まれた光が、こどもたちを迎えています。
 背振山系からの緑風に春が運ばれ、森の緑と水に囲まれた自然豊かな海星の1年がスタートしました。       
 本日の入学式には、25名の52回生が神さまに招かれて入学してまいりました。ご入学おめでとうございます。在校生205名となります。
 学院の人事異動で、小学校宗教科阿部光喜先生が高等学校宗教科専任として異動されました。
また、新しく担任として中村章耶(ふみや)先生、保健室に乙重比佐子の後任に井上先生をお迎えました。宜しくお願いいたします。
 2020年度から小学校で使用される文部科学省検定教科書が3月下旬に発表されました。本格的に小学校英語教育やICT教育・プログラミング教育が始まります。次の10年に向けての新たな時代の始まりです。  
 先を見る教育を進めております本校ですが、更に充実したこどもたちが意欲的に学校生活を学び楽しむ1年間を進めてまいります。本年度も本校教育へのご理解ご協力ご支援を何卒よろしくお願いいたします。

○ こどもたちにとって福岡海星小らしい「楽しい学校」にするために、
① 基本的な学習習慣・生活習慣を確かに身につける教育にさらに力を入れます。個人によっては上学年も個人課題として取り組みます。
o2・3年生の担任は二人です。1・5年生には副担任がおります。
o2年生の国語・算数は2グループ別に行います。
o1年生より毛筆(国語)を行います。
o気持ちよく「はい」と返事をして速やかに行動する。
o字を丁寧に書こうとする。字は心の写しです。
o服装がきちんとしている。身奇麗にしましょう。
o宿題を丁寧にきちんとする。やるべきことをやりましょう。天皇の即位に関わる10連休にも課題を出します。
o遅刻・欠席・早退を殆どしない。「皆勤賞」表彰をします。
o自分から心も笑顔で挨拶がきちんとできる。
oスクールバスや西鉄バス、電車の中で迷惑をかけず、さわやかな 空気を醸し出す。小さなこどもですが、マナーを身につけます。海星ファミリーです。       
oいじめ・いじわる・乱暴・仲間はずしに手をそめない。すぐに先生に相談をしましょう。
その原因となりやすいSNSやスマホ、パソコン・ゲームのやり過ぎ等にも手をそめない。
② 読書の習慣を十分に身につけるため、学校に慣れた2年生を対象 に「2年生100冊読書」、全校朝読書の時間、卒業までに「海星100冊」達成を進めています。司書教諭岡﨑先生を中心に保護者ボランティアの方々と「おはなしや」の活動を促進し、こどもたちに喜ばれております。                                            
③ ガイアの森の活性化を進めるために「ぼくの木 私の木」の植樹を継続します。
JAと提携して学級園・学校園で野菜の栽培等に励みます。 
④ 学院の認定こども園マリア幼稚園との幼稚園小学校連携教育を進めます。
学校行事・学年行事・生活科及び総合的な学習等で積極的に交流を図ります。
⑤ 学院の高校との連携教育を進めます。学年行事等に「こども教育進学コース」の生徒が参加します。英語活動に英語が得意な「国際教養コース」の生徒が参加します。
⑥ 4~6生はマリアンタイム(火・木曜日13:05~13:30)で、聖歌隊(合唱部)・英語・ICTの3グループに分かれて楽しい活動に取り組みます。校内英語暗誦コンクールが始まります。
           
○ 本年度は下記の担当で楽しく教育活動に取り組みます。どうぞよろしくご理解ご支援をお願いいたします。
〈担 任〉
1年担任:冨田 健一郎・森岡 美弥    2年担任:只隈 朋美・田中 小枝子
3年担任:中村 章耶・藤嶋 明彦     4年担任:音成 桂子  
5年担任:柿木 大明・武内 章子     6年担任:福永 俊文            
〈専 科〉
理事長:嶋田 吉勝    校長:山田 耕司    教頭:米倉 信彦    総務:松本 裕子     
教務主任:福永 俊文     養護:松本 裕子・井上 清美    学校司書:岡﨑 陽子  
理科:中村 智彦   図工:松永 吉海   音楽:加留部(大島) 夕佳    
毛筆:立和田 典子    英語活動:武内 章子・エリングソン   スクールカウンセラー:大庭 三奈   
事務:奥添 亜希 ・岡﨑 陽子 剣道:宮下健一郎 用務:藤 つちの・山本 洋子・寺田 民子

1学期の主な行事
【4月】
 6日 始業式・6年懇談会
10日 入学式
11日~12日 NRTテスト
11日~12日 1年生午前中授業
15日~16日 スクールバス乗車指導
18日 6年学力テスト
20日 身体測定
25日 参観・懇談・保護者会
26日 歓迎遠足
【5月】
8日 新体力テスト
9日 3校避難訓練
14日 マリア様のつどい
21日23日24日 3,4年水泳学習
22日23日24日 修学旅行
【6月】
4日6日7日 1,2年水泳学習
5日6日7日 5年農村民泊体験
11日13日14日 5,6年水泳学習
15日 み心のつどい
夏の公開参観日
17日 平和を考えるつどい
18日~19日 4,6年サマーキャンプ
27日~28日 1~3年夏季合宿
【7月】
12日 入試説明会(マリア幼稚園・
海星ファミリー対象)
13日 入試説明会(一般対象)
18日 終業式
18日~23日 個人懇談


2学期・3学期の主な行事
【8月】                        【12月】                 
26日 始業式                      8日 クリスマス会・学院創立記念日
30日 1・4知能検査                  14日 終業式              
【9月】                         【1月】
7日 参観・懇談                     7日 始業式
 22日 ファミリースポーツデー            18日~19日 一般入試面接
【10月】                            25日 入学試験
6日 愛校バザー       29日 参観・懇談
18日19日 九州地区私立小学校教員研修会    【2月】   
26日 秋の公開参観日、入試説明会         7日 校内学芸会  15日 公開学芸会
【11月】         28日参観・懇談
2日 海星ファミリー入試(試験・面接)    【3月】
16日 マラソン大会      6日 6年感謝のミサ  9日 3月11日を想うつどい
                 14日 卒業式     18日 修了式

【小学校の校長室から】ありがとう 6年生! 教頭 米倉信彦

○小学校校舎の周りにある桜並木には、早くもサクラの花芽がふくらみ始めました。
 いよいよ明日3月15日は第46回卒業式が挙行され、6年生40名が海星小学校を巣立っていきます。海星小学校では、卒業式に全児童が参列し、6年生のお兄さんお姉さんの最後の晴れ舞台をお祝いしています。そのために、8日・12日には、卒業式のリハーサルを全校生が集まって学院講堂で行いました。6年生は、入場の仕方、立ったり座ったりする姿、校長先生から証書を受け取る姿などほぼ完璧な動きをして、儀式の参加の仕方を下級生に示してくれました。在校生は、6年生の一糸乱れぬ動きを真剣な眼差しで見つめ、自分たちも遅れないでクラスのみんなが揃って立ったり、座ったりできるように何度も練習していました。こうして海星小学校のすばらしい伝統が引き継がれていくのだなと感じました。
 3月4日(月)には「海星の心を受け継ぐつどい」が行われ、6年生から在校生に海星の心が渡されました。みんなで6年生から引き継いだ「海星の心」をしっかりと育てていきたいものです。
 各学年から、6年生の姿から見習っていきたい行動やお礼の言葉が出されましたのでここで紹介いたします。

【低学年】
・ハッピーランチタイムの時、一緒に遊んでくれてうれしかったです。
・掃除の時間にほうきの使い方を教えてくれてありがとう。
・色々な分からないことを優しく教えてくれてありがとう。
・私が悲しんでいたら、笑わせてくれた。
・掃除道具を間違えて出していたら、6年生がすぐに片づけてくれた。

【中,高学年】
・小さな子に対して優しくすることを学びました。僕も頑張りたいです。
・低学年や他学年の困っている人がいたら、すぐに声をかけることをを学びました。
・低学年の人がわがままを言っても、優しく対応して言うことをきちんと聞かせていました。
・1年生が質問していたら、班長の6年生がとても丁寧に答えていました。これを僕は6年生になったら真似したいです。
・掃除時間に6年生がみんなを上手に並べていました。それを真似したら、僕も上手に並べることができました。

小さい子に優しく、世話好きでみんなから慕われている6年生だったことが分かります。早速、6年生のよい所をみんなで真似していきたいですね。

○環境保全の一貫として、三菱UFJ信託銀行より「クヌギ、イチョウ、イロハモミジ、ケヤキ、ハクモクレン、ヤマザクラ」の6種類60本の苗木を寄贈頂きました。5日に児童を代表して5,6年生が南運動場からガイアの森にかけて植樹を行いました。最初に校長先生が南運動場に「ハクモクレン」を植樹され、その後5,6年生がグループごとに次々と森の中に植樹していきました。
植樹した木は、これからぐんぐん大きくなってガイアの森を今以上豊かな森に変えてくれることでしょう。
 また、6年生は卒業記念樹も植えました。こちらも卒業生同様、すくすくと育っていてほしいです。

【小学校の校長室から】聴く(聞く)力が育つ 校長 山田耕司

○ 土曜日はエッセイストの阿川佐和子さんの「サワコの朝」を聞きながら出勤をしています。ゲストの意外な側面や表情(声からの想像です)を引き出す彼女の「聞く力」に思わずにやっとしてしまいます。2月9日(土)のゲストは芸人千原ジュニアさんでした。私立中高一貫校に入学したものの集団不適応で「引きこもり」になります。その弟をある日漫才をめざす兄せいじさんが相方に誘ったことが天才芸人誕生の始まりです。因みにその頃の彼の唯一の話し相手は隣町に住むおばあちゃんでした。自分のありのままを受け入れてくれたおばあちゃんに今も深い感謝の念を持っているそうです。勿論お笑いの世界に導いてくれた兄にも。

○ 我が家に時々孫娘3人がどやどやとやってきます。暫くすると、お菓子のこと遊びのことで母親から注意を受けます。「やめなさい」母親の顔が怒っています。「おかあちゃま、どうして怒るの」「どうしてそんなことをするの」幼子が泣きべそ顔で自分の気持ちを語ろうとします。「あのねあのね、Aちゃんがね・・・・」「みんなも一緒に聴いてあげて」少し時間がかかります。大分かかります。だんだんと泣き声がおさまってきます。話し終わったところで姉が「分かったから、もう泣かないで」。そしてまた姉妹の遊びの再開です。

○ 阿川さんは著書「聞く力」で、話し手が話しやすい聞き方があると紹介しています。
・相づちをタイミングを考えて打つ。
・オウム返し質問を活用する。「へ~」「なるほど」「そうなんだ」「Aちゃんはoooと思ったんだね」
・話し手の目を見る。
・話し手と目の高さを合わせる。
・安易に「わかります」と言わない。
・知ったかぶりをしない。
・話し手のテンポを大切にする。・・・・・・。
阿川さんの進言を、我が子の相手をする時に活用できませんか?

○ ご存知のように海星小学校では「聴き合い活動」を11年前より授業や教育活動に取り入れています。
この活動を進めるポイントを教室前面に掲示しております。「目で聴く」「うなずく」「さいごまで」 「確かめ」「おたずね」。 阿川さんの考えと重なるところがありますね。
聴くことに注目する「聴き合い活動」は、自分の考えを他者との認識や感性の「分かち合い」を通して、自分の考えをつくりあげることに有効であると同時に、自尊感情の高まりと他者理解を図りながら自己理解を深める活動です。これは驚くことに聖書の一つ一つのたとえ話と重なります。

○ 2月18日広島大学大学院准教授の川口先生と鹿児島大学講師の福井先生が、書籍で読まれた「聴き合い活動」に注目され、調査のために来校されました。
校長がインタビューを受けると共に、本校の「聴き合い活動」の実際を6年生の国語「海の命」(授業者福永先生)で観察してもらいました。子どもたちが、グループの中で互いに聴き合う、教育心理学的視点の傾聴・受容・共感的理解の態度と本校の特質であるカトリックの精神「聖書の導き」を融合させた授業の様子を見ていただきました。その後冨田先生に本校の研究の概要を説明してもらいました。

○ 二人の先生は、海星小学校が実践している「聴き合い活動」を、21世紀の子どもたちの育ちを多様な社会や文化、グローバル化した地域社会、学校、家庭における差異性においてどのように進めていくのかに関する、先行事例として意義づけを解明しようとされています。教育の新たな発展に「聴き合い活動」が位置づけられています。一人ひとりの育ちを大切にして「待つ」年齢を横断したカリキュラムの想定、子どもの多様性やグローバル化に伴い日本人が「圧倒的マイノリティになるための覚悟」を育てるなどが「聴き合い活動」を体験させる私たち教師の意気込みです。
また急の訪問にも関わらず準備された指導案の内容と質、良質な資料に驚かれていました。広島大学の附属学校や他の私学でもこんな経験はありませんでしたと感謝されました。子ども達や先生方が評価され校長として嬉しくなりました。