FC2ブログ
  福岡海星女子学院高等学校 福岡海星女子学院附属小学校 福岡海星女子学院マリア幼稚園  

【小学校の校長室から】長崎で教皇ミサに 校長 山田 耕司

○ 2019年11月23日~26日、フランシスコ教皇が来日されました。私は24日長崎での「教皇ミサ」に家族や所属する光丘教会の人々と出席しました。2年担任の田中先生・只隈先生もご一緒です。長崎に到着する頃にはどんよりと重たい曇天は小雨から雨に変わりました。
 所持品・身体チェックの後、指定の野球場のスタンド席に着いたのは10時半でした。レインコートをまとい雨の中じっと教皇様の到着を待ちます。冷たい雨の中、聖歌を聴きオーロラビジョンに映る教皇様を観て勇気づけられます。2000人の聖歌隊には、純心女子高校生や南山小学校児童も加わっています。空模様は雨・稲光・小雨と変わり12時半には薄日が差してきました。

○ 13時15分司祭団の入場が始まりました。長い行列が続きます。教皇来日記念祭服を着けた神父様方は200人はおられるでしょうか。続いて司教団が祭壇席に着席されます。
 13時30分、パパモービルに乗られたフランシスコ教皇の入場です。「Viva! Pope Viva! Pope」の声が上がります。一段と大きいのは陽気な外国人の声です。日本人は懸命に3色の国旗(日本・バチカン・アルゼンチン)を振っています。

○ 13時50分「教皇司式ミサ」が始まりました。3万人の祈りが始まりました。
 祭壇には浦上天主堂小聖堂の「被爆マリア像」が安置されています。強いメッセージを感じます。
 教皇は今日の説教に「ルカ福音書23章35-43節」を使われました。「イエスの受難」の場面です。イエスは、衆議会とピラトの裁判が終わり、処刑されるためにカルワリオの丘処刑場に向かいます。イエスに対する人々のあざけり、共に十字架刑に処せられる犯罪人の回心があります。

○ 民衆は立って見つめていた。議員たちも、あざ笑って言った。「他人を救ったのだ。もし神からのメシアで、選ばれた者なら、自分を救うがよい。」兵士たちもイエスに近寄り、酸いぶどう酒を突きつけながら侮辱して、言った。「お前がユダヤ人の王なら、自分を救ってみろ。」イエスの頭の上には、「これはユダヤ人の王」と書いた札も掲げてあった。
 十字架にかけられていた犯罪人の一人が、イエスをののしった。「お前はメシアではないか。自分自身と我々を救ってみろ。」すると、もう一人の方がたしなめた。「お前は神をも恐れないのか、同じ刑罰を受けているのに。我々は、自分のやったことの報いを受けているのだから、当然だ。しかし、この方は何も悪いことをしていない。」そして、「イエスよ、あなたの御国においでになるときには、わたしを思い出してください」と言った。すると、イエスは、「はっきり言っておくが、あなたは今日わたしと一緒に楽園にいる」と言われた。 (ルカ福音書23・35-43)

○ 衆議会で民衆に裁かれ、ピラトの前で裁かれ、カルワリオの丘へ向うキリストに、群集からあざ笑いや沈黙が浴びせかけられます。十字架上では二人の犯罪人が声を発します。それぞれに自分の考えを述べます。ひとりは嘲笑、ひとりは回心です。 (聖書が朗読された後、教皇様のお話です)
 ここ長崎では、最初のイエズス会修道士パウロ三木をはじめ多くの殉教者を出しました。西坂の丘では600人が処刑され殉教しました。殉教は人にとって一番大切な神への信仰を命をかけて守り通すことを示しました。また、長崎は原爆により被爆しました。被爆は人間は過ちを犯しうる存在だと意識させてくれる行為です。
 被造物の主である神は、人間の尊厳、人間が全ての命を守るために働くことを求められました。あざ笑うのではなく、沈黙するのではなく、対立ではなく赦しの心をもって「対話」の言葉を発しましょう。キリスト者として発信しましょう。
続いて共同祈願は6カ国の信徒代表によって行われました。日本語・英語・韓国語・タガロク語・スペイン語・ベトナム語。神の前には、国や民族や性別や老若の違いはありません。等しく尊いいのち・存在です。それほど国際化が進んでいる長崎、九州です。ミサの終了は15時半でした。

○ 教皇は、爆心地松山公園で、核廃絶のメッセージを世界に発信されました。核の傘の下で自国だけの平和を享受することは許されません。西坂の丘では、数万人の殉教者が宣教へと駆り立てた「祈りと行動」の尊さを崇められました。
夜20時帰福。長い感動的な一日が終わりました。
 翌25日、全校集会で子どもたちに教皇様のメッセージを伝え、記念のキーホルダー(教皇様愛用の十字架ペンダントのモデル)を贈りました。フランシスコ教皇の清貧さを象徴する品です。今回の出来事を子どもたちの心に長く留めて欲しい願いと共に。

【小学校の校長室から】いよいよ校内マラソン大会 教頭 米倉 信彦

○ いよいよ11月16日(土)は、校内マラソン大会が行われます。子どもたちは、10月中旬から20分休みや体育の時間を使って学院キャンパス内のマラソン練習コースを走り、体を鍛えてきました。海星小学校のマラソン大会には、2つの大きなめあてがあります。一つ目は、体力をつけること。子どもたちがしっかりと走る力をつけていくことです。二つ目は少しぐらい苦しくとも、最後まで頑張ろうとする忍耐力をつけることです。 
 練習を開始したばかりの頃は、同じペースで走り続けることができずに坂道で歩いたり、途中で立ち止まったりしていました。
 しかし、先週の練習では、たくさんの子どもたちが、上り坂でもぐんぐん走って登りきる力がついてきています。さらに、同じスピードで長い距離を走り続ける力もつけてきているようです。
 体育の時間には、マラソン本番コースを走り、自分が無理なく走り続けることができる目標タイムを決めていきます。 16日の本番当日は、各自で決めたその目標タイムを目指して全力で走ることになるのです。
 当日、子どもたちが自分の力を全て出し、最後まで走りきることができますよう、温かい励ましの応援をよろしくお願いいたします。

競技日程は下記の通りです。

9:00  運動場集合

9:15  競技開始(1年→2年→3年→4年
    →5,6年女子→5,6年男子の順で出発)

※マラソン当日の健康状態を見て、マラソン大会参加承諾書を登校後すぐにご提出ください。

※雨天延期の場合は11月20日(水)です。

○ 10月31日に3,4年生「幼小交流会」が行われ、小学生がマリア幼稚園の年中さんたちを連れてガイアの森を案内しました。
 3,4年生は何日も前からガイアの森の中を調べて、園児さんたちが安全に過ごせるように枯葉やクリのイガを掃除して取り除いたり、草を刈ったりしてきました。また、ドングリやクリの実がたくさんある所や、虫がたくさんいそうな場所を探しておいて、園児さんたちが楽しくすごせるルートを考えたりもしていました。
 当日、実際に森の中を案内してみると、坂が急だったり、段差が多かったりして小さな園児さんには危ない所が多くありました。子どもたちは、園児さんたちが転んでけがをしないように手を引いたり、ゆっくり歩いたりしてあげていました。森の中に着くと、「ドングリがここにいっぱいあるよ。」とか「虫は好きかな。あちらに行ってみようか?」と優しくお世話していました。中には、元気な園児さんが急に走って行こうとするので、「走ったら危ないよ。」と声をかけたりもしていました。案内は大成功だったのでしょう。園児さんたちはビニル袋の中にどんぐりや松ぼっくり、紅葉した葉っぱをいっぱい入れることができました。最後に3年生から手作りのメダルを貰って大満足でマリア幼稚園に帰っていきました。
 交流会の進行は4年生が中心で、3年生はそのお手伝いと安全な案内の仕方を見て学んでいます。この経験をもとに、3年生は来年になると園児さんを案内しながら、次の3年生に交流会の進行と園児さんたちの安全なお世話の仕方を教えていくことになるのです。この交流会を通して、相手の立場に立って思いやることのできる「おもてなしの心」がしっかりと育ってもらいたいと願っています。

【小学校の校長室から】ハロウィンと慰霊祭 校長 山田 耕司

○ 晩秋になりつるべ落としの夕暮れに家路を急ぐ人影を見る季節になりました。
 かぼちゃのランタンや魔法使いの衣裳が店頭に並びますと、今年ももう「ハロウィン」、クリスマスもすぐそこだなと思うようになります。日本でも子どもや若者のお楽しみ行事の一つとして「ハロウィン」が定着してきました。
 先日中学校同窓の集まりで友人から「山田、ハロウィンて何だ?なぜ仮装をして楽しむのか?」と聞かれました。「うん簡単に言うとお盆みたいなものかな。」「民俗学者の柳田國男の守護霊の話を聞いたことないか。遠野物語って知ってるだろう。あれだ。貴方、無神論者と言ってもご先祖様を大切にするだろう。」

○ ロンドンやパナマ(中南米)で海外生活をしました時、「ハロウィン」は土地の子ども達との数少ないふれあいの機会でした。「Trick or treat!」日本のお菓子は大人気でした。遠方からも集団でやって来ました。
 現在では欧米のキリスト教徒の家庭では、10月31日は「ハロウィン」11月1日は「万聖節=諸聖人の祝日」11月2日は「死者の日」で、合わせて万聖節の行事とします。この3日間を共同体として共に祈りを献げます。コラムにある「ハロウィン=万聖節」は正しくは「諸聖人の祝日」の前夜祭を意味します。

○キリスト教徒はクリスチャンネームを持ちます。多くの場合、自分の一生の「守護の聖人」としてゴッドファーザーから命名してもらいます。因みに米倉教頭先生は大天使ミカエル、私はペトロです。「諸聖人の祝日」はそれぞれが自分の守護の聖人に感謝のミサや祈りを献げる日です。次の日はそれぞれに所縁のある死者にミサや祈りを献げる日「死者の日」となります。キリスト教の教会暦とケルトの民俗信仰が結びついたのはアイルランドでした。「ハロウィン」はアイルランド人の移民によりアメリカに渡り子どもたちのお楽しみの行事となりました。

○ このようにキリスト教会暦では11月は死者を想う月になります。生きている人間が死者と出会う月です。秋の夜長、心地よい冷たい空気の中、人々は生命について神について黙想し深く考え祈ります。
本校では11月7日に夫津木神父様司式による「慰霊祭」を行います。子ども達に今ある自分の存在をじっくりと見つめ、神様からいただいた生命について考えてもらう。ご先祖様からの命のつながりを見つめてもらう。大切な宗教行事です。

○ 天皇陛下は10月22日、国民と190余国・機関の外国賓客が列席する「即位礼 正殿の儀」で、上皇陛下に倣い象徴天皇の姿を継ぐことを宣明されました。また神道の皇室行事では日本の安寧と地球の恒久平和を祈願されました。誰もが手を合わせて祈る秋です。どうぞご家庭でそれぞれの祈りの輪をお囲みください。

【小学校の校長室から】当たり前のことの大切さ 教頭 米倉信彦

○ 10月6日(日)令和になって最初の愛校バザーが行われました。子ども達は、この日が来るのをとても楽しみにしていたようです。開始前には、お祭り広場やお化け屋敷、体育館のゲームコーナーにはチケットを握りしめた子ども達の長蛇の列が出来ていました。校長先生の開始のカウントダウンでバザーが開始され、みんな一斉に買い物やゲームをスタート、学院内にたくさんの笑顔があふれました。バザーの中で1年生から4年生は縦割り班に分かれて環境整備係、5年生は正門・南門での受付係、6年生はゲームコーナーでのお手伝いとそれぞれ学年に応じての役割がありました。どの子ども達も一生懸命に自分の担当した仕事を行っており、楽しむばかりではなく、お客様のために働いて喜んでもらうという大切な体験も積むことができました。
また、今回の愛校バザーのために1学期から保護者後援会の役員の皆様をはじめ、保護者の皆様で準備を開始、2学期になると連日のように学校に集まって、準備や製作、話し合いを行ってくださいました。前日(5日)は遅くまで最後の飾り付けを行われているブースもあり、頭の下がる思いでした。お陰さまで大変楽しいバザーを行うことができました。ご参加・ご協力いただきました全ての皆様に感謝申し上げます。 

○ バザーの光景を見ながらひとつのことを思い出していました。今から50年以上前のことです。私が子どもの頃に生まれ育った場所は、日本三景「安芸の宮島」の対岸、廿日市町(現廿日市市)です。家の周りには田んぼや畑が一面に広がり、トンボやホタルがたくさん飛んでいるという自然豊かな土地でした。数軒の家で集落が構成されており、私は弟たちと近所の庭や稲刈りの終わった田んぼの中を走り回って遊んでおりました(現在は開発が進み、昔の面影はほとんどなくなっています)。やがて中学生になった私は、最寄の駅から電車通学をするようになりました。現在の電車・バスのように優先席や譲り合いシートがない時代です。電車の中では、お年寄り・病人・妊婦さんに席を譲ることは当たり前のことでした。周りの大人や学校の上級生が当然のことであると席を譲り合っていました。休日に両親と電車に乗って出かけた時、よく父がお年寄りの方や大きな荷物を持った人に声をかけて席を譲っている姿を見ました。そのようにして、これが当たり前のことなのだということを学んでいったように思います。今でも電車やバスに乗り、どの場所の座席に座ろうとも、後から乗車してこられるお年寄りの方などに座席を譲ろうという気持ちで席に座っている自分がいます。
 今年の夏休み、私は腕に三角巾をしてバスに乗車する機会が数回ありました。その度に周りの乗客の方が親切に通路を開けてくださったり、席を譲ってくださいました。病気やけがで困っている人、立場の弱い人を助けようと考えている人がとても多いことに感激しました。
 ほんの些細なことですが、全ての人が相手の人周りの人のことを、労わろう、もてなしをしようと考えていくと、もっともっと住みやすいよい社会になっていけるのではないでしょうか。
保護者の皆様は、ご自分のお子様にどのような姿を見せて、どんなことを受け継いでもらいたいと思われますか。

○ 10月8日は二十四節気のひとつ「寒露」でした。露が冷たい空気にふれて霜に変わる直前の季節で、本格的な秋の始まりです。夏の暑かった頃と比べて、学習にもしっかりと取り組める季節ですね。朝晩は急に涼しくなってきましたし、インフルエンザも流行り始めています。子どもたちが体調を崩さず、落ち着いて勉強に取り組んでいけますようご協力をお願いいたします。

【小学校の校長室から】ローマ教皇日本訪問 校長 山田 耕司

○ 全力で頑張ったファミリースポーツデーを終え、今週末は、子どもたちが待ちに待った「愛校バザー」です。 海星ファミリーの楽しい行事が続きます。本当に海星ならではの楽しい学校生活が送れます。保護者後援会の皆様のご支援ご尽力にいつも深く感謝いたしております。
さて、ご案内のようにフランシスコ教皇様が11月23日に来日されます。24日は長崎と広島訪問、25日は東京訪問、26日に離日のスケジュールが発表されました。長崎と東京では教皇司式の「ミサ聖祭」が行われます。私も数人の先生方と長崎のミサに参列し、翌月曜日の「全校朝礼」で子ども達にその様子や教皇メッセージ・感想を伝えたいと思います。

○ 私は18年前、ロンドンでの勤務の帰途、当時バチカン勤務であられたイエズス会の神父様の計らいで「教皇謁見(集団)」の機会を与えられましたが、当日ローマ空港閉鎖(空港職員ストライキ)のため実現できませんでした。今回待ちわびていました夢が叶います。
子ども達には各学年の「宗教」の時間に「フランシスコ教皇様」を主題に取り上げ、教皇来日のテーマ「すべてのいのちを守るために」を学び合いたいと計画しております。また、全児童にフランシスコ教皇様日本訪問記念の小さな記念品を用意したいと考えております。

○ 教皇様は現在82歳。アルゼンチンの首都ブエノスアイレスでイタリア系移民の子として生まれ、2013年3月にアメリカ大陸初の教皇として選出されました。
アルゼンチンの大司教だった頃から自家用車は持たず公共交通機関を利用し、場末の質素なアパートに住んで自炊をし、下町の「小さくされた人々」に寄り添う姿勢をとっておられました。

○ 今日の日本には、いのちと平和に関する諸問題が山積しております。経済、環境問題、近隣諸国との関係(韓国・北朝鮮・ロシア・中国・台湾)等の問題のほか、大規模な天災や原発事故からの復興も持続的な課題として存在します。いのちの尊厳を踏みにじる事件も少なからず発生し、孤独や孤立のうちに誰からも助けを得ることなく、いのちの危機に瀕している方も少なくありません。教皇様がこの度の日本訪問で、この現実の中に生きる全ての人へ、神様のいつくしみと愛を示し、希望を生みだしてくださることに期待しております。
私たちは、一般的に「暴力は暴力で叩き潰したい、お金の力にお金で打ち勝ちたい、賢い人をさらなる賢さで打ち負かしたい」と思いがちです。しかし、この世の力でこの世をただすことは難しいことです。不可能かもしれません。フランシスコ教皇様は「この世界は福音の価値観で変わる」と固く信じて、その通りに生きておられる方です。

○ 9月23日ニューヨーク国連本部での「地球温暖化対策サミット」で一人の女子高校生(16歳・スウェ―デン人)が、世界の首脳に地球崩壊のドラマを始めた「気象変動問題」について訴えました。「(あなたたちは)経済成長の話しかしていない」「あなたがたは私たちを裏切っている。でも、若い人たちはあなたの裏切りを悟りはじめている」と。
2018年、彼女の暮らすスウェーデンが熱波と山林火災に襲われました。「二酸化炭素の大量排出」に伴う気候変動が原因とされます。彼女は「地球崩壊」が始まったと地球温暖化阻止と気候変動問題に国家が積極的に取り組むことを訴えました。その行動として、毎週金曜日学校を欠席し、座り込みによる「学校ストライキ」を始めました。この行動はSNSによって欧州各地に拡散されました。賛同する若者が「気候変動問題」のデモンストレーションに加わりました。その輪は欧州から世界に広がり、南太平洋の島々の若者も立ち上がりました。このままでは国土が太平洋に沈みます。
 彼女の訴えは、2015年発表された教皇教書「ラウダート・シ」と同じ趣旨です。祈りと共に行動することの大切さ、小さくされた地球上の被造物のいのちの尊厳を求める「福音的価値観」をここに学びます。