FC2ブログ
  福岡海星女子学院高等学校 福岡海星女子学院附属小学校 福岡海星女子学院マリア幼稚園  

【小学校の校長室から】学芸会と大学 校長 山田 耕司

○ 2月16日(土)の学芸会に向けて、各学年で熱心な練習が進みます。ご家庭にも衣裳や小道具でご協力を頂いております。ありがとうございます。
 ご案内のように現行の大学入学センター試験が2020年1月より「大学入学共通テスト」に移行されます。因って現在本校に在学しています子ども達は、新しい大学入試制度によって受験をすることになります。

○ では、その主旨を共通理解してみましょう。文科省の方針では次のような運びとなります。
    
o2020年1月中旬:2019年度(2020年度入学者選抜)センター試験は最終実施になり終了します。

o2021年1月中旬:2020年度(2021年度入学者選抜)から大学入学共通テストに移行し、センター試験が廃止されます。テストの内容はセンター試験同様の6教科30科目で2日間実施されます。      
①国語と数学で記述式問題を出題します。
②英語は民間の資格・検定試験を活用して4技能(読む・聞く・話す・書く)を評価するものになり、高校3年の4〜12月に2回まで受  検します。2024年1月実施の2023年度までは、大学入試センターが実施する共通テストでも英語も実施しますが、大学側で利用 方法を指定できます。 
 
o2025年1月:次期学習指導要領による簡素化された大学入学共通テストの実施を検討します。 
 
o2024年度からは地公・理でも記述式問題の導入を検討します。

○ 一方、多国籍企業の活動や移民移住の拡大に伴うグローバル化の中、大学の国際化が進みます。子ども達は今以上に世界中の人々と仕事をする機会が増えます。大分別府市にある立命館APU大学がこれからの大学のイメージを助けます。学長が外国人、教員と学生の半数が外国籍です。
 この種の大学で学ぶためには、どの大学生にも、豊かな表現力とCommunication力が求められます。更にAI時代の到来に対応するプログラミング教育も求められます。予測困難な時代を生き抜くためには既存の認識力や記憶力中心の学力だけでは、大学に入学しても学びや研究・研修ができなくなります。

○ そこで一部の国立・私立小学校では、大切な基礎基本の力を醸成するために、教科や総合的な学習の時間を「表現科」「体験科」「人間科」「芸術科」等に改編して、表現力やCommunication力の醸成を図っています。首都圏の私立小学校では「学校劇」の研究部会をつくり合同で研究を進めています。英国では伝統的に「演劇」を教育に導入し、シェークスピア劇を通して英国の伝統文化と古典英語、表現、創造・創作を学ぶことを重視します。それは「ドラマ科」「演劇科」としてカリキュラムに位置づきます。

○ 海星小学校でも表現力・Communication力・創造力を涵養するために様々な学校行事や教育活動を企画し推進しています。その一つ「学校劇」も大切な教育と位置づけ取り組んできました。1年生から6年生まで毎年、劇を作り(脚本・衣裳・小道具等)、練習し、上演をします。1学年1クラスの小規模校の特性を生かし、全員が責任をもった役割を分担し主体的に担当できます。
12月の5年生の聖劇、2月の学芸会がそれです。

○ 劇を創り上げるプロセスで、子ども達は価値ある体験を積み重ねていきます。それも1・2年生は物語・音楽劇 3年生は英語劇 4年生は生活劇 5年生は聖劇(キリストの誕生) 6年生は宗教劇(創作)と発達段階と体験知に支えられた構成になっております。
 演劇的手法でCommunication力を養います。シナリオつくりの過程で友だちとの対話(聴き合い)を経て合意形成能力を養います。シナリオはひな型を基にアレンジする学年もありますが、話のつじつまが合うようにつくりあげる聴き合いをします。自分と異なる考えや意見を受け入れながらも解決する体験を味わいます。
目の前の課題を協働して解決する力を養います。役になりきることで新たな自分の能力や特性を自ら導き出します。苦労しながら楽しんで取り組む子ども達です。

【小学校の校長室から】心を新たに新年のスタート 教頭 米倉 信彦

○3学期がスタートして早や一週間。静まり返っていた校舎に、子ども達の元気な声がもどってきました。冬休みの間、それぞれのご家庭ではどのような毎日をお過ごしでしたでしょうか。特に、新年を迎えて、ご家族でどのような会話をされたのでしょうね。「一年の計は元旦にあり」と昔から言われています。きっとすばらしい「一年の計」をお子様と立てられたことでしょう。 
 今年は平成が終わり、5月1日から新しい元号となる…日本が大きく変わる年でもあります。また、11月から12月にかけては、ローマ・カトリック教会のフランシスコ教皇が、ヨハネ・パウロⅡ世以来38年ぶりに日本を訪問されます。更に、子ども達がとても楽しみにしています2020年東京オリンピックが開催れることにもなっております。3つの大きな行事が重なっており、日本中が大きく変わっていくはずです。どんな意識を持ってどんな準備をしていくのかがとても大切ですね。
 まずは3学期、次の新しい学年に進級するための大切な準備の学期です。毎日を大切に過ごし、新学年に向けての準備をしっかりと進めていきましょう。

○久しぶりに、年末から広島にある実家に帰省し、両親と共に正月を迎えることができました。両親とも高齢のため、足腰が弱り、物忘れがひどくなっていましたが、まだまだ元気にしておりました。ただ、息子の名前と孫の名前を取り違えて、会話してくるのには苦笑してしまいましたが、たくさん昔話をすることができました。福岡と広島、新幹線を使えば、1時間ほどの距離ですが、毎月のように帰ることはできません。『親孝行、したい時に親はなし。』と昔からよく諺で言われていますが、今回の休みの中で、室内の拭き掃除、外回りの掃除や庭木の剪定などたくさんの親孝行をすることができました。(福岡の自宅では、こんなに一生懸命家事をしているだろうか…?)

○休み時間になると、北運動場では、サッカーにドッジボール、芝生広場では鬼ごっこ。みんな白い息を吐きながら一生懸命遊んでいます。南運動場では、アスレッチクを渡る子やガイアの森に入って秘密基地を作っている子ども達の楽しそうな声が響いています。やはり学校の主役は子ども達ですね。どの子も生き生きと過ごしています。
 1月9日に福岡県にインフル注意報が発令されました。公立学校では集団感染などによる学級閉鎖が出始めています。本校では「うがい、手洗いの励行」「マスクの着用」「教室の換気と湿度管理」に努めており、現在インフルエンザなど感染症の発生はありません。これからも予防に努めて参ります。ご家庭でも、「手洗い・うがい・換気の励行」はもちろんのこと、「十分な睡眠」「バランスのよい栄養摂取」にもぜひご協力をお願いいたします。

○花壇に入れる肥料を作る目的で、2年前に体育館前のフェンス際にべニア板で囲った枯葉置き場を作りました。そこに落ち葉や枯草、植木鉢の残土などを入れていましたら、丸々と太ったカブトムシの幼虫が住みついていました。
夏の間にカブトムシが卵を産みつけたのかもしれません。そこで冬休み中に更に3か所ほど枯葉置き場を作り、落ち葉を入れられるようにしました。
 今年の夏には幼虫が暮らせるような寝床が完成するはずです。現在は、理科室の中だけでカブトムシの幼虫を育てていますが、広い場所で飼育や観察が出来るコーナーが出来るかも…。夢は、どこまでも広がっていきます。

【小学校の校長室から】食・味覚・食育 校長 山田 耕司

○ 「お餅いくつ食べたあ」昔は始業式の日にこんな会話が飛び交いました。お餅が特別のもでなくなり、洋食が主流の時代です。「お年玉いくらもらった」の方が子どもたちに関心事でしょうか?

新年明けましておめでとうございます。
今年もどうぞよろしくお願いいたします。


○ 暮れに全国の校長が集まる研修会に出席しました。日本のフランス料理界を代表する オーナーシェフ 三國 清三さんの興味深いお話を聴きました。
テーマは「食・食育」です。今年の最初の「地の塩」はご一緒に「食」「味覚」について考えて参りましょう。

○ 三國さんは北海道西岸の留萌支庁増毛町の半農半漁の家庭に7人兄弟の三男として生まれます。10歳で漁師の父と小船に乗って沿岸漁に出るようになりました。増毛町は明治時代にはにしんの漁場として栄えました。また高倉健主演映画「駅ステーション」のロケ地としても有名です。

○ 海が荒れて漁に出れない日には、三國少年は海岸を歩いて「ホヤ」を拾い空腹を満たしました。「ホヤ」は九州ではあまり馴染みがありませんが、東日本では珍味として重用される海産動物です。刺身やキムチの材料にも用いられます。皮を裂くと黄色い身が出てきます。最初はしょっぱい塩味、次に辛味、酸味、そして甘味を感じます。三國少年はこのホヤで、味の体験(四味)を醸成したそうです。

○ 中学卒業後15歳で就職、夜間の料理学校に通い札幌のホテルに勤めます。その後帝国ホテルの村上総料理長の下で修行し、20歳で駐スイス大使館の料理長に推挙されます。その後フランスでフレディ・ジラルデの下、続いて4つの三ツ星レストランで修行を重ね、帰国後は31歳でオーナーシェフとなります。

○ 子どもの非行問題への悩みは、洋の東西に違いはありません。
「味覚は心と気持ちを豊かにする」
「食」を大切にするフランスやイタリアでは、早くから子どもの心と食の関係に注目し、取り組みが始まりました。「12歳まで味覚を体験されていない子どもが、大人になって虐待をする」(イタリア)。
フランスでは1990年代より「子どもの味覚を守る」ため、10月の第3週を「味覚の週間」とし、三ツ星レストランの料理長を中心に催し物を行っています。日本でも2000年から三國さんを中心にシェフたちの取り組みが始まりました。

○ 日本の味覚は四味に「うま味」(昆布のグルタミン酸・鰹節のイノシン酸・椎茸のグアニル酸)を加えて五味です。空前の世界的和食ブームはこの「うま味」にあります。三國さんはフレンチに和食のよさを注入します。五味が五感を刺激します。そして思いやりが育ちます。人間は12歳の舌が味蕾が最大です。ですから0歳~12歳の間に味の体験をさせることが大切です。

○ そこで、三國さんは8年前から小学校4年生を対象に学校を巡って「ミクニレッスン」を始めました。このレッスンは1年間12日からなっています。
①*五味体験②正しいマナー(箸の持ち方・背筋の姿勢) ③命と食事④*東京野菜(100種・地産食材)⑤秋の種まき⑥調理実習の予習⑦*調理実習(ハンバーグ)⑧藤野真紀子先生のお菓子ってなんだろう?⑨和食とフランス料理⑩*正しい出汁を味わう!(うま味)⑪おいしさと栄養素につて⑫*修了式(ミクニランチ給食)*印は父母参加
この体験を家庭で実行してもらうのが目的です。「食」に対する意識を変える。父親の意識を変える。食のマナーと味への関心を喚起するのです。父親が「食」に積極的になることが子どもを変えます。日本を変えます。

○ コンビニ、インスタント、惣菜、朝食レスに子どもの味覚が遅滞します。沈黙する子ども、籠もる子どもが増加の一途です。三國さんの活動は、「食育」は家庭の復活、家族の再生と導きます。新年にあたり、ご家族で新たな「食」を始められては如何でしょう。

【小学校の校長室から】よいクリスマスを 教頭 米倉信彦

○いよいよ明日は、2学期の終業式になりました。2学期は1年間の中で一番長い学期で、たくさんの行事が行われます。9月のファミリースポーツデーをはじめ、愛校バザー、慰霊祭、マラソン大会と続きました。11月にはバンドネオン奏者の三浦一馬氏のすばらしい演奏を鑑賞することもできました。12月9日には、海星小学校では最も大切な行事「クリスマス会」が行われました。
クリスマス会の第1部「喜びの部」では、音楽クラブのミュージックベル演奏に始まり、聖歌、聖書朗読、5年生の演じます聖劇「最後の一葉」と続きました。
 5年生28名は、一人ひとりがこの聖劇をクリスマスの捧げものにしようと約1ヶ月の間心を一つにして練習に取り組んできました。そして、当日は素晴らしい演技をイエス様にお捧げすることができました。私たちはこの聖劇を通してクリスマスの本当の意味を知ることができました。学校のクリスマス会は終わりましたが、私たちは12月25日までさらに心の準備をして救い主のご降誕を待ちたいものですね。下記に福岡地区にあるカトリック教会のミサ時刻の案内を載せております。クリスマスには、お近くの教会に足を運ばれるのもいいですね。
 私の所属は老司教会なので12月24日夜半のミサに参加しています。もう何年間も、海星小学校の卒業生とそのご両親(家族全員が信者ではありません)がわざわざ東区の方から老司教会へ来てミサに参加しておられます。この家族とお会いし、卒業生の成長を見るのが毎年の楽しみになっています。さて、今年はどれだけ立派に成長してくれたことでしょうね。

【小学校の校長室から】つながりを意識する季節です 校長 山田 耕司

○ ご報告いたします。米倉教頭先生が「平成30年度福岡県私立学校教育功労者」表彰を授与されました。

 福岡県の幼稚園・小・中・高校教職員の中から10名が選ばれ、小川県知事から表彰を受けました。本校としましては50年を越える歴史の中で初めての喜びです。
 教頭先生のご功績は、九州地区私立小学校での体育科教師の指導者として、本校教職員(教諭・教頭)として、地域の体操指導者としてです。学院としましても大変名誉なことです。心よりお喜びいたします。
おめでとうございます。

○ さて、福岡海星女子学院がカトリックの学び舎であることを象徴する建物が学院内にあります。アシジハウスといいます。一昨年(2016年)、学院創立50周年(2013年)を刻み、小学校開校50周年(2017年)を前に次の100周年に向けて歩み出した福岡海星のシンボルとして建設しました。ユニークな木造建築(2017福岡県木造・木質化建築賞「優秀賞」受賞)です。

○ 6枚のステンドグラスがはめられています。中央には、小学校校舎の壁面(製作・美術専科松永吉海先生/岩尾磁器)にもありますサンダミアノ(イタリア・アシジにある聖フランシスコを記念する教会)の十字架(製作・美巧ステンドグラス工房)があります。学院創立者マリアの宣教者フランシスコ修道会とのつながりを示すコーナーには5枚の歴史を語るステンドグラス(製作・Sr.入江純子/東洋ステンドグラス)があります。

○ アシジハウスには3つの使用目的があります。①「アクティブラーニング・ホール」として、主に小学生・高校生が各教科等教育活動に利用します。教職員が研修会場として利用します。②創立者のメモリアル(歴史)コーナーで建学の精神を学びます。そしてミサや慰霊祭、宗教行事、宗教の時間を通して神さまと子どもたちがつながります。③自然を含めすべての被造物は神によってつくられました。ガイアの森をイメージしたこの空間で心が和み癒しを感じれます。

○ 11月15日(木)このアシジハウスで慰霊祭が行われました。海星ファミリー、ご先祖様、名も知らない方々のご冥福を、子どもたちは夫津木神父様(カトリック老司教会)の司式でお祈りしました。その中で自然を体感するハウスで、神さまとのつながり、人と人とのつながりを大切にすることを体験しました。
 アシジハウスの前にはルルドの岩窟(聖母マリアへの崇敬を示す祈りの場)があります。12月3日(月)の全校朝礼は、創立記念日(12月8日)を想起してこの場所で行われます。
○ 福岡海星小学校に一足早くクリスマスがやって来ます。12月9日(日)に学院講堂で「クリスマス会」を行います。是非ご家族でご参加下さい。幼児も大丈夫ですよ。クリスマスは、全世界で人々が神さまとのつながり、人と人とのつながり、自然とのつながりを体験する素晴らしい日です。

○ ロンドンに勤務しておりました頃、家族でクリスマス休暇を利用してオーストリアを訪れました。 23日夕方のクリスマス・バザールが閉じた後26日までの間、町には人影を見なくなりました。レストランもショップもシャッターを下ろしてしまいます。土地の人の話では、クリスマスは年に1度家族が集まる機会だそうで、欧州に散らばった子どもたちが家族を伴い、祖父母の家に帰ってきます。たくさんの手土産と共に1年間のご無沙汰と成長の話題を持ってやってきます。祖母はケーキを焼き我が家の肉料理とシチューを何日も前から煮込んで待っています。「人と人とのつながり」を確かめ合う時間です。
 幼い頃遊んだ森はそのままです。我が子が自分がしたように祖父に箱そりを作ってもらって遊んでいます。「自然とのつながり」が疲れた人々に癒しを与えます。
 さあ、クリスマスの深夜ミサです。孫を先頭に村の教会に出かけます。馴染みの顔が声をかけてくれます。クリスマスキャロルに子ども時代が走馬灯のように浮かびます。「神さまとのつながり」を味わいます。

○ 私は、この学院で高等学校・小学校の校長、こども園マリア幼稚園の園長を経験させていただきました。学院の節目の創立50周年、小学校開校50周年を責任者の一人として体験しました。その中で、過去と現在と未来の子ども達(生徒・児童・幼児・乳児)のために、「新しいタイプの教会」をつくれないかと考えていました。折も折、「次の100周年をめざして、福岡海星らしいシンボルが欲しい」という理事長先生の発声を受け、アシジハウスの建設を企画しました。

○ 「教会」と申しますと、私たち日本人は一般的にゴシック様式・バロック様式のヨーロッパ型建物をイメージします。本来はイエスの名の下に集まる人々の集団を「教会」と呼びましたから「教会」の場所や建物は流動的でした。「教会」は信者だけのものではありません。そこを訪れるすべての人々のものです。空腹の人が食事を与えられる場所、ホームレスの人が宿を与えられる場所。本を読みたい人が学ぶ場所。そして神さまと人をつなぐ場所、隣人とつなぐ場所です。「教会」では新しい隣人ができますので孤独が癒されます。
 最初の「教会」はユダヤのベツレヘムの馬小屋でした。羊飼い達が直接幼子イエスに会いに来ました。星のしるしを見て博士達が直接イエスに会いに来ました。それは素敵な「神さまにつながる」夜でした。それを 2000年以上も再現してきたのがクリスマスです。

○ アシジハウスは、神さまと人をつなぐ、人と人をつなぐ、自然と人をつなぐことを体験し、ここに学ぶ海星っ子たちが、学び舎を巣立った後も、出会う人たちに自分たちがつながった喜びを分かち伝える「海星ファミリー」の馬小屋です。
 今年のクリスマスは、自分たちの1年を振り返って、だれかと直接、顔と顔を合わせて、相手の目を見つめて「神さまとのつながり」「人とのつながり」「自然とのつながり」を語り合う機会にされませんか。勿論、スマホはOFF。テレビはOFF。ゲームもOFF。「つながり」を大切にする環境の中でが素敵ですね。