福岡海星女子学院高等学校 福岡海星女子学院附属小学校 福岡海星女子学院マリア幼稚園  

【学校情報】2A生徒 留学報告(ニュージーランド)

ニュージーランドに来て、1ヶ月ほど経ちました。ホストファミリーや友達など私の周りの人は大変明るく、優しい方ばかりです。

しかし、はじめの10日ほどは、慣れない食生活や学校生活、聞きとれず話せない言語などから、ホームシックのような状態になりました。周りの人が親切心で話しかけてくれることも、買い物をすることも恐怖で、毎日頭が痛く、とても苦しかったです。日本の食事や、言葉が分かる授業を、これほど恋しいと思ったことはありませんでした。

今は徐々に打ち解けて、ニュージーランドらしい、ゆったりとした生活を少しづつ楽しめています。授業で先生が話される速い英語は、未だにすぐには理解できませんが、授業中に教えてくれる友達ができたので、もう怖くありません。買い物も1人でできますし、欲しいものを「欲しい」と伝えることもできるようになりました。

正直なところ、今でも日本が恋しいことに変わりはありませんが、私の心は前向きです。ここでは日々少しづつですが、成長していることを実感できます。もっともっと成長できるように頑張ります!
20180606-21


次に、私のホストファミリーについてご紹介します。私のホストファミリーはイラン出身で、お父さん、お母さん、お兄ちゃん、お姉ちゃんがいます。私は日本の兄弟の中で最年長なので、家族の中で最年少になるのは初めてで、とても新鮮です。
20180606-19
△ホストファミリー

そして、みんな信じられないくらい仲良しです。お姉ちゃんはたまに、私の部屋をノックして「さき、アイス食べにいくよ!」とか「ドーナツ食べにいくよ!」と言って、私を連れて行ってくれます。2人でデザートを食べにいく時は、友達の話や学校の話などするので、本当の姉妹みたいで、私はこの時間が大好きです。たまに、ペルシア語を教えてもらっていて、挨拶程度は言えるようになりました。
20180606-20
△ホストシスターと
最後に、私が通っている学校について少しご紹介します。私は、オークランドという都市にある“Massey High School”に通っています。世界中の国から多くの生徒が集まっているので、自分とは大きく異なる感覚を持つ人達と友達になる事ができます。また、彼らは英語が第2言語でも、とても流暢に話すので刺激的です。間違いを恐れない気持ちを見習って、私も彼らのような英語力を身に付けたいです。

【学校情報】2A生徒 留学報告(カナダ)

カナダに来て約4ヶ月が経ちました。私のホストハウスの近くに暖かくなると、屋根の上にヤギがのぼることで有名な観光地があり、先日その光景を見て、もうすっかり暖かくなったことを感じました。
今月はたくさんの初めての経験をしました。
一つ目は、牧場に行き、ヤギの乳搾りをしたことです。実際にやってみると難しくて、コツがあるようで、教えてもらいながらしました。他にもラマや豚や牛などがいました。
二つ目は、陶器の色塗りです。陶器に特殊な塗料を塗り
高温の火で焼き上げました。焼く前後では、色が全然違っていて驚きました。店員さんが「どう色が変わるかはいつもサプライズだよ!」と言っていました。綺麗にできたので、割らないように日本に持って帰りたいです。
三つ目は、キャンプをした事です。外で寝たり、マシュマロを焼いたり自然を眺めたりしました。海の方でキャンプしたので、寒かったけど、楽しかったです。もし次キャンプに行く事があったら、もっと服を持っていくべきだという事を知りました。
留学期間もあと一ヶ月もなくなりました。今自分がやれることをやり、後悔することがないようにしたいです。



20180606-18
△屋根に乗っているヤギ
20180606-15
△牧場のラマ
20180606-16
△陶器の焼く前と焼いた後
20180606-17
△キャンプ場の近くの海

【学校情報】2A生徒 留学報告(ニュージーランド)

もう少しで5ヶ月が経ちます。6月1日からが冬と決まっていて最近は朝は0℃冷え込むこともあります。季節も変わり目ということもあって少し風邪を引きましたが、元気に過ごせています。

今月はMother's DayとPink Shirt Day がありました。Mother's Dayは私は日頃の感謝の気持ちを手紙に書いてわたしました。とても喜んでくれハグまでしてくれました。このような日に感謝の気持ちを伝えるのもいいけど普段から行動で表したりするのも大切だなと思います。Pink Shirt Dayは多くの人がピンクの服を着てきます。最初ただ楽しむものだけかと思っていましたが、きちんとした理由があったので良い方法だなと思いました。

やっと私の入っているクラブ活動が始まりました。本当はテニスに入ろうと思っていましたが、無かったのでバドミントンに入りました。毎週木曜日のランチタイム(練習)と毎週火曜日放課後(ゲーム)の二回で、日本とは違い毎日無いので少し物足りなく感じます。先々週の火曜日初めてゲームがありました。今回は私たちが違う高校に行かないといけなかったので放課後友達のおとうさんの車に乗せてもらい行きました。ゲームはシングルスとダブルスがあり初めてのゲームでよくルールも分かりませんでしたが勝つことがで
きま した。ダブルスではペアのこと協力し合って勝てたのでとても楽しかったです。クラブ活動でも一ついい思い出ができたらいいなと
思っています。


もう少しで半年になります。最初の頃と比べたら話しかけるのもあまり緊張しなくなったり聞き取れるようになったと思いますが、まだまだなのでもっと頑張りが必要だなと思います。時間がたつのはあっという間なので時間を無駄にしないように過ごそうと思います。
20180606-14
△バドミントンの様子

【学校情報】2A生徒 留学報告(オーストラリア)

オーストラリアに来て約5か月が経ちました。
とても気温は1桁になるほど寒く、夜は特に9℃から5℃くらいまで低くなり今は長袖で生活をしています。

今月は、Tourismの授業でExcursionに行きました。Excursionでは、Big Rocking Horse, Choc Factory, Bird In Hand, Hahndorf, Strawberry Farmに
行きました。Big Rocking Horseは、本当に巨大な揺り木馬で私は一番上まで登りました。頂上からの景色はとても綺麗でしたが、
高すぎて少し怖かったです。次に、Choc Factoryに行き様々な種類のチョコレートが売っていてホストファミリーへのお土産として
チョコレートを買いました。その次に、Bird In Handに行ってそこは、ワイン畑と工場で規模の大きな場所でした。アデレード産のワインは
美味しいと有名でワイン畑の景色はとても綺麗でした。お昼では、以前に行ったことのあるHahndorfで友達とランチをしました。
最後には、Strawberry Farmに行きました。予定では、いちご狩りをする予定でしたが天気が悪かったため出来ませんでした。でも、Strawberry Farmで
働いている人の話を聞きインタビューをしたりしました。話を聞く中で、少し理解することが難しかったけど挑戦して質問をすることが出来て
良かったです。このExcursionで行った場所は、ほとんど初めて行く場所ばかりで友達とも楽しい時間を過ごすことが出来ました。

20180606-12
△Big Rocking Horse

20180606-7
△Bird In Hand

20180606-13
△友達とTourismのExcursion

また今月はホストファミリーが変わりました。ホストマザーはTourismの先生でホストファザーはMusicの先生をしています。
そして、14歳の女の子と12歳の男の子と9歳の女の子がいます。子供たちは、本当に優しくて大好きです。ある日、学校が終わって
子供たちだけで家に居たら、一番下のホストシスターが学校で私の似顔絵を描いてきてくれて私にプレゼントをしました。
その頃はまだ、ホームステイして3日しか経っていないのに凄く仲良くなれて嬉しかったです。


20180606-8
△ホストシスターが描いてくれた私の似顔絵


そして、6月2日にCan Danceというダンスの本番があり、私たちはダンスの授業でCan Danceの発表のために練習をしてきました。
Can Danceは、Adelaide Entertainment Centreで行われました。私たちは朝早くに集合をして会場に向かいました。会場に着いたら、
私たちのダンスを練習して最終リハーサルをしました。また、私たちのダンス以外にも出演者みんなで踊るフィナーレもあって
大変だったけど楽しかったです。ステージは、今までに立ったことのないくらい大きなステージで周りは観客だらけでした。
私たちのperformanceはストーリー性があるダンスで私はお化けのようなメイクと衣装を着ました。私たちの出番がきて、観客の歓声が凄く
緊張よりも観客の方たちと楽しむことが出来たPerformanceでした。
私の音楽の先生でもあり、ホームグループの先生が観に来てくださって嬉しかったです。
Can Danceが終了して家に着いた時間はかなり遅くてとても長い一日だったけど、今まで練習してきた成果を出すことが出来て
今までにない素晴らしい体験をすることが出来ました。


20180606-11
△私のダンスグループのみんなと

20180606-10
△私のダンスの先生と

20180606-9
△私のホームグループの先生と


【学校情報】2A生徒 留学報告(ニュージーランド)

この月で丁度留学生活の折り返し地点です。
ニュージーランドは日本と季節が真逆のため、日本を出発した時(1月末)のニュージーランドの季節は夏で、今は夏が終わり秋になり、冬がだんだん近づいています。まだ秋とはいえ日本の秋とは全く異なり、朝の気温は‐1℃まで下がります。そして日中は12~14℃程までしか気温が上がらず、まるでもう冬のような寒さです。
ホストマザー曰く、今年は例年よりも気温が低いとのことです。しかし私は、ニュージーランドは冬は日本ほど寒くなく、温かい日が続くのかなと思っていましたが、それとは真逆で冬はとても寒く、雨が続き、晴れの日はあまりありません。
そして、私はバスでの登校の為、朝バスを待つ必要かあるのですが、寒すぎてなのか辺り一面に霧がかかり、10m先は見えないような状態です。その為バスが遅れ、授業開始ギリギリの登校になる毎日です。


5月は一瞬で過ぎ去りました。特にこれと言った大きな出来後はなく、学校行事としてクロスカントリーがあったぐらいでした。学校の隣のハミルトンレイクを全校生徒でハウスカラーごとに分かれて歩き(走り)ました。


学校で英語を話す上で友達によく聞かれる事は、「なんであなたはアメリカンアクセントなの」とよく聞かれます。発音はとても難しく、ニュージーランドはイギリス英語なのでアメリカ英語程は舌を巻かないけど全然巻いてないって訳でもないです。この事を考えると果てしなく、しかし最近はやっとearlyの発音ができるようになりました。イギリス英語は学校で、アメリカ英語はホストマザーがアメリカ出身なので家で、どちらも耳にするのでearlyは完璧になりました!


BBQ好きのホストファザーはよく外でBBQをします。そしてこれはもう慣れましたが、外国は日本より全てものが2倍、3倍あり、何を食べるにしてもひとつでとてもお腹いっぱいになります。
でも、美味しいものには毒があります。カロリーが恐ろしいです。


天気がいい日には運動して、友達と近くの公園で遊んだりしています。体が硬くなると怪我もしやすいので、柔軟は欠かせません。


五月末にニュージーランドの学校に海星の先生方が来られました。会ってないのは4ヶ月程ですが、すごくすごく久しぶりな気がしました。また、先生方と英語で会話をする際、英語力伸びたねとか、キウイみたい!と言っていただけて嬉しかったです。


あと4ヶ月、自分にできる精一杯のことをし、帰ってすぐの英検で結果を残せるように頑張ります。

20180606-4
△クロスカントリー
20180606-6
△BBQ
20180606-5
△exercise