FC2ブログ
  福岡海星女子学院高等学校 福岡海星女子学院附属小学校 福岡海星女子学院マリア幼稚園  

【学校情報】1A生徒留学報告(ニュージーランド)

留学が終わるまで2週間をきりました。3ヶ月は、短い時間ですが、たくさん学ぶことがありました。学校にも慣れ、困ることは少なくなりました。授業では、体育が1番楽しいです。スポーツはクラスメイトと親しくなるきっかけが多いからです。そして体育を一生懸命やることでコミュニケーションが生まれるため、大切であると改めて学びました。ニュージーランドは自然がきれいなのでとても空気がよく気持ちいいです。
今住んでる所は、都会ではないのでショッピングをする機会はないのですが、ホストマザーが土日で色々なところに連れていってくれて良い経験もできたと思います。海外では日本と違って曖昧にすることがなく、みんなはっきりとした性格なので、きっぱりしていいと思います。そして私も結構優柔不断でしたが、早く物事を決められるようになりました。留学を通してまた性格が変わっているような気がしています。

▽体育で仲良くなったクラスメイトとハミルトンガーデンに行ったときの写真です。
rune3-1.jpg

run3-2.jpg

【学校情報】1A生徒留学報告(カナダ)

カナダに来てから2ヶ月が過ぎました。あっという間に毎日が過ぎていきます。
さて、今月を振り返ってみると目標と決意を固めた1ヶ月になりました。学校に通うようになってから何より悩んだのは友達作りでした。英語を流暢に話せない私と話しても相手は疲れるだけなのではないか、どうせ私は相手の言っている事など理解できない、とマイナスな考えを心に抱えながら過ごしていました。そのため、人と話すのは必要最低限の会話で切り上げてしまったり、自分からは話しかけるのを恐れ、相手から話しかけてくれるのを待ってばかりでした。そのため、他の日本人の留学生以外、心を開いて話せる相手がホストファミリーしかいませんでした。しかし、ある日ふと「謙虚」とはどういう意味なのかが気になり調べました。その意味を読んだ後、急に自分の中にあった苦しい考えが無くなり楽になりました。なりたい自分を見つける事が出来たからです。私はこれこそ今の私にとって大切な事だと感じました。「謙虚」の意味として、例を上げますと、相手がどうであれ、自分と比較するのではなく素直に受け入れること。素直であるためどんなことも自分の非として受け入れること。なにより、相手を思いやること。私はこの言葉を胸に学校に行ったところ、今までの自分とは生まれ変わったかのように積極的に自分から人に話しかけることが出来るようになりました。自分から相手に色々な話をしたり、相手がされたら嬉しいだろな思うことを進んでやるようになりました。その日から男女関係なく、現地の生徒さんや、他の国の留学生と少しずつではありますが会話が生まれ、友好関係を以前の私以上に築くことができています。最近は現地の生徒さんに折り鶴を上げたり、日本人の友達とのランチタイムをこのままではせっかくの留学がもったいないと思い、きちんと話をした上で自分から離れ、現地の生徒さんに緊張しながらもランチを一緒に食べようと誘うと、快く受け入れてくれました。4月からは学校のクラブチームであるサッカーチームに入ろうと考えています。緊張しますが、自分の好きなことは何があっても離したくないので挑戦します。4月の目標は謙虚な気持ちを忘れずに、自分のために、相手のために、精一杯生きることです。

▷ホストシスターと一緒に自然豊かな、とても大きな池へジョギングとスケッチをするために往復3時間かけて坂道、下り道の激しいルートを自転車で行きました。かなり疲れました。しかし、その前日に自転車で山道をを3時間ほどかけて乗り越えたので、このルートが簡単に見えました。
saaya3-1.jpg

▷バンクーバー旅行の際、人生で初のhockeyのゲームを 観に行きました。小学生の頃から地元のサッカーチームの応援に行っていたため、何だか久しぶりに感じたこのワクワク感に懐かしさを覚えました。
saaya3-3.jpg

▷ビクトリア旅行に行った際、友達とチャイナタウンに行きました。ビクトリア旅行を通して、たくさん買い物ができ、日本では食べられない食べ物を味わう事が出来ました。非常に良い思い出です。
saaya33.jpg

【学校情報】1A生徒留学報告(オーストラリア)

ダーウィンでの生活が始まって、約2か月が経ちました。
各授業ごとに沢山の友達ができ、毎日楽しく充実した生活を過ごすことができています。
Japanese continuersのクラスでは、福岡海星女子学院についてのプレゼンテーションをさせてもらいました。私が入っているクラスは日本の学校に憧れを持っている生徒が多く、沢山の質疑応答をしながら行ったので、本来なら20分ほどで終わるプレゼンテーションが1時間弱もかかってしまいました。プレゼンテーションで発表した海星の校則と一日の流れは、特に驚かれました。なぜなら、オーストラリアの学生の多くはアルバイトをしていますし、ピアスをしている人や、髪の毛を染めている人が多いからです。それに海星は0限目や7限目があったり、夜7時まで部活動があったりして、毎日がとても忙しいからです。しかし、プレゼンテーションの後に”Japanese high school is more strict and busier than here, but I really want go to Japanese high school.”(日本の高校はとても厳しくて忙しいですが、私は本当に日本の学校行きたいです。) と言ってくれた友達がいて、プレゼンテーションをして本当によかったと思いました。

▽プレゼンテーションをしているところ
ひかり3-1

 後日、その友達においしいピザを一緒にたべませんか?と日本語で言われ、家に遊びに行きました。私はその友達が作ってくれたプルコギと、パイナップルがのっているハワイアンピザを食べました。とてもおいしかったです。
 ホストシスターの友達の何人かとも仲良くなることが出来ました。2週間程前の週末に、King PINというボーリング場に連れて行ってもらいました。ボーリングはしませんでしたが、ゲームコーナーで私はホストシスターとその友達と3人で遊びました。ホストシスターはゲームが得意で、高得点を獲得していました。私はあまりゲームが得意ではなかったので、ほとんどホストシスター達が遊んでいるところを見ていましたが、とても楽しかったです。集めたポイントは景品と交換でき、ホストシスター達はおそろいのものを選んでいました。写真には載っていませんが、私はホストマザーから有名なお菓子をもらいました。

▽King PIN
ひかり3-2

 先週末、ホストマザーに”What do you want to eat for dinner tomorrow? Let me see. Can you make something Japanese?”(明日の夜ご飯何食べたい?何か日本食を作ってくれませんか?) と言われ、オムライスを作ろうと思い提案したところ、”Can you use beef?”(牛肉を使ってくれませんか?) と言われたので、牛丼を作ることにしました。レシピを調べると、案外簡単そうでしたが、調味料が売っていないことに気が付きました。そこで、みりんをリンゴジュースで代用したり、だしをスープストックで代用したりして作りました。残念ながらこま切れ肉が無く、違う種類の牛肉を使いましたが、味はほぼ100%日本の牛丼と同じ味にすることができました。かなり美味しかったようで、また作ってほしいとお願いされました。今度は違う日本食を作ろうと思います。

▽ホストマザーが温泉卵をのせてくれた牛丼
ひかり3-3

 先日、日本のお菓子が家の近くのショッピングセンターで売っているということを知りました。それを時々日本語のクラスの友達などに持っていっています。コアラのマーチや、Japanese rice cracker(おかき)などが人気でした。写真はBIG Wというスーパーマーケットに売っていたコアラのマーチ、イチゴ味です。

▽人気だったコアラのマーチ
ひかり3-4

最近はアセスメントだけではなく、テストもあり忙しい日々が続いていますが、沢山の友達ができ、友達内の世間話にもついていけるようになってきて、楽しい学校生活を過ごすことができています。これからも気を抜かずに頑張ります。

【学校情報】1A生徒留学報告(ニュージーランド)

It has been two months since I came to NZ. Autumn is here and it’s getting colder these days. I think my English is improving little by little. My problem was not being able to enter conversations when I talked with my friends. However recently, I realized I could understand their conversation and I enjoy talking with my friends. My friends are so kind and even if I talk slowly, they listen carefully. Also when I can’t tell them what I want to say very well, they ask me “you mean~?” and help me. I appreciate my friends so much. To be honest, I was worried about going to school because I couldn’t enter my friends conversations and talk with them well. Moreover, it was quite tough for me to keep up on school studies. However, I really like to be with my friends and go to school nowadays. I like to talk with my friends during morning tea and lunch time the best. In my school, we have homeroom class. I taught my friends how to make origami love hearts and cranes, in the class. It was difficult to teach in English because I taught about ten students. It was a good experience and I was happy to teach them about Japanese things. I wanted to teach how to make ribbons with origami but it was too hard so I made lots of ribbons at home and I gave them to my classmates and friends. They were so glad to get them. I’d love to teach Japanese culture more.

There are a lots of fun things in my NZ life but there was scary thing in NZ. The scary thing was terrorism. On March 15th, there was shooting incident in two mosques. One of the mosques was near my school. So my school was in lockdown. I was taking ESOL class at that time. Suddenly, the school bell rang twice. I was slightly surprised but I thought it was just a mistake or something. I didn’t expect that a horrible incident was happening. My teacher checked the email from school and she said, “gather in the middle and lie down!!” and "shut the curtains" with a panicked face. I didn’t understand at all so I asked her “what’s happening? Is there something bad?” But she said “I’m not sure, anyway be quiet and keep lying down”. Fortunately, I was in ESOL class and there were some Japanese students with me. And one of my Japanese friends told me it was a lockdown and there was an incident near our school. I was so scared but I was with my friends so I was slightly relieved. We were in the lockdown for about 3 hours. I was so tired that day. I went back home and checked the news. I was so surprised and shocked because 50 people were killed by one man from Australia. He killed many people who were praying in the mosque because he doesn’t like Muslims. I didn’t understand why he discriminated and killed so many people. I felt so sad and angry. At my school, there was a mufti day which went towards the victims donation and some students were giving everyone hot chocolate. Also we wrote a message for the people who got hurt. I wrote “after the rain, comes the sun” to wish them good things to come in NZ. One of my friends was crying because her friend was killed by the incident. I went to the mosque to pray for peace in NZ and the victims. I made some love hearts with origami. I put my heart into the love hearts. I was so impressed with NZ. It was such a bad thing that happened in NZ however everyone was moved to pray for peace. For example, there was a mufti day in my school and there was a memorial day to pray and wish for peace. I hope that the world will be filled up with people’s smiles everywhere.

This term is going to finish next week so I have various assessments and I have to write some reports. It’s not easy to perform these tasks but my friends and teachers help me so I’m working hard. Even if I study hard, I might not get a good score, but I hope I can get a good score next term. I went to a pre-school next to my school as a volunteer. There were about 20 children and they were so cute and friendly so I had a good time. They talked to me with simple English so I could understand their English and talk lots. I love to play with children so I want to go again.

Furthermore, on March first, we had an Athletics day. Unlike Japanese sports day, NZ sports day, student have freedom of choice. In NZ, we don’t practice for sports day and not everyone joins the games. Just the students who want to play games join the games. So if you don’t join the games, you can stay in the stands and eat some snacks. So I love NZ sports day! Also, on March third, there was a festival called Japan day. According to the name, the festival was a Japanese festival and there were many Japanese food carts and Japanese events. I went there with Yukata. I ate Japanese food and had a good time.

I have term vacation and a camp for exchange students. We will study in the country side this month. I want to try a lot of things and enjoy this month.

▽the mosque
3-1

▽a report of home economic class
3-2

【学校情報】1A生徒留学報告(ニュージーランド)

ニュージーランドに来て約2か月がたちました。

先日、ホストファミリーと一緒に5日間、Heaphy Track という場所へTrampingに行ってきました。Trampingとは、ハイキングのようなもので、この言葉はニュージーランドでしか使われていないようです。ハイキングと聞いて、私は楽に考えていたら、15㎏程のリュックサックを背負って、1日約6時間、5日間で約80㎞の道のりを歩くという過酷なものでした。1日目はずっと上り坂だったため、とてもきつかったです。初めての経験で、足にもたくさん豆ができましたが、毎晩泊まったHutと呼ばれる小屋では、たくさんの人と触れ合うことができ、振り返ってみると楽しかった思い出ばかりが浮かんできます。頑張ったからこそ見ることのできた景色もとてもきれいで、貴重な経験になりました。

あいか3-1
△Tramping中の景色


あいか3-2

△最終日にホストマザーと撮った写真

日本でもニュースなどで取り上げられていたように15日に私の住んでいるクライストチャーチで銃乱射事件がありました。また、現場は私の家から車で15分ほどの場所で、このようなことが身近で起こったのは初めてだったためとても驚きました。この事件は、50人もの死亡者がでたとても悲惨なもので、このようなことが起こったというのは今でも信じられず、とても悲しい気持ちでいっぱいです。そして事件から二週間後に、National Remembrance Serviceというものがあり、ホストシスターと一緒に行ってきました。ニュージーランドの首相も来ていて、厳重な警備体制の中でこのイベントが行われました。会場全員が手をつなぎ、歌を歌うという場面もありましたが、みんなが被害者のことを想い、一体と慣れたとてもいい時間だったと思います。ホストシスターもドイツからの留学生ということもあり、何ができるか一緒に考えていて、そのイベント後は、Free Hug というものをしました。これは、入り口でFree Hug と書いた紙を持って通りすがりの人とハグをし、みんなに愛を届けようというものです。日本では馴染みのないことですが、子供からお年寄りまで本当に多くの人とハグをしました。私にできることは少ないですが、今回たくさんの人にありがとう、と言ってもらえたため、少しは周りの人のためになれたかなと思います。今回の事件は本当に多くのことを考えさせられるものとなりました。事件現場にも訪れましたが、そこには数えきれないほどの花、メッセージなどが事件から2週間たった今でも絶えずに置かれていて、多くの人の優しさや愛をとても感じることができました。世界中がこのように優しさと愛で溢れることを心の底から願っています。

あいか3-3
△事件後のモスクの様子

先日、学校でCulture Night というものがありました。これは、留学生がそれぞれの国の歌を演奏したり、マオリの人や、移住してきた人たちとも異文化交流をしたり、一緒にご飯を食べたりして楽しむというものです。私は日本語の曲“lemon”と、“Stand by me”の2曲を演奏しました。“Stand by me”は、日本人、ドイツ人、フィリピン人、ニュージーランド人と演奏し、歌も各国の言語で歌ったため、とても盛り上がり、このCulture night の最後を締めくくるとてもいいものになりました。練習期間は1週間もなくとても驚きましたが、それぞれがピアノ、ギター、打楽器などと得意なものを演奏したため、初日からうまく練習も進めることができました。とても楽しむことができ、ここから友達の輪も広がったためとてもいい機会だったと思います。

あいか3-4
△Culture nightの様子