FC2ブログ
  福岡海星女子学院高等学校 福岡海星女子学院附属小学校 福岡海星女子学院マリア幼稚園  

【小学校-校長室から】福岡海星小学校は?

教頭 松本 裕子

〇8月に台風が来なかった年は珍しく、その分、海面の温度が上がり、9月以降の台風の勢力が強くなると予報されていました。まさしく先日、九州地方に大きな影響を及ぼした台風9号と10号。皆さまのお住まいの地域は大丈夫だったでしょうか。
 台風9号が接近したときは、ガイアの森の樹や枝が5本も倒れてしまいました。そして、キウイ棚の柵が倒れました。べランダにあるプランターは飛ばされ、土がこぼれてしまいました。台風10号は「特別災害警報」が発令され「最大級の警戒が必要」とされましたので、学校は前々日に子どもたちや先生方みんなでプランターや鉢植え、ホースを校舎の中に入れ、窓ガラスが割れて吹き飛ばないようにと、鍵をロックし、カーテンやブラインドを下ろしました。キウイもたくさん実っていたので、吹き飛ばされては大変と先生たちで収穫しました。今年は、子子どもたちに配れるくらいたくさん実りました。本日、ひとり1個ずつ持たせて帰しています。
おかげさまで、台風10号は接近途中で「特別災害警報」が解除され、風速も弱まり、大きな被害はありませんでした。これは、先に通過した台風9号が海面の温度を下げたことで、10号の勢力が弱まったようです。台風通過後の気温も朝夕随分涼しくなりました。
〇自然界に起きる出来事は、時に厳しく、辛いものです。「神さまは、どうしてこのような辛いことをなされるのでしょうか」私たちの素朴な疑問です。
 神さまは、聖書の創世記の中で「初めに神は天地を―」創造された。(中略)神は光と闇を分け ―」と次々と創造されます。そして最後に「神はご自分にかたどって人を創造された。男と女に創造された。神は彼らを祝福して言われた。海の魚、空の鳥、地の上を這う生き物をすべて支配せよ。(中略)神はお造りになったすべてのものをご覧になった。見よ、それは極めて良かった。夕べがあり、朝があった。第6の日である。」とあります。神さまは初めに人ではなく、宇宙を創造されたのです。私の勝手な解釈かもしれませんが、素晴らしい宇宙を造られて、そこに人を住まわせたいと考え「それは極めて良かった」と納得されます。つまり、わたしたちは神さまからいただいた素晴らしい宇宙を守っていき、その中で生かされているのです。しかし、人間文化が進化したことで、美しい宇宙を壊してしまいます。そのひとつが地球温暖化であり、そのことでさまざまな災害が起きています。
 それでも、神さまは「わたしはあなたと共にいる神あなたを支える。」と、いつでもわたしたちの声に耳を傾けてくださっています。そして祈るたびに、わたしたちは神さまの創造物のひとつとして、自分の使命を考える機会を与えてくださっています。
〇9月2日から10日までの期間、学年ごとに授業参観と学級懇談会がありました。それぞれの学年を参観させてもらいました。進級して初めての授業やお子さまの様子はいかがだったでしょうか。学級懇談会では歌あり、レクリエーションあり、絵本の読み聞かせありと、それぞれの学年にあった懇談会でした。
保護者の皆さまには、新型コロナウイルス感染拡大防止のために、スクールバスの変更や送迎、健康観察など、たくさんのご協力をいただきまして、心より感謝申し上げます。今回、懇談会後に保護者の皆さまから質問や要望をお聴きしましたので、保護者の皆さまのご質問にいくつかお答えいたします。

〇毎日の送迎やSB新コースはいつまで続きますか?
・新型コロナウイルスのワクチンができるまでを目安にしています。マスク着用や3密を避ける行動も同様です。

〇新型コロナウイルス感染拡大防止策は、どうなっていますか?
・文部科学省、厚生労働省、経済産業省、福岡県・市教育委員会、私学協会の通達をもとに「新型コロナウイルス感染症校内保健
管理体制ガイドライン」を作成し、組織的に対策をとっています。
・学校医は、新型コロナウイルス感染症の受け入れではなく、あくまでも疑いのある子どもへの相談や専門医療機関へ繋げるの  が役割です。
・学校では、手洗いと消毒を徹底していますが、現在、無添加のハンドソープが品切れ状態です。
 入荷が9月中旬から下旬予定。それまでは、無添加の石けん(固形)で対応しています。手洗い後は、消毒を徹底しています。
*皮膚の弱い子どものために無添加にこだわっています。
*アルコール消毒も皮膚の弱いお子さんのために個別で対応しています。
*教育委員会は、手の消毒は、手洗いができない場合に行うように指導していますが、本校では、手洗い後も必ず消毒をするよ   うにしています。
・校内保健管理体制には、児童支援チームもあり、新型コロナウイルス感染者が出た場合も、子どもや家族の皆さまの個人情報  を守り、差別やいじめに繋がらないように、対応いたします。
・「健康観察カード」は、毎日記入が必要です。新型コロナウイルス感染症の家庭内感染が増えていることから、家族の健康状態  を記入する欄を設けています。万一、お子さまが新型コロナウイルスの陽性者になった場合は、この記録が大変必要になって
 きます。保健所に2週間前から記録の提出が求められますので、忘れないように記録をお願いいたします。

〇SB新コース3便になり、利用人数が増えて心配。密になっているけど大丈夫ですか?
・コースによっては、人数が増えているところもあります。新コースになる前からバス内の消毒を徹底していましたが、今後も続け  ていきます。バス内の換気も併せ、マスクの着用も継続して指導します。また、子どもたちへのバスマナーについても指導して   いきます。おしゃべりをしたり、マナーが守れない場合は、バスを降りてもらいます。
・バスを増やしたり、バスを学院で共有して使用することはできません。感染リスクを最小限に減らすための理事長判断です。
・今回コースが減ったことで、西鉄バスを利用される方もいらっしゃいます。従来通り帰りは、西鉄バス停まで職員が送って
行ってます。

〇子どもが熱を出したときは、どうしたらいいのですか?
・まずは、かかりつけの病院に連絡をしてください。受診するかしないかは、お医者さんの指示に従ってくさい。
・学校への登校は、お医者さんの指示に従ってください。
・保護者の判断で登校させることがないようお願いいたします。

〇どうして、小さい弟妹がいる家庭は、一緒にお迎えに行ってはいけないのですか?
・新型コロナウイルスの感染予防のためです。
 たくさんの方が出入りする学校は、どこでウイルスをもらうか分かりません。無症状の方もいらっしゃいます。厚生労働省の通達  のもと行っております。
 小さいお子さまがいらっしゃり、お迎えに来られた方は、学校へ連絡していただきますと、職員が車まで児童を連れて行って
い ます。
*小さいお子さまがいらっしゃらない保護者の方は、お子さまを迎えたら、立ち話などをされずに速やかな下校をお願いいた
します。

〇熱中症対策はどうなっているのですか?
・毎朝、暑さ指数(WBGT)を職員で確認し、指数が高い時は、外遊びを禁止しています。
・マスクを着用していて、息苦しくなったりした場合は、周りに人がいないことを確認して、マスクを外してよいことを指導しています。
・体育の時間はマスクを外しています。
・授業中でものどの渇きがあった場合は、水分をとらせています。
*校舎内はエアコンをつけ、換気、サーキュレーターをまわしながら、対応していましたが、8月までは特に暑かったです。
保健室でも、塩タブレットを舐めさせたり、アイスノンで冷やしたりと対応いたしました。

*今回、新型コロナウイルスについてのご質問が多くありました。まだ、未解明のウイルスだけに心配です。学校と家庭との
信頼関係なくしては、子どもたちを守っていくことはできません。引き続き、ご理解・ご協力をいただきますよう、よろしくお願い
いたします。
コメント
コメントの投稿
管理者にだけ表示を許可する