FC2ブログ
  福岡海星女子学院高等学校 福岡海星女子学院附属小学校 福岡海星女子学院マリア幼稚園  

【小学校-校長室から】通信表「あゆみ」

校長 山田 耕司

学習指導要領のねらい
○ 文部科学省は新学習指導要領の実施(令和2年4月)に伴い、令和元年3月31日に「小学校における児童生徒の学習評価及び指導要録の改善等についての通知」を全国の教育委員会・国立学校・私立学校に出しました。令和元年度は準備期間(移行措置期間)として令和2年度から完全実施することが内容とされています。本校ではこの趣旨を踏まえて昨年度より先行的に新学習指導要領による取り組みとその学習評価を進めているところです。
〇 改訂の主旨を紹介します。学習指導要領は時代の要請にこたえてほぼ10年毎に改訂されます。今回の特色は、「知的理解の質をさらに高め確かな学力を育成する」ことにあります。
そのためには、言語能力・情報活用能力・問題発見解決能力の育成に務めなければなりません。同時に「主体的・対話的で深い学び」の体験の場が求められます。学校は授業を工夫し改善する必要があります。
本校が「聴き合い活動」・ポートフォリオ評価・プログラム学習は勿論、「知的刺激」「身体的刺激」「心的刺激」の3つの調和を大切に先を見る教育に取り組む背景がここにあります。

福岡海星小学校のよさ
〇 長い新型コロナウイルス禍による臨時学校休業の影響で、従来の3学期制を一時的に2学期制にしたり、1学期の評価をしないとする公立学校があります。各学校では一斉登校開始が遅れたり、午前と午後の2部制授業を実施をしたり、土曜日出校をしたりと、学校事情に合わせていろいろ工夫をされながら授業時間の確保に努力をされております。
本校では、学校の特性を生かして他校より一足早く5月11日より分散登校・オンライン授業、6月1日より一斉登校を始めました。8月7日に1学期の終業式を予定しております。さらに年間を通して学校行事及び学年行事の精選を図りながら授業時間の確保に努めてまいります。
この結果、学期は従来通り3学期制とし終業式には通信表「あゆみ」を通してお子様の1学期の成長をお伝えできます。「あゆみ」の見方考え方は従来と変わりません。
尚、今回は夏休みが8月8日~20日と短いため「個人懇談週間」を設けることができません。初めての学校経験をしました1年生のみ悉皆で行います。他学年は必要に応じて個別にご相談して行います。

福岡海星の通信表「あゆみ」
〇 「あゆみ」は【学習の記録】・【生活の記録】・【児童と保護者の評価】の3つからなっております。
【学習の記録】は、教科である国語・社会・生活・算数・理科・音楽・図画工作・家庭・体育・英語は学習の様子を、各教科ごとに3~6の観点を設けて、3段階の評価(目標に対して◎十分に満足 〇満足 △もう少し)で表しています。宗教(公立校では道徳)とステラマリス(総合的な学習)は文章で学習の様子を表しています。さらに4学年~6学年では〈特別活動の記録〉を文章で表しています。
【生活の記録】は、〈行動の記録〉10項目を望ましい状態にあると判断した場合、それぞれに〇をつけています。 また、〈学習や生活の様子〉を文章で表しています。〈身体の記録〉や〈出欠の記録〉を通して、合わせてお子様の成長がわかるようになっております。
【児童と保護者の評価】は、本校の特色であるポートフォリオ評価の一環として、児童と保護者の方に「あゆみ」に参加していただきます。
児童の自己評価である〈学習と生活のあしあと〉は、児童自らが「自分のめあて」をふり返り、頑張ったことや心に残ったこと、これから自分の課題にしたいことなどを書きます。
〈保護者記入欄〉は、ご家族からみたお子様のがんばりについて、励ましと称賛とアドバイスをお願いいたします。
このようにご家庭と学校とが共に励ますことによって、お子様のうちに秘めた力(神様から与えられた使命と力)が発揮されることを願っております。
〇 子どもたちは未体験の夏を迎えます。楽しみな夏休みは僅か13日間です。長期の旅行も祖父母様の待たれる「ふるさと」への帰郷もままならないでしょう。エアコン完備とはいえ新型コロナウイルス禍での夏の学校生活です。高温多湿な気候の中で楽しい学校生活が送れますよう対策と工夫をして臨みます。ご理解ご協力をよろしくお願いいたします。
コメント
コメントの投稿
管理者にだけ表示を許可する