FC2ブログ
  福岡海星女子学院高等学校 福岡海星女子学院附属小学校 福岡海星女子学院マリア幼稚園  

【高校掲示板】「こうのとりのゆりかご」から~いのちの尊さ~ 講演会

「こうのとりのゆりかご」から
~いのちの尊さ~


本校では、人権・同和教育の一貫として、慈恵病院 看護部長の田尻由紀子先生をお招きして、「こうのとりのゆりかご」から~いのちの尊さ~と題して講演会を行いました。

DSCF1838こうのとり▲田尻先生

「こうのとりのゆりかご」は、マスコミ等でたびたび取り上げられていますが、正しくは「新生児相談室」という相談業務が本来の業務です。つまり、妊娠、出産、育児などについてのさまざまな悩みを抱えるお母さんや、その周りの方々の悩み事を聞き、一緒になって考え、そして解決しようというのがこの業務の本来の目的です。

「こうのとりのゆりかご」は、熊本県の慈恵病院にあります。慈恵病院は、明治31年、マリアの宣教者フランシスコ修道会によって設立され、昭和53年に近代的医療の展開を目指し修道会から経営を移管・継承されています。本校の経営もマリアの宣教者フランシスコ修道会であり、同じ理念によって設立されており、キリストの愛と献身の精神を信条としています。

田尻先生からのメッセージ

赤ちゃんの命を救いたいとの思いから「こうのとりのゆりかご」を設置しました。矛盾しますが、「こうのとりのゆりがごは」を利用してほしくない、シンボルとしての役割であってほしい・・・事前に(預ける前に)相談してほしい・・・というのが本来の目的です。

「いのち」より尊いものはないと思います。
思春期にある皆さんは大人になる準備期です。
「いのち」の誕生について学び、「いのち」を大切にできる大人になって欲しいと願っています。

また「いのち」は神様からの預かりものとも言われています。
「こうのとりのゆりかご」を通して、この世に宿った命が大切にされますように、
この世に生を受けた赤ちゃんすべてが幸せになりますようみなさんと考えましょう