FC2ブログ
  福岡海星女子学院高等学校 福岡海星女子学院附属小学校 福岡海星女子学院マリア幼稚園  

【小学校-校長室から】第47回卒業式 ありがとう6年生! 教頭 米倉 信彦

○小学校校舎の周りにある桜並木は、花芽がふくらみ始めました。南運動場のしだれ桜や緋寒桜はもう花を咲かせています。
 先週3月14日に第47回卒業式が挙行され、6年生28名が海星小学校を巣立っていきました。毎年全学年が卒業式に参列し、6年生の晴れ姿をお祝いするのですが、今年は新型コロナウイルス蔓延防止のため、時間を短縮・参加者も制限しての挙行となりました。
 9時58分、6年生が担任の福永先生を先頭に胸を張って入場、10時より卒業式が開式されました。参加者全員での校歌斉唱、福島君のお祈り、木村さんが聖書朗読と続きました。
 いよいよ、卒業証書授与です。福永先生が卒業していく子ども達一人ひとりの名前を呼び、6年生が元気に返事をしてその場に立ちます。そして代表の大森さんが壇上に登り、校長先生から直接28名分の卒業証書を受け取りました。6年生が第47回卒業生となった瞬間です。
 式辞では、山田校長先生から卒業生に向けて最後のお話がありました。フランシスコ教皇の教え『地球上に生きる全てのも
のの命』を尊ぶ話です。校長先生が卒業生に話されたお話をまとめて書いておきます。

 「教皇が日本を離れる際に『人類は善に向かうか、悪に向かうか、将来平和を作っていくのは若者です。』という言葉を残されました。地球温暖化が加速する中、『本当にこれでよいのでしょうか』このままでは『地球はすり減っていく』ばかりです。
人間の求める『豊かさ』が『成長する』から『成熟する』ことへ変わってほしい。『よきサマリア人のたとえ話』を思い出してください。未体験のウイルスの蔓延によって特に弱い立場の人々が罹患し、命を失っています。私たち一人ひとりできることはないでしょうか。積極的に『よきサマリア人』になりませんか。
中学生になる皆さん、フランシスコ教皇のあなたへのメッセージは何でしたか?祈りはあなたと神との対話です。神さまに自分の意思を伝えてください。本をたくさん読んでください。見識の深い人の話を聴き、安易な風潮に流されないでください。
私たちは、皆さんに大いに期待をし、応援をしています。」

校長先生の式辞の後、在校生総代として卒業式に参加した5年山本君からの送辞、卒業生総代の八尋さんからの答辞へと続き、式は無事に終了しました。
 式を終えた卒業生たちは教室で最後の帰りの会を行い、名残を惜しみながら海星小学校を巣立っていきました。何人かの卒業生からは、1階廊下にある掲示板に在校生へのメッセージを残してくれました。どうぞご覧くださいませ。

○いよいよ明日3月19日(木)から4月5日(日)まで春休みとなります。今流行している新型コロナウイルスは、人類が初めて出会う病気です。これからも引き続き手洗い・うがい・換気などの予防に努めるとともに、自分の体中にある免疫力を高めて絶対に病気にならないよう気をつけて過ごしてください。なお、免疫力を高めるには、①バランスの良い食事をする。②お風呂に入り血流をアップさせる。③ストレスをためない。ことが大切だそうですよ。そして4月6日(月)にみんな元気に始業式を迎えましょう。