FC2ブログ
  福岡海星女子学院高等学校 福岡海星女子学院附属小学校 福岡海星女子学院マリア幼稚園  

【学校長より生徒へのメッセージ】令和2年2月19日 夫津木昇神父様を偲んで 

令和2年2月19日 夫津木昇神父様を偲んで 

 老司教会の夫津木神父様が帰天されました。帰天すると,この世の命がなくなっても,神様の家に帰り,新しい命をいただくと言われます。死ですべてが無に帰するという考えではなく,人の死は神様の恩賜,お恵みであるという考え方です。聖書に次のように書かれています。
  「イエスは言われた。『わたしは復活であり,命である。わたしを信じる者は,死んでも生きる。  生きているわたしを信じる者はだれも,決して死ぬことはない。このことを信じるか。』」                (ヨハネによる福音書 11章25節~26節)
 夫津木神父様には,3年前の2学期終業式のクリスマスミサの司式をしていただき,入学式や卒業式には来賓として参列していただきました。また,海星のことを大変気にかけてくださっていて,静修会には快く教会を貸してくださいました。昨夜,神父様の通夜に行くと,2月22日に77歳の誕生日をお迎えになるはずだった神父様の棺の横にはバースデイケーキが置いてあり,ローマ教皇様にいただいた祭服が棺の上にかけてありました。 長崎の平戸でお生まれになった神父様は,魚釣りが大変お好きだったとも聞いています。
 今頃,神父様は神様の家に帰られ,海星のために,また多くの方々のためにお祈りしてくださっていることでしょう。神父様のご冥福をお祈りし,聖歌『いつくしみ深き』を歌いましょう。