FC2ブログ
  福岡海星女子学院高等学校 福岡海星女子学院附属小学校 福岡海星女子学院マリア幼稚園  

【小学校の校長室から】公開学芸会 ありがとうございました 教頭 米倉 信彦

○ 2月15日は待ちに待った公開学芸会でした。
 2月7日(金)に行われた校内学芸会では、全校児童でお互いの演技を見合い、少し自信なさそうに演技している子もいたのですが、本番当日は、どの子どもも、おうちの方の前で自信に満ちた表情で発表することができました。

【1年生】
 入学したころは、小さな声でしか返事ができなかった子ども達が、長いセリフや難しい口上をしっかり覚え、大きな声で発表する姿、一年間の大きな成長を感じました。魚やクラゲたちがそれぞれに手を小刻みに動かしたりして自分の役を表現しているのにお気づきになりましたか。よくがんばっていましたね。

【2年生】
 音楽に合わせて、しっかりと歌ったりセリフをを言えていました。声量がぐんとアップしており、みんなで合わせて歌う時など講堂中にかわいらしい歌声が響きわたっていました。また、ネズミたちのダンスもみんなよくそろっていましたし、みんなとても生き生きと演じていました。田舎のネズミと都会のネズミ、どちらが幸せなのでしょう。自然と共に生きることの大切さを考えさせられるとても面白い劇になっていましたね。

【3年生】
 英語の発音がしっかりと出来ていて、大きな声でセリフを言えていました。それぞれの役になりきった演技は素晴らしかったです。最後にみんなで英語版「パプリカ」をとても良い笑顔で楽しそうに歌って踊れました。地球上のみんなが幸せになっていくようでした。

【4年生】
 今年開催される東京2020オリンピックにちなんで、オリンピックはいつ始まったのか、平和の祭典と言われているのはなぜかを、子ども達の元気で息の合った素晴らしい姿で演じてくれました。よい姿勢と落ち着いたセリフからは、上級生になっていく決意が見えてくるようでした。

【5年生】
 合唱は、一人ひとりが一生懸命に歌い、それがきれいなハーモニーとなって講堂全体を包み込みました。合奏でも、自分の担当するパートをしっかりと演奏して素晴らしいメロディーを奏でることができました。

【6年生】
 この劇は、6年生は修学旅行で長崎を訪れ、実際に見てきたこと、体験してきたことをもとに脚本から作り上げてきました。オダネル氏と焼き場に立つ少年の姿を通して核兵器の怖さ、戦争に悲惨さを伝えようとしていました。「自分たちでできることから愛の心を大切に、平和を築いていきます」周りの人に少しでも役立とうとする心を持てた6年生の姿がそこにはありました。

 当日は、たくさんの保護者の皆様が、朝早くから最後まで熱心に子ども達の演技をご覧いただきました。また、各学年の演技が終わると、心のこもった温かい拍手をたくさんいただきました。子ども達もこの拍手で一段と喜びを感じ、達成感を味わえたと思います。本当にありがとうございました。

(お知らせ) 本学院本校の霊的指導をして下さいましたカトリック老司教会の夫津木昇神父様が昨日(2/16)お亡くなりになりました。神父様はいつも優しい眼差しで子ども達と接していただいていました。また、「マリア様のミサ」や「慰霊祭」など宗教行事の司式・先生方の霊的指導をしていただいておりました。神父様のご冥福をお祈りくださいませ。