FC2ブログ
  福岡海星女子学院高等学校 福岡海星女子学院附属小学校 福岡海星女子学院マリア幼稚園  

【学校長より生徒へのメッセージ】令和元年11月20日

令和元年11月20日  

 教皇フランシスコの来日にあたり,歴史を振り返ってみたいと思います。
1549年にフランシスコ・ザビエルが日本にキリスト教を伝えて以来,地方の大名たちが洗礼を受けました。それに危機感を感じた豊臣秀吉は1587年に伴天連追放令を出し,1597年には長崎で26人のカトリック信者を磔の刑に処しました。その後,この地で信者は,260年もの間,一人の神父もいない中,信仰を守り続けていました。
1945年には長崎に原爆が投下されました。こういった歴史の延長線上に,私たちカトリックの学校があることを理解しておいてほしいと思います。
 教皇フランシスコは『すべての命を守るために』というテーマでメッセージを発信されます。『焼き場に立つ少年』のカードを世界中に配布し,人類は広島と長崎から何も学んでいないと言われました。命に対して,どこか鈍感になっている現代において,教皇フランシスコがどのようなメッセージを出されるか,注目したいと思います。