FC2ブログ
  福岡海星女子学院高等学校 福岡海星女子学院附属小学校 福岡海星女子学院マリア幼稚園  

【小学校の校長室から】いよいよ校内マラソン大会 教頭 米倉 信彦

○ いよいよ11月16日(土)は、校内マラソン大会が行われます。子どもたちは、10月中旬から20分休みや体育の時間を使って学院キャンパス内のマラソン練習コースを走り、体を鍛えてきました。海星小学校のマラソン大会には、2つの大きなめあてがあります。一つ目は、体力をつけること。子どもたちがしっかりと走る力をつけていくことです。二つ目は少しぐらい苦しくとも、最後まで頑張ろうとする忍耐力をつけることです。 
 練習を開始したばかりの頃は、同じペースで走り続けることができずに坂道で歩いたり、途中で立ち止まったりしていました。
 しかし、先週の練習では、たくさんの子どもたちが、上り坂でもぐんぐん走って登りきる力がついてきています。さらに、同じスピードで長い距離を走り続ける力もつけてきているようです。
 体育の時間には、マラソン本番コースを走り、自分が無理なく走り続けることができる目標タイムを決めていきます。 16日の本番当日は、各自で決めたその目標タイムを目指して全力で走ることになるのです。
 当日、子どもたちが自分の力を全て出し、最後まで走りきることができますよう、温かい励ましの応援をよろしくお願いいたします。

競技日程は下記の通りです。

9:00  運動場集合

9:15  競技開始(1年→2年→3年→4年
    →5,6年女子→5,6年男子の順で出発)

※マラソン当日の健康状態を見て、マラソン大会参加承諾書を登校後すぐにご提出ください。

※雨天延期の場合は11月20日(水)です。

○ 10月31日に3,4年生「幼小交流会」が行われ、小学生がマリア幼稚園の年中さんたちを連れてガイアの森を案内しました。
 3,4年生は何日も前からガイアの森の中を調べて、園児さんたちが安全に過ごせるように枯葉やクリのイガを掃除して取り除いたり、草を刈ったりしてきました。また、ドングリやクリの実がたくさんある所や、虫がたくさんいそうな場所を探しておいて、園児さんたちが楽しくすごせるルートを考えたりもしていました。
 当日、実際に森の中を案内してみると、坂が急だったり、段差が多かったりして小さな園児さんには危ない所が多くありました。子どもたちは、園児さんたちが転んでけがをしないように手を引いたり、ゆっくり歩いたりしてあげていました。森の中に着くと、「ドングリがここにいっぱいあるよ。」とか「虫は好きかな。あちらに行ってみようか?」と優しくお世話していました。中には、元気な園児さんが急に走って行こうとするので、「走ったら危ないよ。」と声をかけたりもしていました。案内は大成功だったのでしょう。園児さんたちはビニル袋の中にどんぐりや松ぼっくり、紅葉した葉っぱをいっぱい入れることができました。最後に3年生から手作りのメダルを貰って大満足でマリア幼稚園に帰っていきました。
 交流会の進行は4年生が中心で、3年生はそのお手伝いと安全な案内の仕方を見て学んでいます。この経験をもとに、3年生は来年になると園児さんを案内しながら、次の3年生に交流会の進行と園児さんたちの安全なお世話の仕方を教えていくことになるのです。この交流会を通して、相手の立場に立って思いやることのできる「おもてなしの心」がしっかりと育ってもらいたいと願っています。