FC2ブログ
  福岡海星女子学院高等学校 福岡海星女子学院附属小学校 福岡海星女子学院マリア幼稚園  

【小学校の校長室から】コミュニケーションの大切さ 教頭 米倉信彦

○ まだまだ残暑の厳しい日々が続いておりますが、朝晩はずいぶん涼しくなり、南運動場やガイアの森では、盛んに虫たちが鳴き始めています。少しづつ秋の気配を感じるようになってきました。
私事ではございますが、肩の手術により7,8月の長期にわたりお休みさせて頂きました。その間子ども達や保護者の皆様方には大変ご心配をおかけいたしました。申し訳ございませんでした。
 9月9日(月)から元気に学校に復帰することができました。また今まで以上に子ども達と一緒に学校生活を送っていきたいと思っております。どうぞよろしくお願いいたします。

○ 今日13日は「中秋の名月」です。名月と言われているのですが、必ずしも満月とは限らないそうです。今年は14日が満月にあたるそうです。また、その時の満月は、地球との位置関係から今年見える満月の中で一番小さく見えるのだそうです。
 古来より、月を見て詩歌や俳句を詠み、お供え物をする風習が日本にはありました。今年は日々の忙しさを忘れて、家族ご一緒に名月鑑賞される時間を作られてはいかがでしょうか。

○ 2学期を順調にスタートした子ども達の次の大きな目標は、ファミリースポーツデーです。お父様やお母様、おうちの皆様に頑張っている姿を見てもらおうと子ども達は力いっぱい練習に励んでおります。1,2年生は「カンフーレディー」の振り付けを覚えようと何度も同じ動きを繰り返しています。3,4年生のダンス「パプリカ」はほぼ完成に近づきつつあり、より美しく踊れるように運動場で汗を流しています。5,6年生は「集団行動」。足並みをそろえ、みんなの心を一つにして歩く練習に励んでいます。どの学年も、限られた練習時間を有効に使って最高の演技に仕上げようとがんばっております。ただし、子ども達は毎日相当疲れて帰宅すると思います。十分に栄養をとり、しっかりと体を休め体調を崩さないようにしてあげてください。そして9月22日(日)に行われるFSDには、保護者の皆様の暖かく大きな声援をよろしくお願いいたします。

○ 日韓関係がぎくしゃくする今年の夏休み、私は病院の中で幅広い年代の方と接する機会がありました。そこで感じたのは、やはりコミュニケーション力の必要性でした。『相手は、何を言いたいのだろうか』と考え、『では、このお尋ねをすればわかるだろうか』『相手は、いやな気持ちにならないだろうか』などと創造力を働かせて考える。どのくらい相手の考えを理解できるか、相手に上手に自分の意志伝えることができるかは、やはり自分の努力なのだと痛切に感じました。

○ 今から何年も前になりますが、一時期の流行語として『KY』という言葉が流行ったことがありました。みんながある話題のことで騒いでいる中で、何が起こったか瞬時に理解ができない人をからかって言う言葉であったように思います。しかし、何が起こったかきちんとした意味が分からずに、周りの人に合わせて騒いでしまうほうが恥ずかしいことではないでしょうか。正直に言えた人が、「空気が読めない」と馬鹿にされていたのかも知れませんが、ただその場の雰囲気に合わせて騒いでいる人より、ずっとよいでしょうね。一番よいのは周りの状況を分かった上で、堂々と自分の意見を言える人ではないかと思います。
 自分の意見を言うからには、それなりの根拠が必要で自分の考えをしっかり持つ必要があります。そのためには常に勉強しておかなくてはならないでしょう。大切なのは、その努力をコツコツと続けていくことだと思います。そして、意見を言えば周りからそれに対しての意見も出てくるでしょう。相手の話をよく聴くことで相手の考え方が分かり、必要に応じて自分の考えも伝える。コミュニケーションの大切さです。また、考え方が間違っていれば修正をしていくこともできるのです。