FC2ブログ
  福岡海星女子学院高等学校 福岡海星女子学院附属小学校 福岡海星女子学院マリア幼稚園  

【学校長より生徒へのメッセージ】平成31年4月24日 イースター(復活祭)

平成31年4月24日 イースター(復活祭)

 イースターでは美しく色づけされた卵が飾られたり食べられたりします。また,子どもたちはエッグハントやエッグロールなどで遊びます。卵は命のシンボルです。キリストが,死という殻を破って出てこられたとして復活をイメージしています。
 そのイースターの日にスリランカでテロが起こり,ホテルや教会で日本人も含んだ300人余りの方々が亡くなられました。聖書のヨハネによる福音書(20章26節)に次のように書かれています。
 「さて八日の後,弟子たちはまだ家の中におり,トマスも一緒にいた。戸にはみな鍵がかけてあったのに,イエスが来て真ん中に立ち,『あなたがたに平和があるように』と言われた。」
 ここで出てくる戸を心の戸と考えてみましょう。鍵がかかった戸は,頑なな心,他者を受け入れない心の壁,弱者を排除しようとする心の状態と考えられないでしょうか。そこにキリストが入ってくるのは,互いに尊重し,受け入れることで共に生きようとすることが大切であることを伝えています。
 私たちに具体的にできることは何かを考えてください。マザーテレサの祈りの中に,「私を平和の道具としてお使いください」とあります。口は励ましや感謝の言葉を伝えるために,耳は人の言葉を最後まで聞いてあげるために,目は人の良いところを見るために,手や足は人を助けるために,心は人の痛みをわかってあげるために使いましょう。こういうことを地道に実行することが,イエスの願った平和の実現になるのです。