FC2ブログ
  福岡海星女子学院高等学校 福岡海星女子学院附属小学校 福岡海星女子学院マリア幼稚園  

【学校情報】1A生徒留学報告(オーストラリア)

 オーストラリアに来て、約二週間が過ぎました。飛行機に乗る前、空港には父と母、先生、ISAのスタッフの方、そして友達が来てくれました。父は見送りに来る予定がなかったのでとても嬉しかったですし、一番仲の良かった友達が見送りに来てくれて感動して泣いてしまいました。飛行機の中では、オーストラリアに行く仲間と隣同士でした。今までの思い出やこれから果たしたいこと、帰って来てからの姿について沢山話しました。成田空港に着き、ニュージーランドに向かう仲間と別れ、オーストラリア行きの飛行機で約9時間を過ごしました。機内では、映画を観賞したりご飯を食べたりしましたが、よく眠れないままオーストラリアに着きました。
 5時頃にも関わらず、朝は明るく、とても暖かくて、日本が寒いのさえ忘れるくらいの素敵な世界がそこにありました。現地のコーディネーターに会い、展望台のある場所で3時間を過ごしました。そこでは、沢山の犬達と戯れながら現地の人と話をしました。
 そしてついにホストファミリーと会い、家で一緒にご飯を食べました。部屋には沢山のオーストラリアグッズを準備してくれていました。夕食では、日本で嫌いだったラム肉があったので心配になりましたが、すごく美味しかったです。
 研修中は、日本との違いや生活について学び、野外での研修は海やショッピングモールや動物園に行きました。研修最終日には、ショッピングとボーリングをしました。二週間今まで頑張ってきた仲間達と分かれるのは辛かったですが、成長をした姿で一年後に会うことを約束しました。ホストファミリーにはサッカーに連れていってもらったり、ビーチでスーパームーンを観ながらBBQをしたりしました。また、オーストラリアデイには海の見える家で花火を見ながらケーキをごちそうになりました。

▽Australia Zoo
柴田夏海1月Australiazoo

▽スーパームーン
柴田夏海1月スーパームーン


▽2週間研修
柴田夏海1月2週間研修


 三日目でホームシックになり、海や空、花火や車、音を聞くたび、日本の家族や祖父母のことを思い出してしまい、楽しくも辛い日々が続いています。1月の末から学校が始まり、自分とは言語も文化も違う人達とどう仲良くなれるのか、授業にはついていけるのか等、不安が沢山あります。しかし、その時は出発前に科学の先生にいただいた「不安ではなく不満を持ち、現状突破できるような人間になりなさい。」という言葉を思い出すようにしています。自分がどこまで出来るか、そしてどれだけ成長できるかを確かめ、一歩だけでなく十歩ずつくらい進めるような実りある毎日にしていきます。
 一ヶ月後自分がどれだけ全力が出せたのか、欠点を正すために何が出来るのか考えていきたいです。そして今までも今も支えてくれている両親や祖父母、応援してくださっている方々に感謝し、日々努力を続けていきます。