FC2ブログ
  福岡海星女子学院高等学校 福岡海星女子学院附属小学校 福岡海星女子学院マリア幼稚園  

【学校情報】2A生徒留学報告(カナダ)

新学期が始まりました。カナダでは、入学、進級のタイミングは9月なので、新入生を迎えての新しいスタートとなりました。授業はどれも学べば学ぶほど興味深いものばかりです。中でも、Carrier and Life Management
は、日本にはない珍しいクラスです。自分の生活を振り返り、自己を見つめ、そして自分にとって、より良い未来について考えるという内容です。例えば、10代の私たちが直面している問題(ドラッグ、拒食症、ファストフード等)をピックアップし、グループでプレゼンテーションを行います。この授業を受けることで、常日頃、私がどれくらい自分の生活について「考える」という行為を怠けているかが分かりました。自分の人生や豊かな生活についてよく考えさせられる、私のお気に入りのクラスです。他にも、Communication and Technology
は日本では珍しいスタイルを持っています。「情報」の授業を彷彿させる名前ですが、実際は自分のしたいこと、興味のある分野でクレジットを好きなだけ取れる、のいうクラスです。カナダでは卒業のために、教科ごとに、基準以上のクレジットをとる必要があります。このクラスでは写真に興味がある人は、Photographyの課題、デザインすることが好きな人は、グラフィックアート等、個人個人で課題が違います。初めはこのスタイルに戸惑いましたが、今は自分の好きなことをより専門的に、深く学ぶことが出来るので、とても気に入っています。

学校のイベントの一環で、''Terry Fox Run''というものがありました。この活動は、義足のランナーと呼ばれる、テリーフォックス(癌で片足を失うも、ガン基金のため義足でフルマラソンを走り続けたカナダのランナー)の信念をつごうと、カナダ全域で行われているようです。全生徒が一斉に走る姿は、胸が熱くなるものがありました。 [1枚目:Terry Fox Run の様子]

一緒に昼食をとっている友達のうち、4人が9月生まれで、そのうち2人から誕生日パーティーに誘ってもらいました。[2枚目:お友達の誕生日にて]カナダではほとんどの子どもが誕生日パーティーを開きます。規模や内容は様々ですが、映画を見たり、ゲームをしたりと思い思いに楽しい時間を過ごすようです。招待してくれた友達のうち1人はフィリピン出身だったのですが、フィリピンでは誕生日に、麺のように長生きできるようにという願いを込め、麺を食べるそうです。自分が今まで知らなかった文化を知った時、世界がぐんと広がった気持ちになります。色々な国の興味深い文化は、自分の価値観を大きく変えてくれるいい機会です。これからもそういったビックリするような文化や慣習に出会いたいです。

また、先日友達が家に呼んでくれました。その子は8人家族で、森のように大きな庭を持っています。[3枚目:森の中で友達と]森の中を散策しながら、家族のことや、学校のことを話しました。ご家族はとてもフレンドリーで「いつでもいらっしゃい」と言ってくださいました。良い方々に囲まれて、恵まれていると改めて思いました。

留学報告を書くのも、あと片手で数える程になりました。最初の頃に比べて、時の流れが2倍になったように感じます。やり残したことがないか、後悔しないか、特に考えるようになりました。そして、言語は違えど、人の根本的な部分はどこでも同じということをよく感じます。心が通じたと感じる心地よい感覚を沢山味わって、もっともっと英語に触れて、残りの期間を楽しみます。
20181929-1
20181929-2
20181929-3