FC2ブログ
  福岡海星女子学院高等学校 福岡海星女子学院附属小学校 福岡海星女子学院マリア幼稚園  

【小学校の校長室から】みんな神さまの子ども 教頭 米倉 信彦

○今年の夏休みはいかがお過ごしでしたでしょうか。「地の塩228号」でも書きましたが、健康第一、有意義な夏休みをお過ごしになられたこととでしょう。九州の各地で8月の平均気温が史上最高となったこともあり、私はエアコンを入れたまま寝ることが多かったように思います。
 しかし、9月半ばになりますと朝晩は少しづつ秋の気配が感じられるようになってきました。子ども達は23日に迫ったFSDに向けて力いっぱい練習に励んでおります。

○9月6日午前3時8分、北海道胆振地方中東部を震源とする大きな地震が発生し、厚真町では震度7、その他の多くの市町村でも震度4~6を観測しました。テレビでも報道されているように各地で土砂崩れや家屋の倒壊、液状化現象により大きな被害が発生しています。
 海星小学校に数年前まで勤めていらっしゃったマリアの宣教者フランシスコ修道会のシスター島村が北海道の札幌に隣接します北広島修道院におられます。修道院の場所が震源地に近いこともあり、心配で地震が起きた6日の午前中に連絡を取ろうとしましたが、まだネットワークの故障でつながりませんでした。
 しかし、夕方もう一度電話すると、北広島の修道院につながり、シスターから『停電がやっと解消しました。幸い水道が止まることはなかったので、それほど不便な状況ではありませんでした。みんな命には別条ないので安心してください。』という嬉しいお声を聞くことができました。海星の職員一同、胸をなでおろしました。

○私たちは、この世界のすべての人が、神さまの愛の中から生まれてきた「神さまの子ども」だと信じています。でも、どこに証拠があるのでしょう。一つだけ動かぬ証拠があります。神さまと私たちにはそっくりなところがあるのです。
 神さまは、とても優しい方で、苦しんでいる人を見た時に、放っておくことができません。自分のことは考えないで、苦しんでいる人を何とかたすけようとします。それは、聖書の中に出てくる九十九匹の羊を置いて、迷子になった一匹を助けに行く「よい羊飼い」の話(マタイ18,12-13)や、道端で倒れている知らない人を助けてあげた「よいサマリア人」の話(ルカ10,25-37)を読めばよく分かることです。
 私たちはどうでしょうか。例えば、目の前でお年寄りが転ばれたら、誰でも思わず助けの手を差し伸べるでしょう。貧しい難民の子ども達の話を聞けば、かわいそうだと思って、何かしてあげたくなるに違いあるません。7月に西日本を襲った未曾有の豪雨災害で広島・岡山を中心に各地で大きな被害が出た時も、4~6年生の運営委員会の皆さんが中心となり、みんなに募金をしようと呼びかけてくれました。短期間ではありましたが、たくさんの児童・保護者の皆様からたくさんの募金が集まりました。皆さんの心の中に、神さまと同じ「苦しんでいる人がいたら、放っておけない」という気持ちがあるのです。
 生まれながら誰もが持っているこの気持ちこそ、私たちが神さまの愛から生まれてきた「神さまの子ども」だという何よりの証拠です。私たちの心の中には、生まれながらに神さまの愛が刻み込まれているのです。神さまから受け継いだこの愛の心を大切に育てることで、私たちはますます「神さまの子」らしくなって、神さまを喜ばせることができるはずです。
 今回の北海道で起きた地震は『平成30年北海道胆振東部地震』と命名されました。亡くなった方もたくさんおられます。自宅が住めなくなくなり、避難所生活を余儀なくされている方もたくさんいらっしゃいます。決して大きなことは出来ませんが、困っている人のために私たちは何が出来るか考えてみたいものです。