FC2ブログ
  福岡海星女子学院高等学校 福岡海星女子学院附属小学校 福岡海星女子学院マリア幼稚園  

【学校情報】2A生徒留学報告(オーストラリア)

オーストラリアに来て約6ヶ月が経ちました。留学の半分が終わり残り約5ヶ月ほどとなりました。

2学期の最後の週に英語のクラスでプレゼンテーションをしました。プレゼンテーションは、自分の生い立ちについてでした。英語のクラスの人数は10人で、ロシア人の友達が1人とニュージーランド人の友達が1人います。私が友達のプレゼンテーションで一番驚いたことは、ホームスクールという教育システムです。ホームスクールとは、学校に通わず、家庭で学習ができるそうです。友達は、11歳までホームスクールをしていて12歳から学校に通い出したそうです。日本では聞いたことがなかったし、日本にはない教育システムなのでとても興味を持ちました。私は、自分の生い立ちの他にも日本の文化や学校についても話しました。先生や友達は日本とオーストラリアの学校 の違いについてとても驚いていました。友達の1人が他の人以上に日本に興味を持ってくれて、プレゼンテーションが終わると日本についてずっと質問されました。それに、"How do you say this in Japanese?"とずっと聞かれ日本語も教えていました。日本にとても興味を持ってくれて嬉しかったし、日本について聞かれたら必ず答えれるように日本についても勉強していきたいと思います。

20180715-2
△現地の友達から貰った日本語の手紙

6月下旬に2学期が終わり休みに入りました。買い物に行ったりホストシスターと遊んだり、とても充実した日々を過ごしています。先日はホストシスターとホストファザーと一緒にMONOPOLYというボードゲームをしました。人生ゲームのようなゲームで土地や会社を買ったり家を建てたりするゲームで、破産してしまうと負けになります。たくさんの種類があり私はオーストラリアのMONOPOLYをしました。2回して1度は、一番最初に破産して負けてしまいました。

20180715-1
△オーストラリア版モノポリー

留学の半分がもう終わってしまったと思うと少し寂しくなります。今までたくさんの人に数え切れないほど助けられてきました。友達はいつも私を楽しませてくれて笑顔にしてくれます。私の英語が間違っても気にせずに聞いてくれて、なかなか伝わらなくても分かろうとしてくれて一緒にいてとても楽しいし、元気をもらえます。これまでたくさん助けてもらった分残りの留学生活でたくさん恩返しをしていきたいと思います。