福岡海星女子学院高等学校 福岡海星女子学院附属小学校 福岡海星女子学院マリア幼稚園  

【小学校の校長室から】潜伏キリシタン遺産 祈りの集落 校長 山田耕司

○ 今月、日本の18番目の世界文化遺産に「長崎・天草地方の潜伏キリシタン関連遺産」の登録が見通されています。本校と大変強い関わりを持つ出来事ですのでご紹介いたします。
この世界遺産を辿るように本校の6年生修学旅行団が「福岡海星小学校のルーツを探る旅」として通ります。南島原市の「有馬キリシタン遺産記念館」・長崎市外海の「出津集落」・長崎市「浦上集落」と「大浦天主堂」・長崎市西坂の「日本二十六聖人記念館」・熊本市西区島崎「聖母の丘」が訪れる中心となります。そこに共通するのは有名なミレーの絵画「晩鐘」にある「労働と祈り」に生きる人々の姿と6年生との出会いです。

○ NHK特集「人類の誕生」を興味深く視聴しました。第2集は「人類でなぜホモ・サピエンスだけが生き残ったか」が内容でした。
ヨーロッパで先に南部アフリカを出発し進化したネアンデルタール人と後発のホモ・サピエンスが共存した時期があったそうです。またこの2人類は移動の過程で中東付近で交配した事跡が現在の私達のDNAに2%程度残っていることも分かっています。氷河期を生き抜いたネアンデルタール人は色白で頑強な体躯をしていました。家族単位で生活をしました。その生活を維持するためには大量の食糧を必要としました。
 一方、ホモ・サピエンスは、群れ(後に集落に発展します)をつくり生活しました。群れを維持するために「原始宗教」を生みました。弱い立場(老人・幼児・病者・母子家庭)の仲間と共に生活することができました。アルタミラやラスコーの壁画にその痕跡を見ることができます。共同体生活を基本としたのです。集団狩猟も可能にしました。また、細身の体躯は摂取食糧のエコにも役立ちました。

○ 外海の「出津集落」は荒地と原野の外海地方は貧困にあえいでいました。江戸時代、大村藩と五島藩の提携により18世紀末に大量の開拓民を五島に移住させています。それ以前から、平戸方面の離島に密かに逃亡離散する人々が跡を絶ちませんでした。移住した人々の支えは「キリスト教の信仰」でした。最初に皆が集う「祈りの場」(後の教会堂)を求めました。今回世界遺産に指定された平戸地方の「黒島集落」、五島列島の「野崎島集落」「頭ヶ島集落」「江上集落」「久賀島集落」がその移住先に当たります。

○ 移住を許された土地は辺境の荒地・原野でした。雑木を切り岩石を取り除き、鍬1本で畑地を開墾しました。水利にも交易にも恵まれませんでした。
 明治になり「キリスト教禁教令」が解け、信仰の自由は欧米列強の明治政府への圧力によって与えられましたが、キリシタン(カトリック教会に帰ってきた信徒)の人々の生活困窮は続きました。フランスやスペイン・イタリアからやってきた宣教師(神父)の重要な仕事は「キリストの教え」を確かに伝え広めると共に、人々の生活基盤つくりでした。「出津集落」で生活改善に尽くしたド・ロ神父の活動は有名です。「浦上集落」では長崎に住む外国人の需要に合わせた新しい仕事を信徒に身につけさせました。牧畜・養鶏・肉屋・牛乳屋・パン屋・ハウスキーパー等です。

○ 世帯を持ちたい「出津集落」「浦上集落」等の次男・三男は移住を余儀なくされました。初期は九州各地の開墾地に移りました。福岡市の茶山・行橋市の新田原・熊本市の島崎・佐賀県の呼子等がそれです。
 熊本の島崎(琵琶崎)の中尾丸開墾地では、コール神父がマリアの宣教者フランシスコ修道会の5人のフランス人シスターとハンセン病者の治療療養に携わっていました。「浦上集落」の世話人高木仙右衛門の一族がこの地に移住し、農業から石材会社・タクシー会社を起業し私達の修道会の最大の支援者として尽力します。高木家は私達の学院との関わりも深く、50周年記念事業では「ルルドの聖母」を建立していただきました。
 人類ホモ・サピエンスは「祈り」と共にこの地球上で繁栄してきました。今こそ、その歩みを振り返り、よりよく生きることのあり方が求められます。