FC2ブログ
  福岡海星女子学院高等学校 福岡海星女子学院附属小学校 福岡海星女子学院マリア幼稚園  

【学校情報】2A 生徒 留学報告(オーストラリア)

1学期が終わりEaster Holidayに入りました。

私は、Cooloola Christian Collegeと言う学校に通っています。1学期は私にとってとても重要な学期でした。学校が始まる前は、「授業についていけるのか」、「友達を作ることができるのか」等たくさん不安がありました。しかし、初日にたくさんの生徒や先生が私に話しかけてくれ、分からないことがあったら優しく教えてくれ、英語の勉強を手伝いたいと言ってくれる人まであり、不安は一瞬でなくなりました。最初の頃は、教室がどこにあるか分からず尋ねることがあったのですが、周りの人に尋ねると、その教室まで連れて行ってくれました。授業では、こちらの生徒はたくさん発言をします。少し早くて聞き取るのが難しいですが、先生や友達は私が理解できるまでゆっくりと簡単な言葉で説明してくれます。

1学期は10週間あり、1週間目にSwimming Carnivalがありました。チームは、Green, Red, Blueの3つに分かれ、私は、Greenでした。それぞれチームの色の服を着てイベントに参加します。私のチームは最も多く点を取ることが出来ました。6週間目にはドラマの授業のパフォーマンスがあり、The Glass Menagerieという劇をしました。私は、劇についてを説明する役でした。説明が終わると先生や友達が"Good job" や "Well done" と褒めてくれたので嬉しかったです。最後の2週間は、授業の課題がたくさんあり忙しかったです。Artの授業の課題は、800から1000字で文章を書くこと、プレゼンテーションをすることでした。とても難しく、先生やホストマザーに手伝ってもらって何とか終わらせることが出来ました。9週間目の木曜日と金曜日、そして10週間目の月曜日にテストがありました。私が選択した教科はテストがなく、友達に「テストがないなら学校に来なくてもいいんだよ」と言われた時はとても驚きました。最終日は、Cross Countryでしたが雨で中止になり、授業がありました。

この1学期を振り返ると、悔しかったこと、悲しかったことがたくさんありました。でも、それ以上に楽しかったこと、嬉しかったこと、驚いたことは数え切れないほどありました。オーストラリアに来て一番嬉しかったことは、友達に「英語上達したね」と言われたことです。自分ではまだまだだと思いますが少し自信がつきました。

3月下旬には、ホストファミリーとホストシスターの友達とKings beachと言う場所に行きました。そのビーチの隣にはプールがありました。「海は波が強くて危ない」とホストマザーに言われたのでずっとプールにいました。ホストマザーは学校でドイツ語を教えており、とても知り合いが多いです。だから、ホストマザーと一緒に出かけると必ず生徒や知り合いに会います。生徒たちは、ホストマザーに話しかけたり、手を振ったり、彼女にとても親しみを持っています。私の夢は、オーストラリアで日本語教師になることですが、将来ホストマザーのような先生になりたいと思います。

この3ヶ月で、話すことはまだ難しいと思うときはあるけど、リスニングは日本にいた時よりも伸びた気がします。残りの留学生活も自分の目標を忘れず悔いのないように楽しみたいと思います。

野原イースター
△イースターの日に

野原海
△Kings beach