FC2ブログ
  福岡海星女子学院高等学校 福岡海星女子学院附属小学校 福岡海星女子学院マリア幼稚園  

【小学校の校長室から】インターネットの危険性から子どもを守る 教頭 米倉信彦

○1月30日(火)に保護者講演会が行われました。「インターネットの危険性から子どもを守る」という演題で、子どもねっと会議所代表の井島信枝先生から講演をしていただきました。
 先生のお話の中に「会話の中で言葉(言語)によって伝わる内容は、全体の35%ほどしかない」というものがありました。
スマートフォンの普及により、ネットデビューが低年齢化している昨今、小・中・高生を中心にラインなどSNSでの人間関係のトラブルがよく起こっています。顔を突き合わせることなく、画面上で短い文章での会話のやり取りをしていれば、コミュニケーション能力のまだ未発達な子ども達では、十分な意思の疎通ができず、トラブルが起きてしまうのは当たり前のことですね。これは、大人でも同じで、ラインなどSNSにばかり頼っていると、うまく物事を伝えられないばかりか、大変な誤解を招いてしまいます。
 しかし、現代社会で生きていくには、このインターネットを使わないで過ごすことは不可能です。むしろ、上手に活用していかなくてはならないでしょう。海星の保護者の皆様は、インターネットには、青少年に有害な情報が多く流通していることを十分に認識し、自分の子どもが正しくインターネットを利用しているかを把握していただくとともに、発達段階に応じてインターネットを適切に活用する能力の習得の手助けをしていただかないといけません。
 井島先生は、もう一つ興味深いお話をされ、私は印象に残りました。「スマートフォンのゲームを毎日30分という約束を決めてしている子どもと、何も約束がなく自由にゲームさせている子どもの学力を比較すると、明らかに前者の学力が高い。」というのです。これは、時間が来たらゲームをやめるという自己自制力が身についているかどうかの違いであると考えられます。何でも「ダメ」と禁止するばかりではなく、子どもに自ら考えさせ、何が大切なのか、正しく選んだり自制したりする力を身につける教育が大切だということです。マタイ福音書の中に『荒れ野の誘惑』という箇所があるのを思い出しました。保護者の皆様はこの箇所を読まれてどんなことをお感じになられるでしょうか。

【マタイによる福音4章1節~11節】

さて、イエスは霊に導かれて荒れ野に行かれた。それは悪魔によって試みられるためであった。そして、四十日四十夜、断食したのち、飢えておられた。そのとき試みる者が近づき、イエスに、「もし、あなたが神の子なら、これらの石がパンになるように命じなさい」と言った。イエスは答えて、「『人はパンだけで生きるのではない。神の口から出るすべてのことばによって生きる』と書き記されている」と仰せになった。
 次に、悪魔はイエスを聖なる都に連れて行き、神殿の頂きに立たせて、言った。「もし、あなたが神の子なら、身を投げなさい。『神はあなたのために天使たちに命じ、あなたの足が石に打ちあたらないように、手であなたをささえさせる』と書き記されているからです」。イエスは仰せになった。「『あなたの神、主を試みてはならない』とも書き記されている」。
 また悪魔は、イエスを非常に高い山に連れて行き、世のすべての国々とその華やかさとを見せて、イエスに言った。「もしあなたが、ひれ伏してわたしを拝むならば、これらのものを皆あなたにあげよう」。そこで、イエスは仰せになった。「サタンよ、退け。『あなたの神、主を拝み、ただ主のみに仕えよ』と書き記されている」。そこで、悪魔はイエスを離れた。すると天使たちがみもとに来てイエスに仕えた。