福岡海星女子学院高等学校 福岡海星女子学院附属小学校 福岡海星女子学院マリア幼稚園  

【小学校の校長室から】本当のクリスマス 教頭 米倉信彦

○12月9日(土)に海星小学校の行事の中で最も大切な宗教行事の一つである『開校50周年記念クリスマス会』が行われました。
第1部「喜びの部」は、今年度から発足した聖歌隊による歌「やみに住む民は光をみた」で静かに始まり、聖歌を歌ったり、聖書のみ言葉を聴いたりして、5年生の演じる聖劇「本当のクリスマスプレゼント」へと続きました。
聖劇の後半で、子ども達が言います。

す ず:「クリスマスには、イエス様を思い出して、周りの人に優しくする日なのよ。」

カレン:「今までクリスマスは、プレゼントをもらう日だと思っていたけど、本当は自分からプレゼントをあげる日なんだね。」

すみれ:「いろんなプレゼントがあるけど、イエス様が一番喜ばれるのは、目には見えない『優しさ』だと思うよ。」

私たちは、どんな気持ちでクリスマスを迎えるとよいのかよく分かる劇となりました。
 その後、キャンドルサービスが行われました。舞台中央のイエス様の前にあるロウソクから6年生の代表が炎をいただき、聖劇を演じた5年生、各学年の児童、教職員、そしてクリスマス会に参加していただいたたくさんの保護者の方へと広がっていきました。ロウソクの炎を見つめながら、聖歌「しずけき」を歌って、一足早いイエス様のご降誕をお祝い致しました。
 次に、第2部「お祝いの部」では、各学年が海星小学校の待降節に入って取り組んできたイエス様をお迎えする心の準備をクリスマスツリーやリースなどにしてお祈りと共にお捧げしました。運営委員会からは、みんなに協力していただいた募金をお捧げ致しました。今回は、児童・保護者を合わせて140,000円が集まりました。この募金は、修道会を通してアフリカやアジアの恵まれない子ども達のために使っていただく予定です。たくさんのご協力感謝申し上げます。

○カトリックの教会では、12月3日(日)から待降節(アドベント)がスタートしました。待降節とは、救い主(メシア)のご誕生を待ち望み、救い主をお迎えするにあたり、色々な心の準備をする期間のことなのです。
 先日、私は用事があったので、バスで天神に出かけました。市役所前の公園では、「クリスマス・バザール」という看板が出されており、綺麗なクリスマスツリーやサンタクロースの人形がたくさん飾られていました。そこに建てられているテントでは、クリスマスのグッズ販売が行われていました。デパートやお店には「クリスマスセール」という張り紙が出されており、たくさんの人が買い物をしていました。こんな救い主のご誕生をお祝いの仕方もあるのですね。できれば、お祭り騒ぎに終わることなく、海星の皆さんのように市民の方にも、本当のクリスマスを知ってほしいと思いました。
 マルコによる福音書の中に次のような箇所があります。

そのとき、イエスは弟子たちに言われた。「気をつけて、目を覚ましていなさい。その時がいつなのか、あなたがたには分からないからである。それは、ちょうど、家を後に旅に出る人が、僕たちに仕事を割り当てて責任を持たせ、門番には目を覚ましているようにと、言いつけておくようなものだ。だから、目を覚ましていなさい。いつ家の主人が帰ってくるのか、夕方か、夜中か、鶏の鳴くころか、明け方か、あなたがたには分からないからである。主人が突然帰ってきて、あなたがたが眠っているのを見つけるかもしれない。あなたがたに言うことは、すべての人に言うのだ。目を覚ましていなさい。」                         
                                        【マルコ福音書13節33~37】
 私たちは、本当のクリスマスの意味を知ることができました。12月25日まで静かに心の準備をして救い主のお生まれになる日を待ちたいものです。裏面にミサの時間の案内を載せております。教会に足を運ばれるのもいいですね。