FC2ブログ
  福岡海星女子学院高等学校 福岡海星女子学院附属小学校 福岡海星女子学院マリア幼稚園  

【小学校の校長室から】プレゼント 校長 山田耕司

○ キリスト教教会ではクリスマスを待ち望む待降節(アドベント)の季節になりました。
ヨーロッパの市街地広場はクリスマスマーケットで賑わっています。年に一度、遠く暮らす家族が帰ってくる季節です。大きなテーブルを囲み、母や祖母の作る我が家の味に舌鼓をうち、この1年を語り合います。
 また人々を救済するキリストの誕生を「待つ」季節です。「キリストの救い」は自分や家族にとってであり、人類の平和でもあります。主イエスを迎える準備を幼子から老人までそれぞれに行い「待つ」季節です。

○ 神さまが人間にイエスキリストを与えてくださったことに倣い、私たち人も他者に贈り物をします。寒空に家のない人にスープを配ります。アフリカの学校に行けない子どもたちにシスターを介して必要なモノを届けます。大好きなお祖母さまにお手紙を書きます。「おばあちゃま大すき!」

○ 海星小学校では、明日(12月1日)JOYクラブミュージックアンサンブルを3年ぶりに招いて「クリスマスコンサート」を開きます。9日(金)に「クリクマス会」を行います。本当のクリスマスを皆さまに味わっていただくために準備を進めております。どうぞお出かけくださいませ。

○ 一足先に海星小学校はたくさんのプレゼントを頂きました。ここで聖書の言葉に目を向けてみましょう。
そのとき、イエスは弟子たちにこのたとえを語られた。「天の国はまた次のようにたとえられる。ある人が旅行に出かけるとき、僕(しもべ)たちを呼んで、自分の財産を預けた。それぞれの力に応じて、一人には5タラントン(タレントの由来)、一人には2タラントン、もう一人には1タラントンを預けて旅にでかけた。さて、かなり日がたってから、僕たちの主人が帰ってきて、彼らと清算を始めた。まず、5タラントン預かった者が進み出て、他の5タラントンを差し出して言った。『ご主人様、5タラントンお預けになりましたが、ご覧下さい。他に5タラントン儲けました。』主人は言った。『忠実な良い僕だ。よくやった。お前は少しのものに忠実であったから、多くのものを管理させよう。主人と一緒に喜んでくれ。』」(マタイ福音書25・14-21) 神さまは一人ひとりに負担にならないタレント(能力・使命)を与えられます。人にはそれを使い増やす使命があります。

○ 先月の九州地区教員研修会の参加学校より反省記録がたくさん届きました。校長として嬉しくて嬉しくていくつかご紹介いたします。
●研修会の開会式に相応しい厳かな雰囲気で始まり、4年生の英語劇で心和み、研究テーマに基づいた授業実践発表で翌日の授業に臨む心構えができた。有意義な開会式であったと思う。●開会式後の児童発表は、子どもたちの活躍の場があってよいと思った。
●開会式の内容がとても充実していた。また児童の発表は圧巻であった。●子どもたちの英語劇がかわいらしかった。簡単な単語でもアクションと組み合わせれば、劇になると言う点、参考にさせていただきたい。 ●職員の方も保護者の方々もとても柔らかく接してくださり、心地よく2日間を過ごさせていただきました。学校と家庭が一丸となって運営されているなと感じました。ありがとうございました。●保護者ボランティアの方が白いエプロンを着用し、お辞儀をして大変気持ちよく案内をしていただき感謝です。●移動バスの乗車の細やかな配慮をはじめ、限られた時間の中でのていねいな案内や対応素晴らしかった。海星小学校の先生方、保護者・子どもたちを含めて学校挙げて、九州の先生方を迎えてくださったことに感謝しています。
●授業研究に加えて、児童発表や「研究の基本的な考え方」、3つの部による「実践発表」と先生方がいくつもの役割を受け持ち、どれも立派にやり遂げられたことに脱帽した。●保護者の方々の細やかな気配りがすばらしいと感じた。子どもたちも生き生きとしていた。日ごろの学校の雰囲気がよいのだろうと感じた。●保護者の皆さんの温かい「おもてなし」に感激しました。