福岡海星女子学院高等学校 福岡海星女子学院附属小学校 福岡海星女子学院マリア幼稚園  

【小学校の校長室から】ペトロの生き方 教頭 米倉信彦

○イエス様の12人の弟子の中にシモン・ペトロというお方がいます。彼はもともとガリラヤ湖で漁師をしていましたが、イエス様に声を掛けられ、最初の弟子となられました。12人の弟子たちのリーダー的存在で、イエス様のもっとも信頼を寄せられていた弟子です。大変おっちょこちょいで、何か言われたことにすぐ反応する方だったようです。マタイ福音書の中にこのような箇所があります。
ある時、イエス様がある地方に行かれた時、弟子たちにこのようなことをお尋ねになられました。


そこでイエスは、「では、あなたたちは私を何者だというのか。」と仰せになった。
すると、シモンペトロが、「あなたは生ける神の子、メシアです。」と言った。これに
答えて、イエスはペトロに仰せになった。「バルヨナ・シモン、あなたは幸いである。
あなたにこのことを示したのは人間の知恵ではなく、天におられるわたしの父である。

     (中略)

私はあなたに天の国のかぎを授けよう。あなたが地上でつなぐものは、天においても
つながれ、あなたが地上で解くものは、天においても解かれるであろう。」

     (中略)

この時から、イエスは、自分がエルサレムに行き、長老や、大祭司や、律法学者たちから
多くの苦しみを受け、殺され、そして三日目に復活することを、弟子たちに打ちあけ始めら
れた。すると、ペトロがイエスをわきへ引き寄せ、いさめて、「主よ、とんでもないことです。
そんなことはありません」と言い出した。イエスは振り返ってペトロにいわれた。「サタン、引
き下がれ。この誘惑者。あなたの考えは神のものではなく、人間のものである。」
                                 
                                   【マタイ福音書16節15~23】

最初はイエス様から最大限のお褒めの言葉をいただきましたが、その後イエス様のおっしゃることにすぐ反応して、今度はイエスに叱られてしまいます。彼は、物事をあまり深く考えないで行動し、何度も失敗をする方だったようです。彼は、失敗した後涙を流して後悔し、反省して前向きに生きてこられました。人間は、つい軽はずみな行動をとって失敗し、叱られることが多くあります。私も思い当たることが多々ありますが、ペトロのように反省し、何度も心を入れ替えて前向きに生きる(回心する)姿を見習っていきたいと思います。

○マリア様の青いマントのようなよいお天気に恵まれた10月8日、マリア幼稚園の運動会に参加しました。認定こども園4年目の今年は、0歳の天使組からA組の年長さんまでの全園児が参加しました。精一杯走ったり、踊ったり、どの子の目もキラキラ輝いていました。両親と手をつないで演技している園児は、本当に幸せそうなよい笑顔を見せています。親の愛情をひしひしと感じました。
年長さんは、檀上に上がって開会宣言や園児のあいさつ、準備運動や選手紹介の放送、ゴールテープ持ちなど色々な仕事を立派に行っていました。小さな子をしっかりお世話する年長さんと、先日小学校で行われたFSDの6年生の姿が重なって見えました。
 運動会最後の演目「パラバルーン」で年長さん達の息の合った演技を見て、 子ども達の可能性の大きさに感心させられました。この子達は、来年になると小学校に進んでいきます。どんな小学生になってくれるのかとても楽しみです。