FC2ブログ
  福岡海星女子学院高等学校 福岡海星女子学院附属小学校 福岡海星女子学院マリア幼稚園  

【小学校の校長室から】第22号 平成21年3月21日 校長 入江 純子

退任のご挨拶


新しい歌を
主に向かってうたえ(詩編 33)
            校長  入江 純子
 
 
今朝も子どもたちが、胴吹きの桜の花を見つけ感嘆しています。
私が福岡に参りましたのは6年前でした。福岡県の荒木村が私の祖父の故郷です。父は私が福岡に派遣されたことをとても喜んでいました。一度も降り立ったことはなかったのですが、車窓から先祖が眺めたであろう山、川、田畑に親しみを感じながら通過したのを思い出しています。
 赴任後2ヶ月余りして松本海君一家の悲しい事件に遭遇いたしました。今、海君をしのぶ海桜がピンクの花をつけています。
 彼が詠んだ句碑が側に立っています。
     春風に 背中おされて 学校へ
 級友がその年の慰霊祭に
     亡き友の 笑顔悲しい 慰霊祭
     北風に うたれて育て 海桜
と詠みました。子どもたちから力をいただきながらこの時を乗り越えられたと思っています。
 また宗教の時間に、宇宙の創造(137億年前)、太陽系の軌跡、地球の生い立ち(46億年前)命の誕生(36億年前)などを話しました。こんなに準備され、今、生かされている自分の存在に畏敬の念を抱き自他共に大事にする子どもであって欲しいと伝えました。
 すると目の前にいた5年生の子どもが「ひょっとして 僕は46億歳 ?」とぼそっと言いました。
この豊かな感性を持った子どもたちとのかかわりに新鮮さを覚えると同時に責任を感じる毎日でした。今日はどんな出会いがあるだろうかと校庭の広い空を眺めながら嬉々として遊ぶ子どもたちに向かって自転車を飛ばしました。無垢な笑顔と屈託のないおしゃべりに「神の国はこのような者たちのものである」(ルカ18)と幼子を側に呼ばれたイエス様のみ言葉がすとんと心に落ちる思いがしました。
この間、保護者の皆様には大変お世話様になりました。大きなお力添えをいただきありがとうございました。喜びの日々を心より感謝申しあげます。
 私は4月より東京の本部修道院に参ります。また 新しい人とのかかわりが自己発見の時になりますようにと願っています。
日々新しい歌を主に歌いつつ海星ファミリーの皆様が美しく恵みの時を過ごされますようにお祈り申しあげます。



笑顔いっぱいの海星っ子へ
           教頭 井本 喜久江


正門の桜がこの暖かさに一度に咲き始めました。足元には、土筆の赤ちゃんが顔をだしています。2年生の女子が「おはようございます」と挨拶したとたん「先生、つくしが・・・」
 朝、正門に立ってあいさつをしていると、日々新しい発見、出会いがあります。3学期は、日に日にあいさつの声が大きくなって、いまでは老司池の向こうから元気に「おはようございます」1年生女子の登校です。大好きな6年生と手をつないでうれしそうに登
校する仲良し3人組。あいさつの声も弾んでいます。お家の方に学校まで車で送っていただいて「いってきまーす」「おはようございます」。正門近くは、あいさつがいっぱい。優しい心のプレゼントがあふれています。学校見学にいらっしゃる方に、海星小のありのままの姿をみていただきます。ご案内するとき、説明している自分が、海星小学校っていい学校・子どもたちだな! 愛のある学校・子どもたちだな!と感心させられるのです。廊下ですれちがうと、笑顔でペコリ、見学の方もつられて会釈。授業を見ていただこうと、「おじゃまします。お勉強をみせてください。」というと、「いいですよ。おはようございます」何とも言えない和やかな空気が漂うのです。
海星ファミリーの一員として過ごさせていただいた約5年間、マリア様に見守られて、安心して過ごすことができました。子どもたちを通して、たくさんの保護者の方々との出会いをいただきました。たくさん支えていただきました。感謝申し上げます。

児童の皆さんには、私からのメッセージを送ります。
  
心のスイッチ

人間の目は ふしぎな目 すばらしい目
たったこれだけのしくみで 何でも見える
しかし この目も
見ようという心がなかったら 何も見えはしない
 人間の耳は ふしぎな耳 すばらしい耳
たったこれだけのしくみで 何でも聞こえる
しかし この耳も
聞こうという心がなかったら 何も聞こえはしない
 手も足も 脳みそだって同じだ
心が働かないと 手や足や脳みその働きをしなくなる。
スイッチを入れないと
電燈の光が出ないと 同じように
人間も 心のスイッチを入れないとすばらしいしくみだけでは
人間としての光を放つことはできない。

 さあ 皆さん心のスイッチを入れて
 自分の光を放せる人になってください
 

音楽に向き合う真っ直ぐな心
        音楽専科 下田 房代


初めての音楽に出会う時,「曲の名前は?」「どんな感じの曲?」幾度となく子どもたちに問いかけた言葉です。まるで初めての友達に出会う時のように、音楽に向き合って欲しいという私の願いからです。
「心」の上に「音」と書いて『意』。私の好きな一文字です。
音楽には、いろいろな心が込められています。今は
亡き作曲家の思いだったり、その曲を奏でる演奏家の気持ちだったりします。
海星小学校で過ごした6年間を振り返ると、いろい
ろな事が思い出されます。
マリア様にお捧げする柔らかい歌声、ファミリース
ポーツデーの力強い歌声、平和の祈りを込めて歌った5・6年生の眼差し。クリスマス会の聖劇の中で、歌も台詞の一部だと、自分たちの役として背筋を伸ばし
て歌う姿。合奏に取り組む時には、昼休みも音楽室に練習に駆け付ける姿。私がいろいろと奏法を説明するより、「キーンではなくリーン」とか「お参りに行くのではなくルンルン気分でお散歩」と言うだけで、子ども達の音色が変わります。豊かな感性を持つ子ども達に驚かされることもたくさんありました。
そこにはいつも子ども達の音楽に向き合う真っ直な
心がありました。これからも、歌に込められている
思い、自分の望みや意志を、音楽を通して伝えて欲
しいと思います。そして、音に込められた心を感じ
を味わうことができる子どもたちであって欲しいと
願っております。
最後に、海星の子ども達の歌声や演奏によって、励まされたり勇気付けられたりしながら、今日まで過ごさせて頂いたことを感謝します。

~神様との出会い~
   1年生副担任・図工専科・家庭科
               久木原 真理


校庭の桜のつぼみがふくらんで、うすいピンク色の顔を覗かせています。春がそこまでやってきています。
毎年見事に咲き誇る海星小の桜ともお別れです。今
年度で海星小を去ることになりました。公立の小学校に勤めていた私にとって、海星小との出会いは、とても新鮮なものでした。豊かな緑の中で健やかに育つ子どもたち、そして子どもたちの成長をいつも見守ってくださるマリア様・・・静かで心落ち着く学校です。神さまの愛にどんなときも包まれて、人に、ものに、出来事に感謝しながら子どもたちとともに過ごすことができました。お祈りの中に「いつも神様が見ておられることを考えて…」という言葉があります。海星小を離れても「私の側には神様がいてくださる(見守ってくださる)」と思うと、自然に希望と勇気がわいてくることでしょう。海星小には、全ての人々をいつもやさしく見守ってくださる神様がおられます。子どもたちの未来に輝くかわいい笑顔をみていると、誰もがそう信じることでしょう。
 たくさんの子どもたちをはじめ、保護者の皆様には大変お世話になりました。ありがとうございました。

この度、校長先生をはじめ4人の先生方がご退任になられます。校長先生は、本部修道院の院長という重責につかれます。校長先生のよきパートナー教頭先生は、ご自宅で待たれているご家族のもとに専業主婦として復帰されます。
 下田先生は、大学教員への道を目指されます。
 久木原先生は、再び公立小学校に戻られます。
 それぞれの人生の中で、神様の用意された道を歩まれます。長い間本校のため、子どもたちのために大きなご尽力を頂きました。ありがとうございました。どうぞお元気でお過ごしください。今後のご活躍とご健康をお祈り致しております。      
 副校長   山田 耕司