FC2ブログ
  福岡海星女子学院高等学校 福岡海星女子学院附属小学校 福岡海星女子学院マリア幼稚園  

【小学校の校長室から】充実した2学期に! 校長 山田耕司

〇 もう15年くらい前のことでしょう。当時福岡県小学校社会科教育研究会の世話役をしていました私の学校に、研究同人の権藤與志夫先生(元九大教育学部長)がたびたびお寄りくださいました。そのご教授で後に大学に勤めることにもなりましたし、仏教への関心ももつようになりました。ある時購読する新聞が話題になり、「文化教育欄は日経がいいですよ」のご推薦があり、朝日・西日本と共に読むようになりました。今回ご紹介していますのも日経のコラムです。社会学者の橋爪先生(プロテスタント信徒)が、旧約聖書出エジプト記の言葉「心配するな、何を語るか私が教える」に触れ、「子どもは、そこに存在するだけで価値がある。そして自分で変化する。大人は、その成長の環境を整えるだけ。その変化の、ほんの手助けをするだけだ。」と結ばれておられることに共感します。

○ 長い夏休みいかがお過ごしでしたか。自由研究ははかどりましたか?
私は北海道旅行の1日、4年生の孫娘を自由研究の一つにと、白老町の「ポロトコタン」に伴いました。移民が100万人を越えた日本は、外国人労働力に依存し共生する時代がそこまで来ています。日本は単一民族の国と誤解しがちな子どもに、「北日本には昔から北方狩猟民族アイヌが住んでいたんだよ」を気づかせたいと思いました。白老のポロトコタン(アイヌ語で大きな湖の集落の意味)は、中学校の教科書にも採用される民俗遺産です。
 湖のほとりに6軒の家屋があり民俗舞踊も公開され資料館展示もあります。孫娘は「私にはちょっと無理」さえない表情です。それでもアイヌの歌を聞き、集落の写真撮影とアイヌ舞踊の録画は撮りました。アイヌ民話の絵本も1冊求めました。次に何かのきっかけで自身で紐解くとよいでしょうから。「子どもは、そこに存在するだけで価値がある。そして自分で変化する。大人は、その成長の環境を整えるだけ。その変化の、ほんの手助けをするだけだ。」

○ 1年でもっとも長い2学期のスタートです。創立50周記念行事「木製遊具」が南運動場に設置されました。9月はファミリースポーツデーに向けての練習が多くなります。10月は九州地区教員研修会で200名の先生方が来校されます。3年間取り組んできました本校のアクティブ・ラーニングを公開します。11月3日は「愛校バザー」です。私たち大人にもたくさんの喜びをもたらしてくれる子どもたちの活躍が楽しみです。充実した2学期にいたしましょう!

IMG_7496.jpg

IMG_7497.jpg