FC2ブログ
  福岡海星女子学院高等学校 福岡海星女子学院附属小学校 福岡海星女子学院マリア幼稚園  

【学校長より生徒へのメッセージ】平成28年1月20日(講堂朝礼)マタイ6.28-30  摂理への信頼

平成28年1月20日(講堂朝礼)マタイ6.28-30  摂理への信頼

昨日は福岡でも5 cmの積雪があり,2時間遅れたスクールバスもありました。この寒さの中,東日本の人々や福岡市内の900名の野宿労働者の方々はどのような状況に置かれているのでしょうか。ここにいる私達には一般的生活があり,寒さを凌ぐ環境がありますが,この寒さが私たちに教えてくれることがあります。天候や自然は神から与えられたもので,私たちの存在もその一つに過ぎません。交通渋滞の中,待つ時間を与えられたからこそ,これからの自分の歩みや悩みや課題について深く思いを巡らすことができるのです。
人は,挫折を繰り返す中から希望を見出し,それを紡ぐことによってより良い発展を遂げることができます。冬の部分があるからこそ,春が来て花が咲くように,センター試験に続いて大学の試験を受ける受験生には,苦しい今の歩みが大きな飛躍につながることを信じて時を過ごしてほしいと思います。
今の季節が,寒さをともに生きる生物と人間の良い分かち合いになることを願います。