FC2ブログ
  福岡海星女子学院高等学校 福岡海星女子学院附属小学校 福岡海星女子学院マリア幼稚園  

【小学校の校長室から】平成26年3月1日 校長 山田 耕司

若者たちのメッセージ

○ ソチ冬季オリンピックの若者たちのメッセージを私たちはどのように受けとめましょうか。
オリンピックは純粋のスポーツの祭典に加え、エンターテインメントとしての側面を持ちます。加熱しやすい民族や人々がマスコミの取り上げ方に乗りさまざまな様相を展開します。  
今回のオリンピックも、子どもたちの生き方に多くの示唆を与える出来事が紹介されました。雪と氷を持たない国は参加できません。
東アジアの国々の選手が技量を高めるためには、欧米各地を転戦しなければなりません。家族が経済的支援に努力するお話も数多く伺いました。幼児・児童のころからの夢が十数年後に実現するケースばかりです。

○2月21日朝日新聞朝刊の記事です。(ホームページに、この部分は載りません)


○ 4度目の挑戦の上村愛子さんは4位、メダルまであと一歩でした。爽やかな口元が印象的でした。15歳中学生の平野歩夢くんは、初出場で銀。メダリスト最年少記録を更新しました。金が期待された17歳の高梨沙羅さんは、不運の4位でした。その目に次への意志を感じました。41歳の葛西紀明選手は、22年目にしてメダルに届きました。19歳で天才と謳われましたが、長野の団体では補欠、何度も挫折を経験し、不安・あせり、そして練習過多。リラックスのコツをつかんだ今回、その才能が開花しました。国際ルールの度々の変更に低迷した日本ジャンプの復活です。その陰で、長野オリンピック金メダリスト船木さん(葛西さんの3歳下)も未だ現役で、4年後の韓国・平昌をめざしています。

○2月22日日本経済新聞朝刊の記事です。(ホームページに、この部分は載りません)


○ 15歳から国民的アイドルにまでなった浅田真央さんは、その期待を一身に受け、お母さんの面影を抱き懸命に舞いました。ウインタースポーツは、自然と共生しながら競い合う競技ですから、どんなに高い技能や感性を身につけていても100%ということはないそうです。SPとFREEの対照的な浅田さんを見せてもらった内外の多くの人々が、スポーツが与えてくれる感動を、じっくりと幾度も味わいました。

○ 若者たちの競技と表情とコメントは、大人たちへのメッセージです。それは学芸会で、本校の子どもたちが私たちに示してくれたものと重なります。
「教育」は、未発達な存在を教え育てるものですが、時には「響育」の場合もあります。「行う人」と「観賞する人」が互いにつながり、喜びを分かち合う清々とした気持ちを味わいます。
 
 卒業・修業の月、3月です。次のステージでも大人たちへの大切なメッセージがあると期待しています。