FC2ブログ
  福岡海星女子学院高等学校 福岡海星女子学院附属小学校 福岡海星女子学院マリア幼稚園  

【小学校の校長室から】平成25年12月14日

 学院創立50周年記念に寄せて            
 
「マリアさまと共に50周年」、 1964年(昭和39年)マリアの宣教者フランシスコ修道会によって設立された本学院は、高楼のマリアさまに見守られて2013年(平成25年)、学院創立50周年を迎えました。本校では、昨年のクリスマス会より1年間をかけて、学芸会・ファミリースポーツデー・愛校バザー等、創立50周年にふさわしい記念行事になるようにと取り組んできました。
創立記念日の12月8日(日)には、たくさんのご来賓をお迎えして、高等学校・附属小学校・マリア幼稚園と学院全体が心を一つにして取り組んだ「福岡海星女子学院創立50周年 感謝のミサ・記念式典」が行われました。
曽根 忠明 神父様(イエズス会・上智学院)・増井 啓 神父様(イエズス会・上智福岡)・アルビン 神父様(カトリック老司教会)の司式により行われた「感謝のミサ」には、高等学校の生徒達と共に、小学校の子ども達も全員与ることができました。小学生による 入祭の歌「Walk in the Light」で始まったミサは厳かで、ほとんどの子どもにとっては初めてのミサでしたが、大変心に残るものになったようです。ミサの中で、幼稚園・小学校・高校の代表者が捧げものを供え、その説明をしました。小学校は、一人ひとりが笑顔の自画像を描き、全員分をパネルに貼ってお捧げしました。「創立50周年感謝のミサは、50年に一度しかない特別のミサです。参加できたことに感謝しなければと思います」「僕は途中で転校してきたのですが、もしかしたら神様によばれたのかもしれません」 4年生の子ども達の感想です。
ミサの後に行われた記念式典では、5年生の子ども達が代表で式典の歌「ありがとう」を歌いました。何度も練習を重ねていたこともあり、心をこめて、素晴らしい歌声をお聞かせすることができました。
当日のパンフレットより、一部をご紹介いたします。


〈50周年記念事業・行事〉
○創立50周年記念ルルドの岩窟完成
 創立50周年の記念事業として建設が進められていた「ルルドの岩窟」が前庭に完成しました。
10月30日には高木善行神父様(理事・サンスルピス会)・小崎次郎神父様(監事・イエズス会)の司式により「ルルドの聖母祝福式」が行われました。天には塔上のマリア様、地には前庭のマリア様、海星の園児・児童・生徒達はいつの日もマリア様のあたたかなお守りの中で学院生活を送ることができます。


○創立50周年記念新園舎建築
 小学校に隣接して新園舎を建築しています。   国の施策に伴い平成25年4月より、「認定こども園」としてバージョンアップします。 
認定こども園は、就学前のこどもに幼児教育・保育を提供する機能と地域における子育て支援を行う機能を備える施設です。
保育園も併設されますが、これまでの教育方針を変えることなく、幼稚園・保育園共に、こどもたち一人ひとりが心豊かに成長出来るよう関わっていきます。加えて、地域の子育て支援にも積極的に関わります。マリアさまを知るこども、祈りをするこどもの輪が更に広がります。


○創立50周年記念記念演奏会

「エリザベト音楽大学交響楽団」
 あのカラヤンの代役を務めた経験を持ち、2006年からは仙台フィルハーモニー管弦楽団の指揮者に迎えられた山下一史の指揮のもと、エリザベト音楽大学交響楽団の方々の演奏が行われました。
楽劇「ニュルンベルクのマイスタージンガ-」
               R.ワーグナー
交響曲「ローマの松」「ローマの祭」
               O.レスピーギ
約90名の団員の方の演奏は、素晴らしく迫力あるものでした。また、3階からの(後方)演奏も加わり、フルサウンドの演出を体感できた生徒・児童達は感動の拍手を送っていました。


「管楽器とピアノのアンサンブル」 
卒業生の近藤絵美さん(14回生)をコンサートマスターに、フルート・ピアノ・クラリネット・オーボエの女性カルテットに1年~3年生の子どもたちは管と弦の優しい音色にうっとり。ボディパーカッションも楽しみ、音楽がますます好きになる体験をしました。



〇2枚の油絵の寄贈
 福岡教育大学名誉教授示現会会員の宮﨑 集画伯より100号の油絵を2枚寄贈していただきまた。
1枚は「スペインの教会」で高校の応接室横に掛けさせていただきました。
 もう1枚の絵は「アシジの聖フランシスコ大聖堂」で本学院に所縁のある素晴らしい絵です。小学校のフランシスコホールに掛けています。 


〇サン・ダミアノの十字架
 図工の松永先生を中心に、小学生と職員全員で協同制作に取り組みました。「アシジのフランシスコのサン・ダミアノの十字架」のタイル一枚一枚に色を塗りました。最後は陶芸の里有田の職人さんによって窯で焼かれ、280㎝×200㎝の大きな十字架が完成しました。
小学校校舎の外壁に掲げられ、12月2日にエドウィン神父様(カプチン・フランシスコ会)の司式で祝福式を行いました。
これからは、学院の原点である「愛ある精神」をこどもたちに諭してくれるはずです。
 この学院に通う一人ひとりは、神様によって集められました。そして一人ひとりに神様から与えられた使命があります。私たちがその使命を果たす努力を重ねることで、真の平和が訪れます。
「さあ、行きましょう。主の平和のうちに。」