FC2ブログ
  福岡海星女子学院高等学校 福岡海星女子学院附属小学校 福岡海星女子学院マリア幼稚園  

【小学校の校長室から】子どもたちに伝えてほしい 校長 山田 耕司

○ 2019年12月上旬、全国の私立小学校の校長先生方の研修会がありました。3人の専門家の先生から子どもたちへの伝言を預かってきましたので、「地の塩」を通してお伝えします。海洋生態系学者野村英明先生、JAXA宇宙航空開発研究者木部勢至朗先生、童話作家角野栄子さん。冬休みに入る前にどうぞご家庭で共有して頂きたいと願います

○ 海洋生態系学者野村先生の話です。
 海洋プラスチックごみが地球環境上大きな課題です。汚染が最も進んでいるのは北半球のアジアの海です。ごみの1/3がここにあります。2026年には4倍になります。海流によってごみは拡散されます。海には生命の連鎖があり、より大きいものが小さいものを食う世界です。最微小生物は植物プランクトンです。このプランクトンは陸上植物とほぼ同じの400~500億トンの炭素を吸収します。
 科学にもっと興味をもってください。自分の考えで一度考え納得することで自分の知識になります。何事にもモニタリングが大切です。メディア情報はショッキングなものばかりに集中しがちです。注意し、深く読み解くことが大切です。科学は人が作ったものだから間違うことがあります。自分で考え科学的な情報を整理し知識基盤をつくること。人の意見を聴くこと、自分の考えを見直すこと。どれも欠かせません。

○ JAXAの木部先生の話です。
 人類はなぜ宇宙開発を行うのでしょうか?
人工衛星や宇宙ステーションから見ると空気がないので星がよく見えます。天文観測・通信・放送・GPSに効果的に利用できます。宇宙環境は微小重力・高真空・高密度太陽エネルギーです。これを利用して地上の生活に役に立つことを目指しています。宇宙で太陽光発電もできます。
 人間には「何があるか探検する」DNAが刷り込まれています。大航海時代も人類の活動領域拡大のために探検がさかんに行われました。人間は人類や地球の「来し方、行く末」を明らかにしたいと思っています。生命の起源・宇宙や太陽系の起源・地球外生命体の探索。月の資源を地球に持ち帰り使いたいとも思っています。
  もう一つあります。ある規模の「人類のCommunity」が宇宙に存在するようになった時、多民族・異文化の人々がつくる、国境のない新しいCommunityとはどのようなものになるのだろう?そこではどんな文化が花開くのだろうか?それを見る地球に暮らす人々は、国境・宗教・思想などにより対立し戦い続けているのであろうか?宇宙開発は人類の大きな「営み」を可能とする手段を提供します。

○ 国際アンデルセン賞2018受賞の角野栄子さんは「魔女の宅急便」で著名な日本を代表する童話作家です。
「子どもが幼いときに良質の物語に出会うことがどんなに大切か」を話します。現在鎌倉で100人の子どもを対象に定期読書会を開いております。私は母が早世したので父子家庭で育ちました。戦時中本のない時代、父が3人の子に語る物語を楽しみに成長しました。すべての人が物語を読むところから人生は出発しています。ある時文科省の会合で「児童文学作品を100冊読んでいる人を教員に採用して下さい」と発言しました。「本を読む子どもたちが少なくなった」と言われますが、子どもは本を読む素敵な大人に出会っていないのです。今思えば父の語る口調のリズムが角野栄子の文章のリズムになっています。父の言葉が音が私の中に蓄積されています。若い頃2年ほどブラジルに移民をしていました。私の言葉・文化の先生は安アパートに同居する9歳のスペイン系の男の子でした。町中を案内してもらいながら言葉を表現を文化を習い(倣い)ました。音を大事にしないとCommunicationは成り立ちません。伝わりません。
小1のとき、声を出して教科書を読んでいたら父から誉められした。「いいねえ」。自分で最後まで読まなければ「読書」ではありません。好きな本は見つかりません。「読み聞かせ」を豊かに体験し「読書」にのめり込む、楽しい人生を経験して下さい。

○ 私は「おはなしやさん」と「海星100冊」の教育活動をすすめる福岡海星小学校の応援歌を頂いた気分でした。
「科学者はなぜ神を信じるのか」理論物理学者にしてカトリックの聖職者(助祭)である三田一郎博士の著書(講談社)のタイトルです。科学者だって空想することは必要です。目に見えない結果を想像できるから実現しようと思います。詩人や作家なら不可欠でしょう。目に見えないものを信じるという力は、人間が生き延びるための基本的な力です。
 海星っ子の皆さん、クリスマス・年末・年始・お正月、素敵な充実した冬休みを過ごしてくださいね!

【今日のマリア幼稚園】聖歌隊☆

先週はゆり組、ばら組、ひまわり組のクリスマス会が行われ、心温まる素敵な会となりました☆
保護者の皆様のご協力ありがとうございました。

あじさい組、もみじ組、すずらん組、もも組、は今週末のクリスマス会に向けて練習を頑張っているところです♪


今日はゆり組ひまわり組が小学校に聖歌隊の歌を聞きに行きました。

1_201912121715308ac.jpg



2_20191212171531976.jpg

こども達も聖歌隊の歌声に感動し自然と拍手を送っていました!
また、この素敵な歌声を聞く機会があるといいですね☆

【教員募集】高校教員募集

高 校 教 員 募 集

◆学校名 福岡海星女子学院高等学校 

◆採用教科: 家庭科 (常勤講師)
          音楽科 (非常勤講師)     

◆採用人数: 各教科 1 名

◆採用予定日 令和2年4月1日 ~ 令和3年3月31日  
         ※音楽科講師の採用期間は令和2年4月1日~令和2年12月31日まで

◆待 遇  ①常勤講師の場合       
        〈給与〉学院規定によります(福岡県給与表に準じる)
        〈加入保険〉社会保険(私学共済)・雇用保険を適用します。
        ②非常勤講師の場合
        〈給与〉学院規定によります(福岡県給与表に準じる)

             
◆応募資格  高等学校教員免許取得者
        ※聖書やカトリックに理解のある方
        ※本校の教育方針を理解し、やる気と情熱のある方
       
◆必要書類  ①履歴書(自筆)
       ②職務経歴書
       ③教員免許状写し
        ※応募書類は、返却いたしませんので、ご了承ください。
        ※個人情報は、採用以外には使用いたしません。

◆書類送付先 上記書類を下記までご郵送ください。
        〒811-1346  福岡市南区老司5丁目29-3
        学校法人福岡海星女子学院 事務室 
※封筒に「教員応募書類在中」と朱書きしてください。

◆応募締め切り  令和元年 12月 13日(金)

◆選  考  1次:書類審査・・・書類選考通過者のみ2次試験の日程等を連絡します。

【部活動情報】吹奏楽部 アンサンブルコンテスト金賞受賞

吹奏楽部 第48回福岡アンサンブルコンテストで金賞受賞

令和元年12月7日(土)福岡吹奏楽連盟主催の
第48回福岡アンサンブルコンテストが筑紫野市文化会館で
催されました。高等学校の部では、参加全39団体中上位11校が
県大会へ推薦されます。
海星は打楽器4重奏(田上 双葉、吉永 萌楓、有村 香南、
清水 初衣)で山澤洋之作曲、「花回廊/風龍」を演奏し、金賞
受賞(福岡支部代表権獲得)しました。
次の県大会は12月22日にイイヅカコスモスコモンであります。



12月7日(土)午後、天神大丸前パサージュ広場では
キリスト教学校クリスマスフェアに出演し、サックス6重奏で
ピアソラ作曲「ブエノスアイレスの春」、合奏で「名探偵コナンメイン
テーマ」を演奏しました。

【今日のマリア幼稚園】クリスマス会~3号未満児~

 本日無事にクリスマス会を迎え、終える事が出来ました。

 てんし組
 「おもちゃのマーチ」

 1クリスマス会

 ほし組
 「赤鼻のトナカイ」

  クリスマス会2

 ひかり組
 「どんないろがすき」

  3クリスマス会

  皆様、最後まで温かく見守っていただき、ありがとうございました。

【学校長より生徒へのメッセージ】令和元年12月4日 

令和元年12月4日   

 教皇フランシスコが来日され,長崎,広島を訪問された後,東京に行かれ,東日本大震災で被災された方々,上智大学の学生にも会われました。今回の訪問は「すべての命を守る」というテーマで,それに添ったメッセージが発信されました。教皇フランシスコは命をどうとらえているのでしょうか。
 創世記1章31節に『神はお造りになったすべてのものを御覧になった。見よ,それは極めて良かった』とあります。この1節が命を考えるときの物差しになっています。神様がお造りになって,極めて良いとされている一人ひとりの命ですが,毎年,温暖化による災害でその多くが傷つき,失われています。4年前に本校を卒業した永江早紀さんの活動が11月28日の朝日新聞夕刊に載っています。スウェーデンの16歳の環境活動家,グレタ・トゥンベリさんの気候危機の訴えに触発され,福岡でのマーチ(デモ)に中心的に関わりました。私たちも,命を守る活動に,今日から参加してほしいと思います。

【今日のマリア幼稚園】12月になりました☆


今週末はいよいよクリスマス会です。
こどもたちは毎日一生懸命練習を頑張っています。
マリア幼稚園もクリスマスの準備をし
馬小屋やクリスマスツリーを出しました。

DSC01628.jpg


またお部屋では献金・わらを捧げた
お祈りをしているこども達の姿があります。
ここで集まった献金・わらはクリスマス会 第三部で
行われるみんなの礼拝でクラスの代表がお捧げをします。

<わら>

DSC01615.jpg

DSC01633.jpg

<献金>

DSC01611.jpg


また、各クラスにアドベントカレンダーもあります。
マリア幼稚園では終園日を基準に毎日数えており、
こども達は毎日増える飾りを楽しみにしています☆

クリスマスツリーは北通路に飾っていますので
是非覗きに来てくださいね。

【学校情報】2A生徒 留学報告(カナダ)

留学生活も段々と残り少なくなってきました。
11月に入ってからは、とても冬らしい季節になってきました。11月後半からはみんなクリスマスの準備をし始めました。雪が積もり、0度を下回るほど寒い日々が続いています。

11月はとにかく数学と英語の勉強で忙しい月でした。数学では、先月と変わらず1週間に一回はテストを受けます。前までとは違い、家に帰ってすぐに宿題を終わらせて、しっかりと教科書の問題を解いて、丸つけまで行うように心がけました。すると、単元テストではクラス1人だけ満点を取ることができました。努力は実を結ぶと言うことを改めて感じることができました。
そして英語では、シェイクスピアの四大悲劇とも言われるマクベスを勉強しています。普通の物語とは違い、日本語で言う古文のような表現をした英語であるため、話についていくのが必死です。しかし、色々と前もって調べたり、本を読んだりして追いつくための工夫をしています。

もうすぐクリスマスであるため、みんなクリスマスプレゼントの準備で忙しい毎日です。カナダで過ごすクリスマスは初めてなので、とても楽しみです。来週からはホストマザーとホストファザーは2週間旅行に行くそうです。その間、私達はホストグランドペアレンツにお世話をしていただくことになります。ホストグランドペアレンツとはなかなか会う機会が少ないので会えるのが楽しみです。
12月はいろんな行事がたくさんあるので楽しみです。残り少ない留学生活も精一杯楽しみます。

▽友達とイルミネーションを見に行った写真です。
kannna12.jpeg

【今日のマリア幼稚園】手づくりお弁当の日

11月29日金曜日は、手づくりお弁当の日でした。
こども達は、友達とたのしそうにお話をしながら、お父さんお母さんの作ってくれた
お弁当を美味しそうに食べていました。

続きを読む »