FC2ブログ
  福岡海星女子学院高等学校 福岡海星女子学院附属小学校 福岡海星女子学院マリア幼稚園  

【小学校の校長室から】第19号 平成22年2月1日 校長 山田 耕司

塩のたとえ      

「塩は良い物である。しかし、塩がそのききめを失ったならば、何をもって塩気を取り戻せようか。畑にも肥料にも役立たない。そとに投げ捨てられるばかりである。聴く耳のある者は聴きなさい。」
                                         (ルカ14, 34-35)

O 「塩のたとえ」の話の中で、イエス様は私たちに何を教えようとされているのでしょうか。塩は神様から私たち一人ひとりに授けられたタレント(贈り物)を意味します。一人ひとりに与えられたかけがえのないものです。同じものは一つとしてありません。私たちは、自分のタレントを神様のために、友だちのために、家族のために、自分のために役立てていますか。役立つ喜びを味わって神様に感謝し御礼を言っているでしょうか。

続きを読む »