FC2ブログ
  福岡海星女子学院高等学校 福岡海星女子学院附属小学校 福岡海星女子学院マリア幼稚園  

【学院の風景】紅葉

紅葉

11月 ぽかぽか陽気が続きましたが、学院内は美しい紅葉の
風景を眺めることができます。セミナーハウスまでの林の道を歩くと、
なんと騒がしいことでしょう。紅葉した葉がはらはらと落葉する音や
そこかしこで、どんぐりの実が落ちて転がる音、メジロなどの小鳥たちが
花の蜜はここだよと仲間によびかける鳴き声。どこからか冬支度、冬支度と
声が聞こえてきそうです。

PB273760_convert_20181130141009.jpg
△赤い葉の桜とイチョウ
PB273773_convert_20181130141147.jpg
△日差しに映える紅葉
PB273765_convert_20181130141034.jpg
△正面玄関横のイチョウ
PB273787_convert_20181130141058.jpg
△林の中のつわぶきの花
PB273788_convert_20181130141124.jpg
△日陰に赤い実をつける千両

【学院の風景】8月

8月

今年の夏は、気象庁が災害クラスと警鐘を鳴らしたくらいの
猛暑でした。
県内の小中学校では、この暑さのために夏休みを延長したり
授業を短縮したりという対策をとられたところもあるそうです。
植物のなかには、連日の暑さで葉が枯れたものもありました。

P8273396_convert_20180827162019.jpg
△夏の花 サルスベリ

P8273403_convert_20180827161951.jpg
△オレンジコスモス

P8273393_convert_20180827161903.jpg
△カチガラス

P8273398_convert_20180829093902.jpg
△水枯れしたシダ

【学院の風景】7月

7月

7月は連日の大雨に始まり、猛暑による熱中症でなくなる方が続出。
九州豪雨から1年がたちましたが、被災地には流木が大量に残ったままだそうです。
西日本を襲った「平成30年7月豪雨」は平成最悪の被害と報道されました。
亡くなられた方々のために心からお祈り申し上げます。

下旬には前例のない進路をたどった台風には目が離せませんでした。
世界的にも気候の変化が見られ、生態系が崩れるのではと心配されます。
海星では、雷が落ちてネット関係に支障をきたしました。

校内ではこの暑さに、だんご虫やカブトムシが涼を求めて校舎の中に進入していました。


P7063032_convert_20180801114311.jpg
△猛烈な雨が降り続きました

P7133073_convert_20180801114230.jpg
△カブトムシのメスが高校第二校舎の入り口に

20180714_182750_convert_20180801114117.jpg
△別の日には、カブトムシのオスが避暑に来ていました

【学院の風景】6月

6月

梅雨の季節ですが、比較的雨が少ないようです。
気温の差も大きく、雨の後はひんやり肌寒い日もありました。
25日には、本校の「たぬきの森」からもう蝉の鳴き声が聞こえてきました。

P6042920_convert_20180626101036.jpg
△ランタナ
P6072954_convert_20180626101106.jpg
△カタバミ
P6092966_convert_20180626101155.jpg
△哲学の道のあじさい

【学院の風景】5月

5月

今年は季節が前倒しのようです。
紫陽花といえば6月というイメージでしたが
5月から元気よく紫陽花が開花しています。
月末に梅雨に入りましたが、たくさんの日差しを
浴びて、花や虫や鳥たちは元気いっぱいです。

P5102855_convert_20180601093245.jpg
△あざみ
P5302864_convert_20180601093301.jpg
△額あじさい
P5302867_convert_20180601093317.jpg
△額あじさい 満開
P5302874_convert_20180601093333.jpg
△やまぼうしの花
P5302875_convert_20180601093348.jpg
△さつき