FC2ブログ
  福岡海星女子学院高等学校 福岡海星女子学院附属小学校 福岡海星女子学院マリア幼稚園  

【小学校-校長室から】フランシスコ教皇「イースター・メッセージ」 心から心へ

校長 山田 耕司

キリストの復活
○ 新型コロナウイルスによる苦難と死、そして世界的流行が引き起こす経済的困難で私たちは異例の日常を紡いでいます。
4月12日、キリスト教会では「イースター(復活祭)」を迎えました。ローマ教皇の伝統的な「ウルビ・エト・オルビ」(ローマと世界への復活祭のメッセージ)は、多くの部分、新型コロナウイルスに苦しむ人々に向けられました。教皇のメッセージを紹介しましょう。少しでも皆さんの心の癒やしになればと願います。
〇 「キリストの復活」、希望と新しいいのち、死に対する勝利の知らせは、心から心に伝わる、もう一つの『感染』のようです。
復活したキリストは、十字架の傷を負ったまま墓から出てこられました。「苦しんでいる人類の傷を癒やしてくださる」よう願いつつ、キリストを見つめましょう。
  祈りの連鎖
〇 新型コロナウイルスの直接的な影響を受けた感染者や死者、最後の別れもできずに愛する人の死を悼んでいる人々のために祈りましょう。「いのちの主が、亡くなられた方を神のみ国に迎えてくださいますように。また、今も苦境にある人、とくに高齢者と孤独な人に癒しと希望を与えてくださいますように」。「介護施設で働く人や、一時収容施設(難民)や拘置所(受刑者)にいる人といった、とりわけ感染リスクにさらされている人に対する、主の慰めと、必要な助けが欠けることがありませんように」。世界的流行によって、孤独に苦しんでいる人や失業した人、病者の治療に当っている医師や看護師・医療従事者、国民の生活を守る助けとなっている警察等の要員のために祈ります。
〇 ここ数週間の間に、無数の人々の生活が突然変わりました。多くの人々にとって、家にとどまることは、深く考える機会、あわただしい生活リズムから抜け出す機会、家族と共に過ごす機会となりました。一方、多くの人が不確かな未来や、失業のリスク、この危機がもたらす他の影響を思いわずらう時でもあります。
政治指導者に
〇 政治指導者にお願いします。国民の共通善のために積極的に力を尽くしてください。だれもが自分の尊厳にふさわしい生活が送れますよう、必要な方策や手段を提示してください。そして、状況がゆるすなら、普段通りの生活に戻す手助けをしてください。
〇 全世界が苦しんでいる今、貧しい人や路上生活の人、難民に特に目を向けなければなりません。
特定の国々への国際制裁の解除を呼びかけます。その制裁は当該国の市民に耐えがたい苦しみを与えています。最貧国の対外責務の帳消し、軽減を行ってください。「全世界における即時停戦を求める呼びかけに勇気をもって応えられるよう、わたしたちの平和であるキリストが紛争当事者を照らしてくださいますように」。特にシリア・イエメン・レバノン・イスラエルとパレスチナ・ウクライナ東部の政治指導者にお願いします。
無関心や利己主義
〇 無関心、利己主義、分裂、忘れること、これらの言葉は、今、この時にけっして聞きたくない言葉です。
恐れと死に圧倒されるとき、つまり私たちの心と人生における主キリストの勝利を受け入れられないとき、これらの言葉が優勢になると思われます。私たちはそれらをあらゆる時代から締め出したいと思います。
四王寺山の散策
〇 私は四王寺山の中腹に住んでおります。私の校長職も26年目に入りました。
未だ始業式も入学式もない子どもたちの嘆きを受け止めて山道を歩いています。静寂の中、風の音・小鳥の声・水のせせらぎが耳を潤します。祈りながら歩んでおります。神から深く深く考える時間を与えられました。
 教育のICT化・デジタル化の波が今回の新型コロナウイルス禍によって急激に現実味を帯びてきました。教育にも「不易と流行」があります。学校教育の基礎基本を担う小学校では特に「不易」が大切です。
お子様にフランシスコ教皇の話をかみ砕いて聴かせてください。国語の教科書にある物語文を朗読させてください。
お父さんと登場人物についていろいろ話し合いましょう。1年生は挿絵を自由に読みながらお母さんに私のお話を聴いてもらいましょう。家族が共に過ごす心豊かな時間です。

【小学校-校長室から】Stay Home ~食を考える~

                                                   教 頭 松本 裕子

 新型コロナウイルス感染拡大蔓延に伴う「緊急事態宣言」から2か月。学校でも臨時休校が延長されました。
しかし、市民の協力的な自粛生活の結果、少しずつ感染者数が減少。福岡県は「特定警戒都道府県」に指定されていましたが、そのことが解除されました。それに伴って、県立学校も分散登校から段階的に学校再開が始まるようです。
本校では、今週から分散登校が始まりました。
1日1学年ずつの午前中登校です。学校では、3密にならないよう、教室ではなく2階のフランシスコホールに子どもたちの机を間隔をあけて準備しました。18日からの分散登校では、学年を2クラスに分けて学習を行っていきます。
また、登下校時の児童玄関も子どもたちの人数を制限しました。手洗いと消毒は子どもたちに声かけをして、こま目に行います。学校における「新しい生活様式」です。遊ぶときも友だちとの間隔をあけて・・・。なかなか難しい課題です。
学年によっては、「だるまさんがころんだ」や俳句作りなど、「密」を避ける工夫をして遊びました。
 久しぶりに会う子どもたちは、最初は笑顔の中にも緊張が見られました。
しかし、帰る頃になると「楽しかった。」と満足の笑み。
私たちも肩の荷がひとつ下りた感じです。
 さて、「Stay Home」中、私も日頃に比べて、時間のゆとりができました。飯塚に住んでいる叔母からたくさんのフキが送られて来ましたので、早速、フキの皮を剥きました。
フキは灰汁が強いため手が真っ黒になります。全部の皮を剥き終わるのに40分ほどかかりました。それから、食べやすい長さに切り、味つけをします。味つけは、母の味を思い出しながら行い、お鍋いっぱいにフキの煮物が出来上がりました。
母の味でした。やっぱり時間をかけて作った料理はおいしいと感じながら、母の手間暇かけて作っていた姿が目に浮かびました。
 昨今、「おふくろの味」が「お袋の味」と揶揄させます。
レストラン等の営業自粛に伴い、テイクアウトやコンビニ総菜、冷凍食品が人気です。レンジで“チン”。子どもたちの「おふくろの味」は、何なのでしょうか。我が子にも問いかける自信がありません。
 「食」の字は、「人に良い」と書きます。人間の生命を維持していくものに必要不可欠なものは「空気」「水」「食」です。
毎日、私たちの口に入るものですから、神経を使わなければなりません。
体を建物に置き換えて考えますと、安いべニア板を使った建物は、すぐに壊れてしまいます。しかし、少し値段が高くても丈夫な杉や檜を使った建物は、長持ちをします。その材料となるものは「食」です。これは、高価な食材が良いと言うのではなく、季節の旬の食材が理にかなっているということです。今は、食材が季節感なく売場に並んでいますが、春の筍やフキ、菜の花には苦味があります。この苦味には、体の毒素を出してくれる働きがあります。春は新しい環境での生活で体が疲れます。吹出物ができやすい季節です。だから、この食材が適しているのです。夏の野菜には、体を冷やす働きがあります。トマトやキュウリなどです。
 また、食材を保存するための先人の知恵があります。塩や乾燥、燻製を用いた加工技術です。食品の腐敗から学んだカビや細菌、酵母があります。しかし、これらは時間や手間がかかります。そこで私たちは、化学的に保存料(食品添加物)を作り出しました。これには、厚生労働省の安全基準に定められた量があります。健康を損なわない基準量です。あくまでも、ひとつの食材に対しての量です。つまり、添加物が入った食材を何品か食べると、基準量は遥に超えます。大きな落とし穴です。化学的に作られた添加物は、体の中に蓄積されていきます。今の時代、無添加の食材で一生を送ることなど不可能に近いと思います。では、どのようにしたらよいのでしょうか。ここで、「食物繊維」の出番です。海藻類や根菜類などの繊維の多い食材が、体の中の掃除をしてくれます。
 こうして考えてみると、神さまは私たちの生命を維持していくためのものを計画的に備えてくださっているのだと感じます。
 新型コロナウイルス感染拡大蔓延の予防として、毎朝、検温をお願いしておりますが、子どもたちの体温が低いのが大変気になります。

【小学校-校長室から】新型コロナウイルスに学ぶ 教 頭 松本 裕子

 今年度の幕開けが「新型コロナウイルス」の感染拡大による、臨時休校から始まりましたので、ご挨拶が遅れてしまい申し訳ございません。
 今年度から教頭職を任命されました松本(まつもと) 裕子(ひろこ)です。重責ではございますが、神さまからの使命と受け止め、保護者の皆さまの声にしっかりと耳を傾け、子どもたちのため、学校のために精一杯務めさせていただきます。どうぞよろしくお願いいたします。
 さて、今年の1月に中国で「新しいウイルス」の感染の報告を受けました時は、世界を震撼させる事態になるとは予想もしていませんでした。ある学者は、10年前に「目に見えない戦争が起こる」と警鐘を鳴らしていました。そして、その戦いは10年サイクルでやってくるとも警告しています。まさに、新型コロナウイルスとの目に見えない戦争が世界中で起きております。
 日に日に感染の状況が変わる中、学校でも子どもたちへの学習課題の提示や行事の見直しなど、状況が変わるたびに会議を行い、対応をしております。しかし、一旦決めていたことが行政の動きにより、次の日には変わることが多く、苦慮しております。そして、臨時休校も延長となりました。
 子どもたちに、始業式・入学式をしないまま、5月まで会えないもどかしさの中、4月13日に教科書配布を希望者の保護者の方に行いました。その日は、福岡市に暴風波浪警報が出ていましたので、急遽、職員玄関から配布場所を2ヵ所に設け、2メートル間隔に並べるよう、印をつけました。たくさんの保護者の方が来校してくださいました。私たちも久しぶりに皆さまと会うことができ、沈んでいた心が明るくなりました。何より皆さま方がストレスを抱えていらっしゃるのに、私たちに労いの言葉をかけてくださったことに感激し、海星ファミリーの愛を感じました。
 Iさんは悪天候の中、「父が製紙会社をしているので」とキッチンペーパーをたくさん持って来てくださいました。翌日、Hさんは社員の方と共に「子どもたちが来た時に」と、ガイアの森の整備をしてくださり、消毒液まで持って来てくださいました。また、私たちが交流している中国・韓国の団体からもマスクの寄付が届きました。
 「緊急事態宣言」が発出されてから、飲食店や百貨店の休業要請がなされ、いよいよ子どもたちの行き場がありません。保護者の皆さまの中には、経済的にも大きな打撃を受けていらっしゃる方もおられることでしょう。先の見えない戦争が続きますが、決してあきらめないで、今、わたしたちに出来ることを考えましょう。考えたことが無駄になることがあるかもしれませんが、考え続けましょう。そのプロセスが大切なのです。考えることで学びの姿勢が身につくのです。子どもたちにも言い続けましょう。
考えることは、無駄ではないことを!
 そして、助け合いましょう。周りに目を向け「最も弱い立場にいる人」を自分ができることで助けましょう。今は「生命を守ることを優先」して「がまん」をする時です。
 このように、あらゆる場面で「ストレス」を感じますが、ストレスには「良いストレス」と「悪いストレス」があります。「良いストレス」とは、難しい状況や危険な場面に体が自然に反応し、対処しようとすること。適度なストレスは、その場に応じた行動や反応を引き出し、目標を達成することができます。まさに、今の状況です。

 「ストレスを和らげる」方法を紹介していますので、参考にされてみてはいかがでしょう。
きっと神さまが助けてくださいます。

 ★ストレスを和らげる方法★

①一日一日を生きましょう。 *明日の心配ごとは、明日考えましょう。

②完璧を求めないようにしましょう。

③ストレスの原因を分析しましょう。

④規則正しい生活を意識しましょう。

⑤バランスのとれた生活をしましょう。  *収入と支出のバランスは?

⑥優先順位をつけましょう。

⑦人に助けてもらいましょう。

⑧神さまに祈りましょう。

【小学校-校長室から】2020年度 大変な1年の始まりになりました 校長 山田 耕司

○ 学院の桜並木に朝日が映え、神さまの愛に包まれた光が、こどもたちを迎えています。私たちは新型コロナウイルス蔓延に全力で対応します。背振山系からの緑風に春が運ばれ、ガイアの森の緑と老司大池の水面に囲まれた自然豊かな海星の1年がスタートしました。       
 31名の新1年生(53回生)が神さまに招かれて入学してまいります。在校生205名(男子126名 女子79名)となります。
 38年間お勤めいただいた米倉信彦教頭先生に代わり松本裕子先生が新教頭として昇任されました。米倉先生には引き続き宗教主事・担任としてご勤務いただきます。また、学院の人事異動で、高校校長佐藤一則先生が小学校教諭として異動されました。新しく養護教諭として竹内萌夏先生をお迎えました。宜しくお願いいたします。
 本年度から小学校で使用される文部科学省検定教科書が新しくなります。本格的に小学校英語教育やICT教育・プログラミング教育が始まります。次の10年に向けての新たな時代の始まりです。  
 先を見る教育を進めております本校ですが、更に充実したこどもたちが意欲的に学校生活を学び楽しむ1年間を進めてまいります。本年度も本校教育へのご理解ご協力ご支援を何卒よろしくお願いいたします。

○ こどもたちにとって福岡海星小らしい「楽しい学校」にするために、
 ① 基本的な学習習慣・生活習慣を確かに身につける教育にさらに力を入れます。個人によっては上学年も個人課題として取り組みます。
 o1・3・5年生の担任は二人です。2・6年生には副担任がおります。
 o3年生の国語・算数、4年生算数は2グループ別に行います。
o1年生より毛筆(国語)を行います。
 o気持ちよく「はい」と返事をして速やかに行動する。
o字を丁寧に書こうとする。字は心の写しです。
 o服装がきちんとしている。身奇麗にしましょう。
 o宿題を丁寧にきちんとする。やるべきことをやりましょう。
 o自分から心も笑顔で挨拶がきちんとできる。挨拶は心の鏡です。      
 oスクールバスや西鉄バス、電車の中で人に迷惑をかけず、さわやかな空気を醸し出す。
  小さなこどもですが、マナーを身につけます。海星ファミリーです。 
 oいじめ・いじわる・乱暴・仲間はずしに手をそめない。すぐに先生に相談をしましょう。
  その原因となりやすいSNSやスマホ、パソコン・ゲームのやり過ぎ等にも手をそめない。
② 読書の習慣を十分に身につけるため、学校に慣れた2年生を対象 に「2年生100冊読書」、全校朝読書の時間、卒業まで「海星100冊」達成を進めています。司書教諭岡﨑先生を中心に保護者ボランティアの方々と「おはなしや」の活動を促進し、こどもたちに喜ばれております。                                            
③ ガイアの森の活性化を進めるために「ぼくの木 わたしの木」の植樹を継続します。
JAと提携して学級園・学校園で野菜の栽培等に励みます。 
④ 学院の認定こども園マリア幼稚園との幼稚園小学校連携教育を進めます。
学校行事・学年行事・生活科及び総合的な学習等で積極的に交流を図ります。
⑤ 学院の高校との連携教育を進めます。学年行事等に「こども教育進学コース」の生徒が参加します。英語活動に英語が得意な「国際教養コース」の生徒が参加します。
⑥ 4~6生はマリアンタイム(火・木曜日13:10~13:35)で、合唱・英語・ICT・読書の4グループに分かれて得意を伸ばす楽しい活動に取り組みます。校内英語暗誦コンクールがあります。
           
○ 本年度は下記の担当で楽しく教育活動に取り組みます。どうぞよろしくご理解ご支援をお願いいたします。
〈担 任〉
1年担任:冨田健一郎・田中小枝子  2年担任:只隈 朋美・米倉 信彦
3年担任:柿木 大明・藤嶋 明彦  4年担任:音成 桂子 
5年担任:福永 俊文・中村 章耶 6年担任:佐藤 一則・武内 章子       
〈専 科〉
理事長:嶋田 吉勝   校 長:山田 耕司   教 頭:松本 裕子 
宗教主事:米倉 信彦 教 務:福永 俊文    
養 護:松本 裕子・竹内 萌夏    学校司書:岡﨑 陽子  
理 科:中村 智彦    図 工:松永 吉海  
音 楽:加留部 夕佳 (産休)  英語活動:武内 章子・エリングソン
毛 筆:立和田 典子  スクールカウンセラー:大庭 三奈   
事 務:奥添 亜希 剣 道:宮下健一郎
用 務:藤 つちの・山本 洋子・寺田 民子

1学期の主な行事
【4月】                        
6日 始業日(延期)
8日・10日 NRTテスト(延期)
9日 入学日(延期)
*入学式は後日実施
12日 イースター(復活祭)
17日・18日 身体測定(延期)
21日~ 学級懇談会(延期)
24日 歓迎遠足(延期)
【5月】
2日 新体力テスト(中止)
8日 保護者後援会役員会
8日 3校避難訓練
11日 マリア様のつどい
13日 1,2年交通安全教室
15日 保護者後援会総会
21日~3,4年水泳学習(中止)
27日~29日 修学旅行(延期)
【6月】
2日~1,2年水泳学習(中止)
3日~5年農村民泊体験(延期)
6日 4~6年歯磨き大会
9日~5,6年水泳学習(中止)
15日 平和を考えるつどい
18日~19日 1~3年夏季合宿(中止)
20日 み心のつどい
25日~4,6年サマーキャンプ(中止)
【7月】
11日 入試説明会(一般対象)
17日 終業式
17日~21日 個人懇談

2学期・3学期の主な行事
【8月】 
24日 始業式       
27日 避難訓練    
28日 1・4知能検査                      
【9月】                              
1日・9日 入試説明会(海星ファミリー対象)         
5日 参観・懇談                       
20日 ファミリースポーツデー                 
【10月】                  
4日 愛校バザー
17日 秋の公開参観日、入試説明会               
30日31日 九州地区私立小学校教員研修会   
【11月】        
7日 海星ファミリー入試(試験・面接)    
4日 マラソン大会
*6年生懇談会「中学入試に向けて」
*絵画コンクールを実施   
【12月】 
2日クリスマスコンサート (JOYクラブ)
12日クリスマス会
21日終業式
21日~23日個人懇談
25日クリスマス
【1月】
7日始業式
*書写・書道コンクールを実施
16日~17日一般入試面接
23日一般入学試験
27日参観・懇談
【2月】
6日校内学芸会
14日公開学芸会
25日参観・懇談
【3月】
5日6年感謝のミサ
8日3月11日を想うつどい
13日卒業式
19日終了式

【小学校-校長室から】第47回卒業式 ありがとう6年生! 教頭 米倉 信彦

○小学校校舎の周りにある桜並木は、花芽がふくらみ始めました。南運動場のしだれ桜や緋寒桜はもう花を咲かせています。
 先週3月14日に第47回卒業式が挙行され、6年生28名が海星小学校を巣立っていきました。毎年全学年が卒業式に参列し、6年生の晴れ姿をお祝いするのですが、今年は新型コロナウイルス蔓延防止のため、時間を短縮・参加者も制限しての挙行となりました。
 9時58分、6年生が担任の福永先生を先頭に胸を張って入場、10時より卒業式が開式されました。参加者全員での校歌斉唱、福島君のお祈り、木村さんが聖書朗読と続きました。
 いよいよ、卒業証書授与です。福永先生が卒業していく子ども達一人ひとりの名前を呼び、6年生が元気に返事をしてその場に立ちます。そして代表の大森さんが壇上に登り、校長先生から直接28名分の卒業証書を受け取りました。6年生が第47回卒業生となった瞬間です。
 式辞では、山田校長先生から卒業生に向けて最後のお話がありました。フランシスコ教皇の教え『地球上に生きる全てのも
のの命』を尊ぶ話です。校長先生が卒業生に話されたお話をまとめて書いておきます。

 「教皇が日本を離れる際に『人類は善に向かうか、悪に向かうか、将来平和を作っていくのは若者です。』という言葉を残されました。地球温暖化が加速する中、『本当にこれでよいのでしょうか』このままでは『地球はすり減っていく』ばかりです。
人間の求める『豊かさ』が『成長する』から『成熟する』ことへ変わってほしい。『よきサマリア人のたとえ話』を思い出してください。未体験のウイルスの蔓延によって特に弱い立場の人々が罹患し、命を失っています。私たち一人ひとりできることはないでしょうか。積極的に『よきサマリア人』になりませんか。
中学生になる皆さん、フランシスコ教皇のあなたへのメッセージは何でしたか?祈りはあなたと神との対話です。神さまに自分の意思を伝えてください。本をたくさん読んでください。見識の深い人の話を聴き、安易な風潮に流されないでください。
私たちは、皆さんに大いに期待をし、応援をしています。」

校長先生の式辞の後、在校生総代として卒業式に参加した5年山本君からの送辞、卒業生総代の八尋さんからの答辞へと続き、式は無事に終了しました。
 式を終えた卒業生たちは教室で最後の帰りの会を行い、名残を惜しみながら海星小学校を巣立っていきました。何人かの卒業生からは、1階廊下にある掲示板に在校生へのメッセージを残してくれました。どうぞご覧くださいませ。

○いよいよ明日3月19日(木)から4月5日(日)まで春休みとなります。今流行している新型コロナウイルスは、人類が初めて出会う病気です。これからも引き続き手洗い・うがい・換気などの予防に努めるとともに、自分の体中にある免疫力を高めて絶対に病気にならないよう気をつけて過ごしてください。なお、免疫力を高めるには、①バランスの良い食事をする。②お風呂に入り血流をアップさせる。③ストレスをためない。ことが大切だそうですよ。そして4月6日(月)にみんな元気に始業式を迎えましょう。