FC2ブログ
  福岡海星女子学院高等学校 福岡海星女子学院附属小学校 福岡海星女子学院マリア幼稚園  

【小学校-校長室から】家庭文化と校風

教 頭 松本 裕子

〇先週は、福岡地方にも寒波が到来し、大雪となりました。なかなか積雪の体験がない子どもたちは、雪が降り始めると窓の外が気になり、授業どころではありませんでした。7日の夜から降り始めた雪が8日には4㎝ほど積り、あたり一面銀世界。大人のわたしたちは、通勤や子どもの送迎を心配しましたが、子どもたちの心は逸り「雪遊び」。
学校は通常通り行いましたので、保護者のみなさま方には、雪の中の送迎にご協力をいただきまして、ありがとうございました。
おかげ様で、学校に来た子どもたちは、雪景色の校庭で思う存分「雪遊び」を体験することができました。

〇明日から2日間、令和3年度の入学試験の面接があります。来年度本校入学を希望される方が来校されます。この日を迎えるために早い方は3歳児の時から小学校を探され、ご家庭の教育方針や我が子に適した学校をと情報収集をされます。
 学校説明会の後も個別に学校見学を希望され、ご案内いたします。見学希望の方の多くは「子どもに海星小学校を見せたい」「学校の雰囲気を肌で感じさせたい」と思われます。そして、見学後には「子どもを連れてきてよかった」「やっぱり、子どもが気に入ってくれた」「幼稚園とあたたかい雰囲気がとても似ている」と入学志願を固められます。
〇家庭の文化と海星小学校の校風が入学の決め手となるようです。海星小学校の校風は、保護者のみなさまの目にどのように映っているのでしょうか。校風とは、学校独自がもつ性質です。
・カトリック学校で神さまに見守られた一人ひとりを大切にしてくれる学校。
・モンテッソーリ教育を取り入れ、一人ひとりの「生きる力」を育んでくれる学校。
・自然豊かで子どもを伸び伸びと育ててくれる学校。
・一学年ひとクラスで仲良しの学校。
・保護者と学校が連携して子どもを育てている学校。      など
 この校風がそれぞれのご家庭の文化に重なっているでしょうか。それとも・・・。
〇本校はモンテッソーリ教育を取り入れていますが、
子育てや教育の原点になることがらですので「子育
てを知る5つのポイント」を紹介します。
①大人と子どもは違います。大人の行動の目的は「結果」ですが、子どもは「過程」です。
②子どもの動きをよく見ましょう。目の前の子どもを「自分の目で」しっかりと見ることが大切です。
 子どもが興味を示していることや困っていることに気づきます。
③子どもはよく見ています。子どもは大人の動きをよく見ています。子どもは大人の動きを見ながら頭を働かせています。
④教え方にはコツがあります。子どもに何かを伝えるときは、ひとつだけを伝えましょう。そして順序だててゆっくりとやってみせましょう。
⑤何度も繰り返しやることで成熟します。子どもはひとつのことを集中して繰り返しすることがあります。同じことを繰り返しやって充実感や自信を得て熟成したときに次のステップへチャレンジできます。
〇わたしたちは、海星に入学してきた子どもたち一人ひとりを大切にするイエス様の教えに倣い、6年間責任をもってお預かりいたします。しかし、時として保護者さまのご意向にそえないこともあり得ます。
家庭の文化と校風が人間のエゴイズムで食い違うことがあるからです。「一人ひとりを大切にする」ことは、キリスト教の教えから「ゆるし」が必要になってきます。教育にかかわる私たちは、この事を常に自覚し日々研鑽して参ります。

【小学校-校長室から】新年あけましておめでとうございます。

校長 山田 耕司

 コロナ禍の中で
〇 フランシスコ教皇は新年のメッセージで「気配りの文化は平和への道」と示されました。それはコロナ禍と戦争・紛争の絶えない現代社会に見られる無関心、拒否、対立の文化を根絶するためです。人々は自分の所属する共同体の中で、民族間で、国家間で、対立や比較や争いを続けます。「気配り」がそれらを氷解させる「鍵」になるということです。氷が解けると春がやって来ます。私たち海星小学校も平和を祈りながら、平和のために微力でも尽くす決意を新たにしながら、目の前にいる子どもたちと共に歩んでまいります。

 コロナ禍と新しい教育
〇 コロナ禍の中、先の見えない不安の時間が長くなります。
本校では、子どもたちに希望を強く抱かせる学校生活を充実させるために、令和3年度からの教育(カリキュラム・学校行事等)を本年度の経験を生かして下記の4点を目玉に現在検討を重ねております。
①子どもたちを活かす学校行事のあり方と実施
②SDGs
③ICTの効果的な活用を促進し情報活用能力を確実に育成できる学習
④低学年期における「ことばの発達・充実」と放課後教室の実施

 コロナ禍とSDGs
〇 新型コロナウイルス感染拡大は地球全体に及び、ワクチンの開発と使用が大きな関心事となっております。国家間・民族間・共同体間の格差を埋めなければ感染防止は難しいと言われます。
そんな折、文科省は令和6年度(2024年)から使用する小学校教科書に、国連の提唱する「SDGs」を背景とした「持続可能な社会の実現に向け、自ら考え、行動できる子どもの育成」を取り上げるように要請しています。「私たちのいのちと日々の生活は他者の働きや犠牲の上に支えられているという自覚」を一人ひとりの小学生にも持ってもらいたいのです。
SDGsは、人間が地球でずっと暮らしていくために達成しなくてはいけない目標が17あると教えます。そしてこの目標は世界共通で2030年までの達成をめざします。

 小学校でのSDGsの取り組みは
〇 子どもたちは普段意識していないだけで、通常の教科学習の中でSDGsに関連する知識を身につけています。
社会科で行われる食料自給率の話題からは「貧困」「海洋資源」「陸上資源」の話に繋がりますし、戦争や平和の話題からは「平和」「目標」について考えることができます。理科の「気候」単元は「気候変動」について考える入口に最適です。
〇 このような通常教科学習から「自分ごととして考える・行動できる」一歩踏み込むことで、SDGsに繋げることができます。総合的な学習「ステラマリス」では、「SDGsの基礎を学ぶ」「課題解決学習としてSDGsに取り組む」等、じっくりと学びます。総合的な学習は、教科の枠に縛られないため教科の学びを生かす横断的な学習になりますし、「ジェンダー」「健康・福祉」など、教科とは結びつけにくい課題についても取り組むことが可能になります。課題解決学習の実施は、計画からその成果まで落ち着いて考える時間ができるため、子どもにとっても達成感を味わいやすくなります。また、「聴き合い活動」を通して自分たちの考え方や行動の成果をまとめ、発表することもできます。
〇 学校全体としてSDGsに取り組むパターンも考えております。学年ごとのレベルに応じた課題に取り組んだり、学年を超えた「縦割りグループ」で課題に取り組んだり、時には保護者の方に参加いただき、ご一緒に行動計画を立てることもあると思います。
 SDGsの行動目標は「成果目標」であり、行動目標から一歩踏み出し「だから実際にこのような行動を起こしました」「その結果、こんな成果がありました」という成果もセットにすることが求められています。
 目標達成のために、一人ひとりが実際に行動を起こし成果を上げるということが大切になります。海星っ子にどこまでチャレンジできるかが楽しみです。

【小学校-校長室から】毎日がクリスマス⁉

 教 頭 松本 裕子

「毎日がクリスマス」と聴くと、「えーっ、うれしい!」と思わず言いそうですが、12月2日のクリスマス会を終えた海星の子どもたちは、この言葉の意味をよく理解していることでしょう。
〇12月2日にちょっと早いクリスマス会がありました。今年は、新型コロナウイルス感染拡大防止のために時間を短縮し、希望される保護者の方のみの参加で行いました。会は2部構成、1部の「喜びの部」では、音楽クラブによるミュージックベルの演奏に始まり5年生によるタブロー劇、そして小郡カトリック教会の山元眞神父様からのお話がありました。神父様は「12月25日だけがクリスマスではないのですよ」と話されました。聖書のみことばには、「きょう、ダビデの町にあなたがたの救い主がお生まれになりました」とあります。ただ、それがいつなのかは書かれていません。もしかしたら、12月ではないかもしれません。4世紀半ばのローマでは、12月25日が冬至祭でした。冬至は長い暗い実りがない冬が終わり、新しい世界が始まるという意味です。そこでこの日を「救い主」が生まれた日と重ね表したことから、クリスマスの日の始まりという説があります。
〇山元神父様は、「毎日がクリスマスです」とおしゃいました。それは、最初にみ使いが最も弱い立場の人である羊飼いに「喜びのしらせ」を伝えたことに関係します。当時、羊飼いは最も汚い貧しく危険な、みんなから嫌われた仕事でした。
イエス様が、最も弱い立場の人に目を向け、癒し助ける記述が聖書にはたくさん書かれています。神父様は「自分の周りに困っている人はいませんか。困っている人に気づいたら、自分ができることをしてください。それがクリスマスです」と話されました。だから、毎日気づいて行動できれば「毎日がクリスマス」なのです。しかし、日常の忙しさで気づかない人たちのために、年に一回12月25日に気づける日があるのです。神父様から本当のクリスマスの意味を教えていただきました。
 また、このことは「SDGs」にも繋がります。
持続可能な社会をつくるのは、わたしたち一人ひとりです。小さな事かもしれませんが、みんなで行えば、大きな力となります。まずは、意識していきましょう。周りに目を向けていきましょう。17項目のどれにあてはまるのかは、自分で考えてみるといいですね。
〇2部は「祝いの部」。JOY倶楽部によるクリスマスコンサートがありました。海星で演奏するのが2回目。毎年、80回以上のもの演奏を行っているJOY倶楽部のみなさんですが、新型コロナウイルスの感染で今年は練習や演奏会ができなかったそうです。ですから、海星小でのコンサートをとても喜んでくださり、9月より毎日5時間もの練習をされて臨まれました。子どもたちは、大好きな曲が流れると、手拍子や笑顔で応援しました。もちろん、JOY倶楽部のメンバーの方も笑顔で演奏してくださり、わたしたちにすてきな音色を聴かせてくださいました。その後の子どもたちの感想文には、「みなさんの演奏の音色で心が洗われたようでした」「とても素敵な曲ばかりで感動しました」「毎日5時間も練習されてすごいと思いました。みなさんの心は、毎日がクリスマスだと思いました」・・・子どもたちの感想文は、JOY倶楽部の方に届けました。
〇さて、長かった2学期も残り1週間となりました。2学期の行事はファミリースポーツデーだけを中止といたしましたが、その他の行事はコロナ感染対策をとりながら、行うことができました。すべての行事が初めての試みでしたが、保護者の皆さまのご協力のおかげで無事に終えることができました。ありがとうございます。今年度、2学期の個人懇談会が担任と1対1での初めての出会いの場となりました。お子さまの成長に有意義な時間となりますことをお祈りしております。

【小学校-校長室から】クリスマスのお話

 校長 山田 耕司

雪のクリスマス
○ 昭和の頃クリスマスには雪が降りました。私は中学1年生まで広島市の観音町教会に通っていました。
12月25日深夜12時からのクリスマス(キリストのミサの意味です)ミサ後、みんなでぜんざいを頂きながら「聖劇」(キリストのご降誕)を鑑賞します。そして家路につく午前2時過ぎには雪が降ってきました。夜空にベツレヘムの馬小屋が見えた聖夜でした。帰宅して一休みしますと朝です。枕元にはサンタさんからのプレゼントが置いてあります。兄弟で見せ合いながら食卓に着きます。喜びに包まれた朝食です。
平成になりロンドンに勤務していた頃ウイーンとザルツブルグでクリスマスを過ごしました。「サウンド・オブ・ミュージック」の舞台です。ウイーン少年合唱団のクリスマスキャロルを聴きました。銀世界の静寂の中でのクリスマスでした。
サンタ・クロース
○ サンタクロースの起源は、3~4世紀の現在のトルコにいた聖職者(司教)聖ニコラオに由来します。莫大な財産を相続し司祭になったニコラオはある時、3人の娘を持つ貧しい靴職人がお金に困りはてている様子を見て、金塊をその家に投げ入れました。それが干してあった靴下に入ったと伝えられます。このように貧しい人びとを愛し、飢饉の村を救済したり、困っている人を見るとすぐ助けたりした彼は、人びとに推されて司教になり、後にカトリックの聖人とされました。
 12世紀頃から、ヨーロッパ、とくにスイス、フランス、ドイツ、オランダでは聖ニコラオの祝日である12月6日が子どものための祝日となりました。かつてニコラオが助けた3人の娘の話がもとになって、聖人の祝日の前夜、子どもにそっとプレゼントをする習慣が始まったのです。16世紀頃から、司教服の色である赤色の頭巾と服をつけたおじいさんが贈り物を入れた袋を背負うという形でプレゼントを渡す姿が生まれ、これをクリスマス(救い主キリストの誕生は神から人間へのプレゼント)と結びつけました。名前もオランダ語なまりで、「シンタ・クラース」(聖ニコラオ)と呼ぶようになりました。オランダ人のアメリカ入植に伴い、シンタ・クラースのお話はアメリカ大陸に伝わりました。シンタ・クラースは英語読みで「サンタ・クロース」になり、貧しい入植者生活で労働に励む子どもたちの人気者になりました。20世紀に入りアメリカのコカ・コーラ社が、白いあごひげをたくわえた陽気で明るいサンタクロースを宣伝に使いました。それ以来現在のキャラクターが定着することになります。
 お客様の席
○ クリスマスのディナーは様々です。お母さんの自慢の手料理が並びます。ヨーロッパでは、スープとじゃがいも・パンに特別の肉料理が加わります。英国ではロースト・ビーフ、フランスではラパン(ウサギ)、北欧では豚肉のローストです。アメリカではロースト・ターキー、最近の日本はロースト・チキン(ケンタッキー・からあげ)でしょうか。
マッチ売りの少女(アンデルセン作)が窓越しに見た幸せな家族のディナー。そのテーブルに空席が一つありました。ヨーロッパでは不意のお客様のためにクリスマスの席が一つ余分に作られます。さて、この席には誰が座るのでしょう。子どもたちに聴いてみましょう。子どもたちは答えます。「イエス様?」「天国のおばあちゃま?」「帰ってこれなかったお兄さん?」。それとも………、あなたは誰を招きたいですか。
クリスマスとは?
○ 約2000年前、今のパレスチナ・ヨルダン川西岸ベツレヘムという町でイエス・キリストが生まれました。カトリック教会は4世紀から12月25日をその誕生を祝う日としています。クリスマスとは「キリストのミサ」という意味の英語です。ミサはカトリックの礼拝、キリストの晩餐の記念、大切な祭りです。国によってイタリア語の「ナターレ」(誕生)、ドイツ語の「ヴァイナハテン」(聖夜)、フランス語の「ノエル」(誕生)、スペイン語の「ナビダードュ」(誕生)、ポルトガル語の「ナタル」(誕生)のような呼び方もあります。
イエスの降誕はルカとマタイの福音書に書かれています。「ヨセフの婚約者マリアは聖霊によってイエスを身ごもり、旅先で出産しました。その時、宿がなく飼い葉桶に寝かせました」とルカは記しています。私たちは神が私たち人を愛されたように私たちも互いに愛し合いたいと思います。愛するために、優しくなりたいと思います。賢くなりたいと思います。私たちは、祈りと共に行動したいと思います。

【小学校-校長室から】自ら考え行動する

校長 山田 耕司

めっきり秋らしく
○ 私は四王寺山の中腹(太宰府水城)に住んでおります。週末にはその散策路でウォーキングを楽しんでおります。今は虫の声が消え谷川のせせらぎを耳にするようになりました。秋深しです。
自然の変化を目にしながら歩んでおりますと、思考が豊かになります。思い切り深呼吸をします。鼻から7つ吸って、3つ息を止めて、口から10吐き出す。数回繰り返しますと呼吸が整い頭が冴えてきます。ナナカマド・ハゼ・イチョウ・カエデの紅葉、その木洩れ日に私は聖書の教えを聴きます。
○ 使徒パウロが迫害に悩むコリント(ギリシャアテネの西)
の教会の人々へ「自分の弱さについて語る」手紙の一説です。
主は、「おまえはわたしの恵みで十分だ。弱さにおいてこそ、力は余すところなく発揮されるのだ」とお答えになりました。ですから、キリストの力がわたしの内に宿るように、むしろ大いに喜んでわたしは自分の弱さを誇ることにします。それで、弱さがあっても、虐待されても、災難に遭っても、迫害や行きづまりに出会っても、わたしはキリストのためならそれでいいと思っています。わたしは、弱っているときこそ、強いからです。
(使徒パウロのコリント人への第二の手紙12章9~10節)
私たちは自分の行った失敗、欠点、弱さで自己嫌悪や自虐的思考に陥りやすくなります。聖書はこうした人間の弱さにも光を見出します。聖書は強者よりも弱者のために書かれたものでしょうか?全ての人の魂の救いのために書かれました。自分の弱さは他の人を必要としていることに気づかせます。私たちはしばしば他者の助けが欲しくなります。
私たちが自分の弱さを強く受けとめ、立ち止まるとき、弱さが「神」の存在に導きます。神の愛に気づかせます。
○ 200人の子どもと生活を送っております。月曜日に全校朝礼があります。意向をもってお祈りをした後、聖書の朗読があります。上掲の聖書は10月26日に読まれました。
その後校長の話をいたします。子どもたちが、今、学校生活で直面していることと今日の聖書の箇所をつないだお話です。子どもたちは聴きます。担任の先生が子どもの発達段階によせて分かりやすく補足をします。そして一人ひとり、私の「みことば作文」を書きます。
・もっと自分のことをよく知ろうと思いました。
・自分の弱さを知ることが大切です。
・自分の弱さはあまり見せたくありません。
・私の弱いところは、力の強い男子が弱い人をいじめているとき、私はこわいので見ないようにしていることです。でもそれはいけないことです。何かしないと。
・自分が弱い時こそ神様が見えると思います。
自分を愛する隣人を愛する
○ ある時ファリサイ派の律法学者がイエスに尋ねます。
「先生、どの掟が律法の内で一番重要ですか」
イエスは答えます。
第一に「あなたの神である主を愛しなさい」そして「隣人をあなた自身のように愛しなさい」(マタイ22章34~40節)
自分を愛するためにはまず自分を知ることが大切です。私はどんな人なのでしょう。人々の中でどんな存在なのでしょう。私はどんな幸せを求めているのでしょう。
自分を見つめ直します。自分の弱さに気づきます。隣人は弱さをもっている人です。私たちはややもすると他者を自分に合わせようとします。激しいいさかいが起こります。自分も弱いのです。他者も弱いのです。自他の違いを認めるようになります。だんだんと人間を愛する方法がわかってきます。
 自ら読むこと
○ 自他を愛するために、私たちは賢くなりたいと思います。自分で考えて行動したいと思います。行動の下になる意思を醸成するために、情報を得て構成し認識を高めます。そのために本を読みます。新聞を読みます。SNSに目を通します。SNSにはフェイクニュースやデマがたくみに潜んでいます。用心したいと思います。
そこで小学生のころから読書に親しむ習慣を培いたいと思います。書店で本を探し買い求め自室の本棚に並べます。私の愛読書が増えていきます。学校の図書室で本を紹介してもらい興味を拡大し視野を広めていきます。友達や先生と話題にします。(鬼滅の刃もいいけれど赤毛のアンもいいですよ)自他の違いがわかります。夢がふくらみます。幸せです。