FC2ブログ
  福岡海星女子学院高等学校 福岡海星女子学院附属小学校 福岡海星女子学院マリア幼稚園  

【小学校-校長室から】歪みと回心

   校 長 山田 耕司
キリストの受けた試み
○カトリック教会(キリスト教会)では、イースター(復活祭)の前40日間を四旬節として過ごします。
イエスはヨルダン川で洗礼者ヨハネから洗礼を受けた後、荒れ野で試みを受けられます。(マタイ福音書4章1~11節) イエスが40日40夜断食をして飢えておられた時、試みる者が近づき、イエスに「もし、あなたが神の子なら、これらの石がパンになるように命じなさい」と言います。イエスは「人はパンだけで生きる者ではない。神の口から出るすべてのことばによって生きると書き記されている」と仰せになります。
○イエスは自己領得の時間を40日もかけて行いました。すべてを削って自分自身を見つめ、追究しました。キリスト者はこのイエスの行動に倣います。イエスはその後宣教に出かけます。そして4人の漁師と出会います。最初に弟子に召された4人はシモン(ペトロ)とアンデレ兄弟、ヤコブとヨハネ兄弟でした。
四旬節と「回心」
○35年前私のパナマ(中南米)での経験です。その頃文部省の派遣で私は家族を同伴してパナマ日本人学校に勤務していました。リオ・デ・ジャネイロ、ベニス、ニューオーリンズのカーニバル(謝肉祭)は有名です。コロナ禍でなければ今年も多くの観光客で賑わったことでしょう。
 中南米の各国でもカーニバルがあります。その翌日から四旬節が始まります。パナマ市の大通りは閑散とし人通りがピタッと止まりました。人々は自宅で静かに時を送ります。名物の串焼き屋もいません。スーパーの精肉コーナーの品数が極端に減り魚の陳列が増えました。この状況が復活祭まで40日間続きました。
教会では特別に信徒が集まってロザリオの祈りや十字架の道行きの祈りを唱えます。黙想会が行われ告解の秘跡が授けられます。このように静謐の時間が流れます。人々は歪みに歪んだ自分自身を時間をかけてキリストの教えに本来の自分の良さに戻そうと試みます。これを「回心」と言います。
私たちはいつの間にか人間が求める自由とか快適とか所有とかの幸せ感に支配され歪んできたようです。歪みはさらに歪みを生みました。自分の力だけでは解きほぐせなくなりました。
○子どものころの話です。家族で一緒に「夕の祈り」の時間をもちます。平常ですと15分くらいですが四旬節は特別の祈りが追加され30分くらいに延長されます。正座で過ごす祈りは小中学生には苦痛の時間となります。しかし子どもなりに自分の歪んだ心を40日間かけて解いていきます。
海星ファミリーの「回心」の季節
○学年末です。お子様の1年の成長をご家族で見つめお互いに「回心」されることをお勧めします。学年が進んできますといろいろな悩みが増えてきます。友達関係、進路、家庭の文化や子どもの遊び。個性があればもっている物差しも異なります。夫婦であっても親子であってもなかなか思う通りにはなりませんね。
まもなく校友会誌「ひかり48号」が発刊されます。全児童の作文・俳句、保護者・卒業生のエッセイもあります。これも一つの「回心」です。海星ファミリーの一人ひとりが歪みに気づき「回心」への作業を進めます。
○イエスの父ヨセフはどんな方だったのでしょう。
ヨセフは聖書や聖伝にその記述が詳しくないので私はその有様をよく思い巡らしています。いつもそこに登場するのが自分の父であり義父(家内の父)であります。故人ですので夢の中にも登場してくれます。
ヨセフは日銭大工でした。イエスとマリアを保護・養育することに静かに務めたようです。子どもたちがいて先生がいて保護者の方がいて、学校での校長職はこのヨセフと重なると思い、日々を過ごしております。
○今年のイースターは4月4日(日曜日)です。海星は満開の桜に包まれます。1年生が記念樹に実を着ける桃を選びガイアの森に植えました。
そしてまた新しい1年がスタートします。

【小学校-校長室から】こうのとりのゆりかご

教 頭 松本 裕子

〇今年1月25日の全校朝礼は、「クリスマス募金の贈呈式」でした。昨年の11月16日~12月15日までの1か月間、運営委員会を中心にクリスマス募金を行いました。今年度の募金は、本校と縁のある熊本の「慈恵病院にある【こうのとりのゆりかご】」の支援のために行いました。たくさんのご協力ありがとうございました。贈呈式には、前校長のシスター入江とリモートで繋ぎ、慈恵病院の取り組みである「こうのとりのゆりかご」についてお話を聴きました。
〇慈恵病院の始まりは、本校のルーツと深い関係があります。1889年(明治22年)ジャン・マリー・コール神父さまが熊本・筑後地区に派遣され、熊本市の手取教会を作られたことから始まります。コール神父さまは、フランス出身で26歳の時に長崎に来日。その後、大日本帝国憲法の発布により、信仰の自由が保障されると、ただちに熊本へ派遣されます。そこで本妙寺周辺でゴザを敷き治療を受けずに寝転がっているハンセン病の人たちを見て、教皇庁やフランスの修道会に救助要請をします。すぐに「マリアの宣教者フランシスコ修道会」マリー・ド・ラ・パシオンが5人のシスターを派遣します。マリー・ド・ラ・パシオンは、本学院修道会の創立者です。派遣された5人のシスター方は、献身的にハンセン病患者の治療にあたります。1898年(明治31年)ハンセン病の病院「待労院」が設立され、翌年、捨てられた乳児を収容する「聖母愛児園」を開設。1915年には「聖母の丘老人ホーム」を設立しました。そののち、貧困で治療を受けられない人たちのために「施療院」を設立。これが発展して1952年(昭和27年)に慈恵病院となります。
〇「マリアの宣教者フランシスコ修道会」は、聖フランシスコの精神を受け継いでいます。その精神は、慈恵病院へも受け継がれています。
 
  理解されることよりも 理解することを
  愛されることよりも 愛することを
  人は自分を捨ててこそ 受け
  自分を忘れてこそ 見出し
  赦してこそ 赦され




〇1978年慈恵病院の運営を修道会から任された蓮田太二先生は、産婦人科医でした。病院で妊婦さんと赤ちゃんの命に向き合う中、お産に問題を抱えるお母さんを何とか支援できないか、赤ちゃんの遺棄事件が後を絶たない日本の社会に課題を持たれます。 まずは、24時間「SOS赤ちゃんとお母さんの相談窓口」を開かれます。出産への啓発や相談に力をいれても、お産がすべて万全なわけではなく、何年に一回は危険を伴う出産を経験されます。そのたびに、頭を垂れ祈られます。お産を援助して誰ひとりとしてお母さんを失わなかった奇跡に感謝し、先生は1998年にカトリックの洗礼を受けられます。
〇「こうのとりのゆりかご」が開始されたのは、2007年5月10日。ここに至るまでには、政府や社会から大きなバッシングを受けます。当初「赤ちゃんポスト」の名前が先行し、「ポスト」のイメージが郵便物を投げ入れるもの。「赤ちゃんを無責任に投げ入れるなんて子捨てを助長することになる」「母親はどんなに苦しくても育てるのが当たり前」「今後の子どもの将来はどうなる」私も当時の報道を鮮明に記憶しています。
〇蓮田太二先生は、昨年10月に84歳でお亡くなりになりました。現在、蓮田先生の息子さんが病院を受け継がれています。蓮田太二先生は、155名の赤ちゃんの命を助け、養子縁組は300件以上になりました。「どの子もかけがえのない子であり、人類の歴史を作る誇り高い存在。何よりも命が大事、命を助ける」と言い続けられました。
〇本校の修学旅行は、この熊本の地が「ルーツを探る旅」の最終日となります。「こうのとりのゆりかご」も見学します。今年は、コロナ禍で訪問することができませんが、リモートで熊本の修道院と繋ぎ、シスター入江からお話を伺おうと計画しています。

【小学校-校長室から】民主主義の国ニッポン

校長 山田 耕司

民主主義と社会科
○ アメリカの大統領選挙をめぐる一連の動きは民主主義について熟考させられました。バイデン新大統領はその就任式で旧約聖書詩編30章6節を引用し、Biblesays weeping may endure for a night but joy cometh in the morning.(夕べは涙のうちに過ごしても朝には喜びの歌がある)と唱えました。バイデン氏はコロナ禍の今、民主主義と権威主義の選択に揺れるアメリカで苦難のうちにかじ取りを託されました。  From division to unity (分断から結束へ)が、key wordだそうです。演説の中では「民主主義」が11回使われました。これは対岸の火事ではありません。ニッポンも同じ課題を共有します。
○ 75年前日本は新しい国づくりに向かって歩み始めました。明治以降数回の戦争を乗り越え、「国民の国民による国民のための社会をつくる」民主主義国家を目指すことになりました。そして、その基盤である市民育成のため学校教育に「社会科」を創設しました。小学校・中学校社会科教育は民主主義教育の要として期待されました。
小学校6年生社会科を学ぶ
○ 小学校最終学年6年生の社会科では、日本の政治と歴史、世界の国々との関係について学習します。
国や県・市の政治はどんな考え方にもとづき、どのように進められているのか、歴史上の人物のどのようなはたらきによって今の世の中がつくられてきたのか、日本は世界の国々とどのような関係をもっているのかなどを探求していきます。
○ これは、日本の世の中の今を、過去にさかのぼり、未来や世界にも目を向けて、広い視野から深く考える学習になります。今の社会のしくみやその基本となっているきまりは何か、それらはどのような歴史をへて形づくられてきたのか、日本は世界の国々とどんな関係にあり、世界の国々から何を期待されているのかなどを考えていく学習を主体的に展開します。その過程で先生や友だち・人々の支援を受け知識・思考・能力・態度・行動を醸成していきます。
この社会科学習を体験しますと、子どもたちは社会生活の基本となっているきまりやしくみ、今の世の中へと発展してきた日本の歩み、世界の国々との関係などについて、より広く、深く考えることできるようになります。そして、日本に暮らす国民、ひととして自覚が芽生え、政治や社会に参加し、共に課題を解決していくことが期待されます。
欧米にみる民主主義
○ 少子化・高齢化が進む中、欧米に倣って若者の政治参加を求めて2016年から18歳の選挙権が導入されました。国や社会は主体的に政治を担う若者が増えてほしいと願います。しかし、投票率には一向反映されません。高校での「主権者教育」(シチズンシップ教育)が叫ばれるばかりです。彼らには小学校の時からの主体的に学ぶ社会科教育が不十分だったのでしょうか?
○ 本年より大学入試制度の改変が行われました。
欧米では日本のように定期テストがある国は殆どありません。大学入学資格試験が記述式・面接式であるため、高校生は自分の解答に至る考えを論理的に説明する学び(訓練)を重ねています。大学受験者の数が異常に多い日本式の知識の量を問う試験とは異なります。自分で課題を見つけ出し、解決していく力が求められます。ここでは小学校からの主体的課題解決学習の体験が生きてきます。塾や机上だけでの「暗記したことを解答用紙に書く知識偏重型の日本のテストのあり方は国際社会では通用しない」と千代田区麹町中学校の校長は指摘します。
○ 現在もっと人間性を豊かにする教育を文科省は目指します。それには先ず教育環境の保証です。子どもが子どもらしくのびのびと育ち自分を発見し見つめ醸成できる学校です。次に教師が自らの教育力を向上させる学校研究の必然です。まさに「教育は人なり」。そんな学校に民主主義に生きる子どもたちが育ちます。

【小学校-校長室から】家庭文化と校風

教 頭 松本 裕子

〇先週は、福岡地方にも寒波が到来し、大雪となりました。なかなか積雪の体験がない子どもたちは、雪が降り始めると窓の外が気になり、授業どころではありませんでした。7日の夜から降り始めた雪が8日には4㎝ほど積り、あたり一面銀世界。大人のわたしたちは、通勤や子どもの送迎を心配しましたが、子どもたちの心は逸り「雪遊び」。
学校は通常通り行いましたので、保護者のみなさま方には、雪の中の送迎にご協力をいただきまして、ありがとうございました。
おかげ様で、学校に来た子どもたちは、雪景色の校庭で思う存分「雪遊び」を体験することができました。

〇明日から2日間、令和3年度の入学試験の面接があります。来年度本校入学を希望される方が来校されます。この日を迎えるために早い方は3歳児の時から小学校を探され、ご家庭の教育方針や我が子に適した学校をと情報収集をされます。
 学校説明会の後も個別に学校見学を希望され、ご案内いたします。見学希望の方の多くは「子どもに海星小学校を見せたい」「学校の雰囲気を肌で感じさせたい」と思われます。そして、見学後には「子どもを連れてきてよかった」「やっぱり、子どもが気に入ってくれた」「幼稚園とあたたかい雰囲気がとても似ている」と入学志願を固められます。
〇家庭の文化と海星小学校の校風が入学の決め手となるようです。海星小学校の校風は、保護者のみなさまの目にどのように映っているのでしょうか。校風とは、学校独自がもつ性質です。
・カトリック学校で神さまに見守られた一人ひとりを大切にしてくれる学校。
・モンテッソーリ教育を取り入れ、一人ひとりの「生きる力」を育んでくれる学校。
・自然豊かで子どもを伸び伸びと育ててくれる学校。
・一学年ひとクラスで仲良しの学校。
・保護者と学校が連携して子どもを育てている学校。      など
 この校風がそれぞれのご家庭の文化に重なっているでしょうか。それとも・・・。
〇本校はモンテッソーリ教育を取り入れていますが、
子育てや教育の原点になることがらですので「子育
てを知る5つのポイント」を紹介します。
①大人と子どもは違います。大人の行動の目的は「結果」ですが、子どもは「過程」です。
②子どもの動きをよく見ましょう。目の前の子どもを「自分の目で」しっかりと見ることが大切です。
 子どもが興味を示していることや困っていることに気づきます。
③子どもはよく見ています。子どもは大人の動きをよく見ています。子どもは大人の動きを見ながら頭を働かせています。
④教え方にはコツがあります。子どもに何かを伝えるときは、ひとつだけを伝えましょう。そして順序だててゆっくりとやってみせましょう。
⑤何度も繰り返しやることで成熟します。子どもはひとつのことを集中して繰り返しすることがあります。同じことを繰り返しやって充実感や自信を得て熟成したときに次のステップへチャレンジできます。
〇わたしたちは、海星に入学してきた子どもたち一人ひとりを大切にするイエス様の教えに倣い、6年間責任をもってお預かりいたします。しかし、時として保護者さまのご意向にそえないこともあり得ます。
家庭の文化と校風が人間のエゴイズムで食い違うことがあるからです。「一人ひとりを大切にする」ことは、キリスト教の教えから「ゆるし」が必要になってきます。教育にかかわる私たちは、この事を常に自覚し日々研鑽して参ります。

【小学校-校長室から】新年あけましておめでとうございます。

校長 山田 耕司

 コロナ禍の中で
〇 フランシスコ教皇は新年のメッセージで「気配りの文化は平和への道」と示されました。それはコロナ禍と戦争・紛争の絶えない現代社会に見られる無関心、拒否、対立の文化を根絶するためです。人々は自分の所属する共同体の中で、民族間で、国家間で、対立や比較や争いを続けます。「気配り」がそれらを氷解させる「鍵」になるということです。氷が解けると春がやって来ます。私たち海星小学校も平和を祈りながら、平和のために微力でも尽くす決意を新たにしながら、目の前にいる子どもたちと共に歩んでまいります。

 コロナ禍と新しい教育
〇 コロナ禍の中、先の見えない不安の時間が長くなります。
本校では、子どもたちに希望を強く抱かせる学校生活を充実させるために、令和3年度からの教育(カリキュラム・学校行事等)を本年度の経験を生かして下記の4点を目玉に現在検討を重ねております。
①子どもたちを活かす学校行事のあり方と実施
②SDGs
③ICTの効果的な活用を促進し情報活用能力を確実に育成できる学習
④低学年期における「ことばの発達・充実」と放課後教室の実施

 コロナ禍とSDGs
〇 新型コロナウイルス感染拡大は地球全体に及び、ワクチンの開発と使用が大きな関心事となっております。国家間・民族間・共同体間の格差を埋めなければ感染防止は難しいと言われます。
そんな折、文科省は令和6年度(2024年)から使用する小学校教科書に、国連の提唱する「SDGs」を背景とした「持続可能な社会の実現に向け、自ら考え、行動できる子どもの育成」を取り上げるように要請しています。「私たちのいのちと日々の生活は他者の働きや犠牲の上に支えられているという自覚」を一人ひとりの小学生にも持ってもらいたいのです。
SDGsは、人間が地球でずっと暮らしていくために達成しなくてはいけない目標が17あると教えます。そしてこの目標は世界共通で2030年までの達成をめざします。

 小学校でのSDGsの取り組みは
〇 子どもたちは普段意識していないだけで、通常の教科学習の中でSDGsに関連する知識を身につけています。
社会科で行われる食料自給率の話題からは「貧困」「海洋資源」「陸上資源」の話に繋がりますし、戦争や平和の話題からは「平和」「目標」について考えることができます。理科の「気候」単元は「気候変動」について考える入口に最適です。
〇 このような通常教科学習から「自分ごととして考える・行動できる」一歩踏み込むことで、SDGsに繋げることができます。総合的な学習「ステラマリス」では、「SDGsの基礎を学ぶ」「課題解決学習としてSDGsに取り組む」等、じっくりと学びます。総合的な学習は、教科の枠に縛られないため教科の学びを生かす横断的な学習になりますし、「ジェンダー」「健康・福祉」など、教科とは結びつけにくい課題についても取り組むことが可能になります。課題解決学習の実施は、計画からその成果まで落ち着いて考える時間ができるため、子どもにとっても達成感を味わいやすくなります。また、「聴き合い活動」を通して自分たちの考え方や行動の成果をまとめ、発表することもできます。
〇 学校全体としてSDGsに取り組むパターンも考えております。学年ごとのレベルに応じた課題に取り組んだり、学年を超えた「縦割りグループ」で課題に取り組んだり、時には保護者の方に参加いただき、ご一緒に行動計画を立てることもあると思います。
 SDGsの行動目標は「成果目標」であり、行動目標から一歩踏み出し「だから実際にこのような行動を起こしました」「その結果、こんな成果がありました」という成果もセットにすることが求められています。
 目標達成のために、一人ひとりが実際に行動を起こし成果を上げるということが大切になります。海星っ子にどこまでチャレンジできるかが楽しみです。