FC2ブログ
  福岡海星女子学院高等学校 福岡海星女子学院附属小学校 福岡海星女子学院マリア幼稚園  

【小学校-校長室から】脳 科 学

教 頭 松本 裕子
〇先週から降り続いた大雨が、各県で大きな被害をもたらしています。数十年に1回の大雨が毎年のように災害となって私たちの生活に打撃を与えます。 みなさまの地域は大丈夫だったでしょうか。今後も地盤が緩んでいますので、土砂災害の危険があります。雨の降り方には十分に注意をして、ご家族で災害時の避難について話し合っておくことも大切ですね。
〇先日、職員室で理科専科の中村智彦先生から3枚の絵を見せられました。「教頭先生、この絵はどう見えますか?」それは、目の錯視(錯覚)を利用した絵でした。模様が歪んで見えたり、少女が老婆に見えたり・・・。私たちの目のしくみは、カメラと似ています。目に映った画像を脳へ送り、はじめて現像して「見る」と認識するのです。その際、脳は誤った認識をしてしまうことがあります。これはその人の心理的なものだったり、経験や体験したことだったりが関係します。だから人によっては同じ絵を見ても違うものに見えたり見えなかったりするのです。中村先生は、これを5・6年生の理科の学習で子どもたちに説明されたそうです。つまり、同じ授業を聴いていても聴こえない人がいます。これは、脳が別のことを考えているからです。考えているときに私語などが入ってくると思考が中断します。目の錯視を通して「脳の科学」を解かれました。
〇私たちの脳は、あらゆる刺激によって発達していきます。乳児期は「物」を舌や手、足で感じ脳へ情報を送り発達させます。幼児期からは「人」との関りによって大きく発達します。社会性が培われていくのです。社会性は、社会的規律を学ぶこととも言えます。同じ空間の中で違った環境で育った者同士が集まり生活するためには、ルールが必要になってきます。これは、お互いが気持ちよく生活するための約束ごと(規律)です。家族という小さな社会から保育園や幼稚園、学校へと社会が広がるにつれ、人との意見の相違が出てくるのは、当たり前です。人は思い通りに行かなくなったとき、怒り、悩み、考え、解決へと思考の一連を辿ります。これが、脳を刺激し発達させていくのです。今まさに「新しい生活様式」になった私たちの社会は、大きく変わろうとしています。コロナウイルスと共存をするためには、ウイルスの特性を知り、感染しないように自分でできる生活を考え、解決策へと導くチャンスです。これもダメ。あれもできない。だからどうしよう。安全に遊ぶには・・・。脳を活発に働かせるチャンスと捉えるといいですね。
〇先週の全校朝礼でのみことばは「信じる人々のために祈る」でした。校長先生のお話の内容は、「みなさんの中には嫌いな人がいるでしょう。話したくない、仲良くしたくない人もいるでしょう。しかし、そんなときにこそ、神さまに祈りましょう。神さまは、私たちが弱い人間だということを知っておられます」その後の子どもたちのみことば作文では「なかなか嫌いな人と仲良くすることは難しいです。でも、神さまに祈って話してみようと思います」「神さまが一つになることを望んであるので、頑張ってみようと思います」この子どもたちの作文を毎週金曜日にクラスで聴き合います。現在は、聴き合い活動ができないため、先生の方で子どもたちの作文を紹介し、子どもたちの考えを聴き合います。5年生の聴き合いでは、子どもたちから「自分は神さまに祈っても仲良くなれないと思います」との考えの子が数名。「仲良くなれないかもしれないけど、嫌いな子を理解することはできるかも」。「祈りの力」は、神さまが違った考えを持った人たちを理解できるようにしてくださる、素晴らしい知恵なのだと感じます。
〇その素晴らしい知恵をいただける環境の海星小学校で、考える「脳」をしっかりと働かせてください。充分な食事・衣服・学習環境を与えてもらうばっかりで、不自由な生活の経験がない子どもたち。たまには、不自由な生活を経験させることも必要です。そこに感謝の気持ちが湧いてくると期待できます。
 私たち大人は、子どもに困らせないように、先手を打ち、歩む道をきれいに舗装しがちです。人間関係も歩む道も壁にぶつからないと考えることができません。ぶつかったときに「オー脳(NO)!」です。

【小学校-校長室から】通信表「あゆみ」

校長 山田 耕司

学習指導要領のねらい
○ 文部科学省は新学習指導要領の実施(令和2年4月)に伴い、令和元年3月31日に「小学校における児童生徒の学習評価及び指導要録の改善等についての通知」を全国の教育委員会・国立学校・私立学校に出しました。令和元年度は準備期間(移行措置期間)として令和2年度から完全実施することが内容とされています。本校ではこの趣旨を踏まえて昨年度より先行的に新学習指導要領による取り組みとその学習評価を進めているところです。
〇 改訂の主旨を紹介します。学習指導要領は時代の要請にこたえてほぼ10年毎に改訂されます。今回の特色は、「知的理解の質をさらに高め確かな学力を育成する」ことにあります。
そのためには、言語能力・情報活用能力・問題発見解決能力の育成に務めなければなりません。同時に「主体的・対話的で深い学び」の体験の場が求められます。学校は授業を工夫し改善する必要があります。
本校が「聴き合い活動」・ポートフォリオ評価・プログラム学習は勿論、「知的刺激」「身体的刺激」「心的刺激」の3つの調和を大切に先を見る教育に取り組む背景がここにあります。

福岡海星小学校のよさ
〇 長い新型コロナウイルス禍による臨時学校休業の影響で、従来の3学期制を一時的に2学期制にしたり、1学期の評価をしないとする公立学校があります。各学校では一斉登校開始が遅れたり、午前と午後の2部制授業を実施をしたり、土曜日出校をしたりと、学校事情に合わせていろいろ工夫をされながら授業時間の確保に努力をされております。
本校では、学校の特性を生かして他校より一足早く5月11日より分散登校・オンライン授業、6月1日より一斉登校を始めました。8月7日に1学期の終業式を予定しております。さらに年間を通して学校行事及び学年行事の精選を図りながら授業時間の確保に努めてまいります。
この結果、学期は従来通り3学期制とし終業式には通信表「あゆみ」を通してお子様の1学期の成長をお伝えできます。「あゆみ」の見方考え方は従来と変わりません。
尚、今回は夏休みが8月8日~20日と短いため「個人懇談週間」を設けることができません。初めての学校経験をしました1年生のみ悉皆で行います。他学年は必要に応じて個別にご相談して行います。

福岡海星の通信表「あゆみ」
〇 「あゆみ」は【学習の記録】・【生活の記録】・【児童と保護者の評価】の3つからなっております。
【学習の記録】は、教科である国語・社会・生活・算数・理科・音楽・図画工作・家庭・体育・英語は学習の様子を、各教科ごとに3~6の観点を設けて、3段階の評価(目標に対して◎十分に満足 〇満足 △もう少し)で表しています。宗教(公立校では道徳)とステラマリス(総合的な学習)は文章で学習の様子を表しています。さらに4学年~6学年では〈特別活動の記録〉を文章で表しています。
【生活の記録】は、〈行動の記録〉10項目を望ましい状態にあると判断した場合、それぞれに〇をつけています。 また、〈学習や生活の様子〉を文章で表しています。〈身体の記録〉や〈出欠の記録〉を通して、合わせてお子様の成長がわかるようになっております。
【児童と保護者の評価】は、本校の特色であるポートフォリオ評価の一環として、児童と保護者の方に「あゆみ」に参加していただきます。
児童の自己評価である〈学習と生活のあしあと〉は、児童自らが「自分のめあて」をふり返り、頑張ったことや心に残ったこと、これから自分の課題にしたいことなどを書きます。
〈保護者記入欄〉は、ご家族からみたお子様のがんばりについて、励ましと称賛とアドバイスをお願いいたします。
このようにご家庭と学校とが共に励ますことによって、お子様のうちに秘めた力(神様から与えられた使命と力)が発揮されることを願っております。
〇 子どもたちは未体験の夏を迎えます。楽しみな夏休みは僅か13日間です。長期の旅行も祖父母様の待たれる「ふるさと」への帰郷もままならないでしょう。エアコン完備とはいえ新型コロナウイルス禍での夏の学校生活です。高温多湿な気候の中で楽しい学校生活が送れますよう対策と工夫をして臨みます。ご理解ご協力をよろしくお願いいたします。

【小学校-校長室から】自然豊かな学校での学び

教 頭 松本 裕子

「先生、みこころのつどいがありますね。紫陽花を持って来ます」と子どもや保護者の方から声をかけられます。「紫陽花」イコール「みこころのつどい」海星に培われたの暦です。今年の「みこころのつどい」は放送で行われますが、学院のあちらこちらに植えられた紫陽花の花がそれぞれに色をつけて、私たちの目を楽しませてくれます。もうひとつの海星の風物として、虫網・虫かごを持っての登校です。とくに低学年は、休み時間ともなれば虫取りに夢中です。虫かごには、バッタやダンゴムシ、モンシロチョウ。中には空っぽの虫かごを見せながら「先生、バッタをにがしてあげたよ」と笑顔で報告してくれます。
さて、学校の一斉再開から2週間がたちました。はじめは、慣れない「新しい生活様式」でしたが、少しずつ子どもたちも慣れてきました。登下校送迎の際の乗降も保護者の皆さまのご協力のおかげで、スムーズに流れるようになりました。
 先週8日の全校朝礼で校長先生から「喜ぶ者と共に喜び、泣く者と共に泣きなさい」というパウロがローマ人に宛てた手紙のお話をされました。例えのひとつとして、「南門の駐車場で乗降すると、近隣地域のみなさまのご迷惑になり、校長先生は近隣地域の方々にお詫びをしています。どうかみなさんでお約束を守り、地域の方々が安全に安心して暮らせるように協力してください。そうすると、喜びが倍になります」と話されました。朝礼後の子どものみことば作文の中に「私は、お約束を守っていませんでした。校長先生や近隣の方々に悲しい思いをさせてごめんなさい。これからお約束を守ります」と書いている子がいました。「自分さえよければ」から「みんなのために」分かち合う心に変容した姿です。そして、何より素晴らしかったことは、その子が次の日から約束を守り、行動へ移したことです。私たち大人はどうでしょうか。つい「誰も見ていないから」「大変だから」「時間がないから」と身勝手やごまかしをしていませんか。子どもたちは、澄んだ目と素直な心を持って私たち大人を見ています。大人の私たちが子どもの心を曇らせていないでしょうか。
互いに思いをひとつにし、(中略)すべての人の前でよいことを行うよう心がけなさい。ローマ16.16
 朗報です。来週22日(月)にカトリック福岡教区長のアベイヤ司教様が本学院を訪問なさいます。福岡教区に外国の司教様が着座されるのは80年ぶりのことです。スペイン人の司教様をお迎えする準備を子どもたちとすすめてまいります。
ガイアの森では、木から伸びたツルにぶら下がり「ターザンごっこ」!? 自然豊かな本校ならではの遊びに笑みが漏れます。
南運動場の畑には、ピーマン・ナス・トマト・落花生が植えられ、もうすぐ1・2年生の生活科で育てるサツマイモも植えられます。秋にはサツマイモが収穫され「焼き芋大会」が催されます。ホクホクとした甘いサツマイモが今年も大きく育つことでしょう。
これらの野菜の苗は毎年、中原採種場さまのご協力で肥料から植える時期まで、ご指導いただいております。一昨年、3年生理科で学ぶ「植物の観察」でも出前授業をしていただきました。小さなの種の中に生命が宿っている授業です。
 新型コロナウイルスの感染に伴い、ICT教育が急激に注目され、本校でもオンライン授業やロイロノートなどの活用をしております。これからの時代、ICT機器は必要不可欠なものとなるでしょう。しかし、電磁波の問題や眼の障害なども囁かれています。ICT機器と上手に共存していくためには、緑豊かな自然が必要です。体内に蓄積された電磁波を放電してくれる樹木の効果について聴いたことがあります。森林浴をしたり、樹木に抱きついたり、土に触れたりする体験がよいのだそうです。疲れた眼を癒してくれるのは緑豊かな山(森)です。そう考えると、海星の子どもたちは、知らず知らずのうちに、自然豊かな学校で体が癒されているのですね。

【小学校-校長室から】毎日の登校が始まります

校 長 山田 耕司

○ 長い新型コロナウイルス禍による臨時学校休業がやっと終わりました。感染症専門家が「大規模感染の第2波第3波が来る」と警鐘を鳴らしますので油断安心はできませんが、先ずは2020年度のスタートです。1学期は8月7日までを予定しております。
文部科学省や福岡県の方針に準拠し、福岡市教育委員会の取り組みを参考に、福岡海星小学校の特性とよさを生かして、1学期の学校生活・教育を進めてまいります。何卒ご理解ご協力の程よろしくお願いいたします。
〇「空の鳥を見なさい。種をまくことも刈り入れることもせず、また倉に納めることもしない。それなのにあなた方の天の父は、これを養ってくださるのである。あなた方は鳥よりもはるかにすぐれているではないか。あなた方のうち、だれが思い煩ったからといって、寿命を一刻でも延ばすことができるでだろうか。着る物のことをなぜ思い煩うのか。野のユリがどのように育つかをよく見なさい。ほねおることも、紡ぐこともしない。」   (マタイ福音書6章26~28節)
イエスは、「神の摂理への信頼」を迷える弟子たちに説きます。
私たちの海星小学校は、最も弱い立場の人を大切にするマリアの宣教者フランシスコ修道会のシスター方によって創立され、以来50有余年、カトリック校として1学年1学級、一部複数担任制・専科制による小規模な学校経営を進めてきました。自然にも恵まれたその環境の中で、多くの個性豊かな心やさしい子どもたちが育ちました。
〇 今回3週間の分散登校・オンライン授業の体験を経て、6月1日より通常授業体制に準ずる「毎日の登校」が始まりました。新型コロナウイルス禍拡大を防止するため、2年生以外は学年を2グループに編成し、同時授業を展開しますので、教科を担当する先生が4月発表より一部変更となります。国語・社会・算数・理科・生活科・宗教・英語を特に重視した時間割を組みます。国の予算援助を得てタブレットを一人1台確保します。ICT教育も促進させます。
〇 文部科学省の示す「学習指導要領」の目標を達成するために、年間授業時間を確保せねばなりません。夏休みは8月8日から20日までの13日間に短縮します。多くの学校行事・学年行事を精選することにいたします。学習の積み重ねが求められるFSD(ファミリースポーツデイ・運動会)と学芸会は中止になります。宿泊を伴う学年行事、夏季合宿(1~3年)・サマーキャンプ(4・6年)・5年農村宿泊体験も中止になります。愛校バザーの形態も検討されます。
〇 登下校につきましては、子どもの健康・安全重視の点から保護者の方による送迎を基本とさせてください。ご家庭の事情で公共交通機関を利用される場合は混雑時間帯を避け、安全に登校させてください。遅れられても遅刻扱いにはいたしません。スクールバスは従来より乗車希望者が多く所謂3密状態です。安全確保のためできるだけ乗車を避け保護者の方による送迎に切り替えて頂きたくお願いいたします。
尚、今後のスクールバス運行のあり方を検討するために、公共交通機関の路線の少ない「Dバス」(JR南福岡・春日コース)の運行を試行します。ご理解くださいませ。
〇 3月から始まりました新型コロナウイルス禍の中で、お子様と共にどのような過ごし方をされましたか。どのようなことを体験され、どのようなことを感じられましたか。
フランシスコ教皇は、新型コロナウイルスの世界的流行を「神からの試練ではなく、私たちの生き方を問い直す機会を神から与えられたと受け止めましょう」と説かれました。
今、多くの人が、「本当に大切なものは何か?」「私の身の丈に合った幸せとは?」と自分に問い直しておられます。
就寝前のひと時、考えます。新型コロナウイルス禍は経済的グローバル化社会の「負の効果」を拡散させました。数か月の間にウイルス拡散の状況を世界の人々がリアルタイムで知らされ対策を求められました。地球上すべての市民が運命共同体であることに改めて気づかされました。グローバル化社会を生きるためには、歴史的因果や経済的地政学的利害に固執して近隣諸国と無理解であったり不仲であったりすることを越えて「連帯」することの必然性に気づかねばなりません。
〇 Afterコロナ、Withコロナ、新しい生活様式が始まります。学校生活も大きく変化します。マスク常着、手洗いとうがいの徹底、教室換気の徹底、公共交通機関及びスクールバスの乗車マナー、運動と遊び、食事のマナー、握手とボディタッチ等、ご家庭や保護者後援会にご理解・ご協力をお願いしながら共に進まねばなりません。子どもたちの幸せのために何卒よろしくお願いいたします。

【小学校-校長室から】フランシスコ教皇「イースター・メッセージ」 心から心へ

校長 山田 耕司

キリストの復活
○ 新型コロナウイルスによる苦難と死、そして世界的流行が引き起こす経済的困難で私たちは異例の日常を紡いでいます。
4月12日、キリスト教会では「イースター(復活祭)」を迎えました。ローマ教皇の伝統的な「ウルビ・エト・オルビ」(ローマと世界への復活祭のメッセージ)は、多くの部分、新型コロナウイルスに苦しむ人々に向けられました。教皇のメッセージを紹介しましょう。少しでも皆さんの心の癒やしになればと願います。
〇 「キリストの復活」、希望と新しいいのち、死に対する勝利の知らせは、心から心に伝わる、もう一つの『感染』のようです。
復活したキリストは、十字架の傷を負ったまま墓から出てこられました。「苦しんでいる人類の傷を癒やしてくださる」よう願いつつ、キリストを見つめましょう。
  祈りの連鎖
〇 新型コロナウイルスの直接的な影響を受けた感染者や死者、最後の別れもできずに愛する人の死を悼んでいる人々のために祈りましょう。「いのちの主が、亡くなられた方を神のみ国に迎えてくださいますように。また、今も苦境にある人、とくに高齢者と孤独な人に癒しと希望を与えてくださいますように」。「介護施設で働く人や、一時収容施設(難民)や拘置所(受刑者)にいる人といった、とりわけ感染リスクにさらされている人に対する、主の慰めと、必要な助けが欠けることがありませんように」。世界的流行によって、孤独に苦しんでいる人や失業した人、病者の治療に当っている医師や看護師・医療従事者、国民の生活を守る助けとなっている警察等の要員のために祈ります。
〇 ここ数週間の間に、無数の人々の生活が突然変わりました。多くの人々にとって、家にとどまることは、深く考える機会、あわただしい生活リズムから抜け出す機会、家族と共に過ごす機会となりました。一方、多くの人が不確かな未来や、失業のリスク、この危機がもたらす他の影響を思いわずらう時でもあります。
政治指導者に
〇 政治指導者にお願いします。国民の共通善のために積極的に力を尽くしてください。だれもが自分の尊厳にふさわしい生活が送れますよう、必要な方策や手段を提示してください。そして、状況がゆるすなら、普段通りの生活に戻す手助けをしてください。
〇 全世界が苦しんでいる今、貧しい人や路上生活の人、難民に特に目を向けなければなりません。
特定の国々への国際制裁の解除を呼びかけます。その制裁は当該国の市民に耐えがたい苦しみを与えています。最貧国の対外責務の帳消し、軽減を行ってください。「全世界における即時停戦を求める呼びかけに勇気をもって応えられるよう、わたしたちの平和であるキリストが紛争当事者を照らしてくださいますように」。特にシリア・イエメン・レバノン・イスラエルとパレスチナ・ウクライナ東部の政治指導者にお願いします。
無関心や利己主義
〇 無関心、利己主義、分裂、忘れること、これらの言葉は、今、この時にけっして聞きたくない言葉です。
恐れと死に圧倒されるとき、つまり私たちの心と人生における主キリストの勝利を受け入れられないとき、これらの言葉が優勢になると思われます。私たちはそれらをあらゆる時代から締め出したいと思います。
四王寺山の散策
〇 私は四王寺山の中腹に住んでおります。私の校長職も26年目に入りました。
未だ始業式も入学式もない子どもたちの嘆きを受け止めて山道を歩いています。静寂の中、風の音・小鳥の声・水のせせらぎが耳を潤します。祈りながら歩んでおります。神から深く深く考える時間を与えられました。
 教育のICT化・デジタル化の波が今回の新型コロナウイルス禍によって急激に現実味を帯びてきました。教育にも「不易と流行」があります。学校教育の基礎基本を担う小学校では特に「不易」が大切です。
お子様にフランシスコ教皇の話をかみ砕いて聴かせてください。国語の教科書にある物語文を朗読させてください。
お父さんと登場人物についていろいろ話し合いましょう。1年生は挿絵を自由に読みながらお母さんに私のお話を聴いてもらいましょう。家族が共に過ごす心豊かな時間です。