FC2ブログ
  福岡海星女子学院高等学校 福岡海星女子学院附属小学校 福岡海星女子学院マリア幼稚園  

【学校情報】2A生徒留学報告(カナダ)

留学生活も残すところ1ヶ月と少しとなってしまいました。生きてきた17年間で、今年が1番早く過ぎたように感じます。特に9月からは本当に早かったです。楽しい思い出か増えれば増えるほど、カナダを離れることが辛くてたまらなくなります。しかし、自分がここで成長できた証として、ネガティブに捉えず、前向きに考えています。-10℃を下回る日々が続いており、カナダにやってきたばかりのころを思い出します。
11月はエドモントンで働いている、ホストシスターのテイラーが久しぶりに帰ってきました。恐らくこれが彼女に会う最後の機会でした。一緒にホラー映画を見たり、美味しいワッフルのお店に連れて行ってくれたり、最後にテイラーとしたかったことを全て叶えてくれました。月に1回の頻度でしか会えませんでしたが、実の妹のように接してくれて、本当に素敵なホストシスターに巡り会えたと思います。
また、ホストファミリーの家に新メンバーがやってきました。生後2ヶ月の子犬です。セラピードッグとして訓練を受ける彼は「Niko」と名づけられました。とても賢い犬ですが、好奇心も旺盛で、なんでも噛み付いたり引っ張ったりすることが大好きなようです。子犬の到着日はホストブラザーたちには秘密にされており、サプライズでした。彼らの予想より早くやってきた可愛らしい子犬に2人共目を輝かせて喜んでいました。出国前にNikoに会えてとても嬉しいです。
11月下旬の4日間、家庭科の実習の一環でロボット赤ちゃんのお世話をする、というものがありました。クラス全員が、期間をずらして行います。ロボット赤ちゃんは実際の赤ちゃんと同じ重さ、大きさで、時間を選ばず泣きます。授業中でも、早朝でも、真夜中でも、彼らが泣き出すとおしめを替えたりミルクをあげたりしなければなりません。彼らが泣く時は①ミルク②おしめ③げっぷ④あやすのうちどれかひとつを求めています。彼らの欲しているものを見逃すと減点され、首を支えずに抱きかかえた時も減点されます。夜中に何度も泣かれることが3日続いただけで、気分が優れませんでした。子育ての過酷さを肌で学び、改めて両親への感謝の気持ちでいっぱいになりました。また、このプロジェクトを学校が全面的にサポートしているところにも、保育を学ぶことに重点を置いているその姿勢に感動しました。
また、日本が大好きな友達のリクエストで、誕生日プレゼントとしてお弁当を作ってあげました。日本文化伝承のいい機会になったと同時に、改めて日本文化の美しさに気付かされました。とても喜んでくれて、お弁当の写真を沢山撮っていました。
つい昨日ハロウィンを終えたと思ったら、もう1ヶ月が過ぎていることが信じられません。本当に時間の速さについていけません。残り50日を切ったカナダでの生活。思う存分楽しんで、さらに英語力習得への意欲を高めていこうと思います。

20181126-4
[1枚目] テイラーと
20181126-3
[2枚目] ホストブラザーのAaronとNiko
20181126-2
[3枚目]ロボット赤ちゃん。Philipと名付けました
20181126-1
20181126-1
[4枚目] Bento Box

【学校情報】2A生徒 留学報告(イギリス)

イギリスに来て4ヶ月が経ち、そして帰国まで2ヶ月を切りました。
天気は今日本と同じくらいで寒いです。
12月に入り、私はバスで家から15分ほどのところにあるチャリティーショップでボランティアをすることになりました。
お店の方々は快く迎えてくれてさっそくレジ前に立たせてくれました。
レジ打ちは店の方にやってもらい、私はお客様の商品を袋に入れて会話したりしています。
また店の商品を綺麗に並べたり、ボランティアで持ってきてくれた服をサイズを見てハンガーにかけたりもしています。
初めての経験で緊張しましたが周りの方たちがとても優しく、気さくに話しかけてくれるのですぐに緊張は解け、今は楽しく接客をしています。

クリスマス前にクリスマスジャンパー&エルフデーがありました。
それはクリスマス仕様のセーターを着たり、エルフの仮装をしたりして登校し、3ポンド寄付するというものです。
イギリスではセーターのことをジャンパーといいます。
私もクリスマスジャンパーを前日に買い、着ていくとみんなからはいいね!と言われ嬉しかったです。
あともう一つコミュニティクリスマスディナーが行われました。
それは家族や子供がいなくて1人でクリスマスも過ごすという人を学校に招き、生徒や先生、食堂の方たちがおもてなしするものです。
生徒は食事を運んだり、一緒のテーブルのところに座り話したりします。
私も最初は話しかけに行くのに戸惑っていましたが、これはコミュニケーションをとるチャンスだと思い、
料理の感想を聞き、話しかけることができました。それに加え、自己紹介したり、日本について聞いたりしました。
そうしたら美しいところだ、行ってみたいと言われ嬉しくなりました。
その後も他のテーブルの方たちとイギリスや私自身のことについて話し、楽しく会話ができました。
最後別れる時は少し寂しくなりました。みんなハグしにきてくれたり勉強頑張ってと言ってくれて本当に嬉しかったです。

クリスマスイブはチャリティーショップで働きました。みんなクリスマスカードやクリスマスプレゼントを買う人で大忙しでした。
夜はファミリーと一緒に自分のプレゼントを並べ次の日、クリスマスに早起きをしてクリスマスソングを聞きながら開けました。
どのプレゼントも素敵で嬉しかったです。その後はファミリーの親戚がたくさん集まってゲームをしたりしました。
クリスマスはKFCを食べると前から話していてそれを覚えていてくれてお昼はKFCと決まったのですが、
KFCでさえも開いてなくて他の開いてるお店でチキンとバーガーを買ってきてくれました。ファミリーには感謝です。
最高のクリスマスを過ごすことができて幸せでした。

また友達の家にお泊まりをしました。ゲームをしたり、映画を観たりゴロゴロして楽しかったです。
その友達はパキスタン出身でパキスタンの料理を食べました。少し辛かったですが美味しかったです。

これからも悔いのないよういろんな方たちとコミュニケーションをとりながら英語力をあげていきたいです。
そして残り少ない留学生活、1日1日を大切にファミリーと過ごしたいです。

20190113−2
20190113−1
20190113−3

【学校情報】2A生徒留学報告(カナダ)

2019年になり、帰国まで残すところ一週間となりました。この一年長いようで短く、とても充実した日々を送ることが出来ました。

今月はクリスマスを初めとした様々な行事があり、忙しかったですが楽しむことができました。
カナダではクリスマスをとても大切にしており、街全体もクリスマスの装飾や曲が流れていてワクワクしました。24日はほとんどのお店がいつもより早めに閉店し、25日は休業します。そして、26日には"boxing day"と呼ばれる大きなセールがあります。カナダでは、親から子どもへプレゼントを渡すだけでなく、子どもから親へ、また兄弟、友達へと家族みんなにプレゼントを渡す習慣があるので、私もホストファミリーと友達へプレゼントを渡しました。喜んでくれたのでよかったです。

今月中旬、Teddy Bear Toss Dayに参加しました。これは地元のホッケーチームが開催している、児童養護施設の子ども達のためにぬいぐるみを寄付するというイベントです。チームが一番最初に点を取った時に観客が一斉にリンクに向かってぬいぐるみを投げます。ホッケーの試合には何度も行っていますが、こういったイベントは初めてなのでとても楽しめました。

また、今月の終わりには友達の家でお泊まりをしました。友達の家は広い土地を持っており、ソリやSki-doo(スノーモービル)や、凍った川の上でのスケートなどのアクティビティをすることが出来ました。他にも、小さい子どもたちと一緒にジンジャーブレッドのトレインを作ったり、カードゲームをして遊んだり、映画を見たりして本当に楽しむことが出来ました。私の家は子どもがいなく、毎日とても静かなのに対して、友達の家は毎日大騒ぎで、おばあちゃんやおじいちゃん、親戚の人までが家を出入りしていてとても賑やかで私にとってはとても新鮮でした。

あと1週間で帰国します。残された期間を大切に過ごし、悔いのない留学生活にします。

20190107-3
1枚目 △家のクリスマスツリー
20190107-4
2枚目 △teddy bear toss day
20190107-1
3枚目 △友達と
20190107-2
4枚目 △ski-doo

【学校情報】2A生徒留学報告(カナダ)

12月はカナダ人にとって最も大切な行事とも言える、クリスマスがありました。街全体がクリスマスムードで、特に驚いたことが、ほとんどの家がクリスマスイルミネーション、またはデコレーションをしていたことです。ある家のイルミネーションは、ラジオを指定のチャンネルに合わせると、その音楽とシンクロして模様や色が変わったりしました。[1枚目]
また、クリスマス休暇前最終日の学校は、廊下に七面鳥やスイーツなどのご馳走が並び、午後からは、授業の代わりにタレントショーとギフトカードが当たる抽選会が行われました。Grade 11のクラスメイトと1年の思い出を振り返ったり、沢山笑ったりと楽しい時間を過ごすことが出来ました。[2枚目] タレントショーでは、ダンス、歌唱、ラップ、楽器演奏など、才能あふれる人達による素敵な行事でした。私も友達に誘ってもらい、kpopのダンスカバーをしました。皆気に入ってくれたようで、嬉しかったです。[3枚目] クリスマスという一大行事の幸せを、多くの人と共有することが出来ました。
そしてクリスマス当日は、先ずプレゼントの多さに驚きました。可愛くラッピングされた箱や袋がクリスマスツリーの下に並び、生まれて初めて何から開けようか迷うという、幸せな悩みを体験しました。カナダの国旗をモチーフにした手袋や、ホストファミリーと一緒に行った旅行の思い出を本にしたフォトブック、カナダの雪を象徴したスノードーム等、心のこもった素敵なプレゼントをいただきました。中でも一番のお気に入りは、ホストファミリーの飼い犬であり、私の親友でもあるMoxieの手形です。私によく懐いてくれるMoxieはいつも私が座っていると膝の上に乗ってきたり、部屋にいる時は入ってきて隣で眠り始めたり、本当に可愛いです。「Moxieのひとかけらを持って帰れるように」とホストマザーの友人が作ってくれました。大切な思い出です。[4枚目]
クリスマスは日本よりも盛大でしたが、逆に新年は何も無いと言っていいほど特別なことはありませんでした。友人によると、カナダでは12時まで起きて「あけましておめでとう」と言うことはあまりないそうです。文化の違いが浮き彫りになり、とても興味深かったです。また、大晦日は今季1番寒い、日中-30℃を記録しました。いつもは暖かい家も、夜は数回起きるほどの寒さでした。[5枚目]
私の1年間の旅も、いよいよ終わりを迎えます。いよいよ帰国まで10日となりました。長くて短い、最高に辛くて、最高に楽しい1年間でした。自分と本当に向き合う事の難しさや、ホームシック、言葉の壁など、想像以上に過酷なものばかりでしたが、同時に幸福感でいっぱいになる瞬間も、何度も経験しました。帰国することがまだ信じられませんが、今後も自分の心に正直に、自分の将来に向かって努力していければと思います。沢山の方々の協力の元かなった今回の留学ですが、特にサポートしてくれた両親には1番感謝しています。恩に報いるよう、さらに頑張っていきます。
素敵な国に1年間居られて幸せでした。
ありがとう!!


20190106-5
[1枚目] 街で1番豪華なイルミネーション
20190106-4
[2枚目] Grade 11の仲間達と
20190106-3
[3枚目] ダンスカバーのグループ
20190106-2
[4枚目] Moxieの手形
20190106-1
[5枚目] -30℃の天気予報

【学校情報】2A生徒留学報告(カナダ)

カナダへ来て約10ヶ月が経ちました。今月はテストやプロジェクト、プレゼンテーションが沢山あり、忙しい日々が続いていました。そのせいか、時間が過ぎるのが本当に早かったです。そしてカナダでの生活が残すところあと約1ヶ月となりました。私の最後の登校日はクリスマス休暇の前なのであと20日くらいしかありません。残された期間を大切に過ごします。
11月に入って本格的に寒くなり、雪も激しくなってきました。朝や夜は-20℃まで下がることもあり登校時に外に出る時、すごく憂鬱な気分になります。

今月の初めに、友達が所属しているホッケーチームの試合を見にホストファミリーと行って来ました。ホッケーの試合を生で見るのは2回目ですが、最初に行った時よりルールを理解することが出来ていたので楽しむことが出来ました。

今月は"Remembrance day"というものがありました。これは第一次世界大戦終戦を記念する日で、カナダだけではなく、たくさんの国で大切にされている日です。この日は胸元に赤いポピーの花をつけて戦没者を悼む習慣があり、学校の中だけでなく、町のほとんどの人がつけていました。私は学校で行われたセレモニーにバンドの演奏という形で関わらせて頂きました。セレモニーで流れる戦争についてのスライドに涙する生徒も沢山いました。平和な世界を目指すためにもこういった日はとても重要だなと感じたとともに、戦争について深く考えるいいきっかけにもなりました。

また、私のとっているバンドの授業で、来年5月、カナダ最大級の音楽フェスティバルに出演することが決まりました。この大会はすごく大きなフェスティバルでカナダの首都であるオタワで開催されます。フェスティバルには簡単に出演することが出来るわけでなく、人数や技術面の選考があった上での出演という事なのだそうです。この事が地元の新聞に載り、みんな喜んでいるし私もとても嬉しいのですが、私はその前に帰国してしまうので出演することができません。でも、当日に披露する曲を一生懸命練習して帰国前に何らかの形で関わることが出来たらなと思います。


20181212−11
1枚目 △学校から見た景色
20181212−10
2枚目 △アイスホッケーの試合
20181212−9
3枚目 △Remembrance day
20181212−8
4枚目 △新聞