FC2ブログ
  福岡海星女子学院高等学校 福岡海星女子学院附属小学校 福岡海星女子学院マリア幼稚園  

【学校情報】2A留学報告(カナダ)

カナダで過ごす日々がだんだんと少なくなってきました。この1年間はカナダの良い所をたくさん知ることができました。また、今まで気付かなかった日本の良い所も発見することも出来ました。12月になると冬らしい気候となり、雪が積もり、0度を下回りました。クリスマスが近づき、近所の人達がイルミネーションを家の外に飾ったりクリスマスツリーを出したりなどもうすぐクリスマスだと実感することが多かったです。学校では終業式の日に先生対生徒のホッケーの試合がありました。同級生全員がホッケーの試合をしているのを見る機会があまりないため、ゲームから目を離すことが出来ないほど楽しかったです。クリスマスは家族と過ごす日ということで、クリスマスイブの日はホストファミリーとクリスマスの映画をたくさん観ました。また、クリスマスイブプレゼントというものがあるということを初めて知りました。クリスマスイブプレゼントはたいてい暖かいパジャマのようなもので、そのパジャマを着て映画鑑賞をするいうことが多いそうです。そしてクリスマスはホストグランドペアレンツの家でみんなで豪華な食事をしました。ターキーを食べたりプレゼント交換をしたりとても楽しい時間を過ごすことが出来ました。他にも、クリスマス後にはホストファザーとスキーをしに行きました。スキーは約6年振りぐらいだったため、とても怖かったですが、体を久しぶりに動かしたのでとても楽しかったです。そして、ホストマザー曰く、カナダでは大晦日は日本と比べてあまり重要ではないそうです。友達と遊んだり、パーティーをしたりして過ごすそうです。そこで、私とホストシスターは友達を家に招き、パーティーをしました。みんなで映画を観たりと久しぶりに友達を家に呼んでお泊まりをしたりしたため、とても楽しかったです。

▽現地での写真
2020010610493390f.jpeg

【学校情報】2A生徒 留学報告(カナダ)

It has been 11 months since I came to Canada. The Christmas break has already started.

My host parents and I attended an early Christmas party at our friend’s house. There were some people that also came. Even though it was our first time meeting each other, we had a good time together. We played a game called Charades. Charades is a game which involves acting out words or phrases written in a piece of paper. The object is to get your team to guess the answer using gestures. I usually don’t like to be in front of people and act out, but I had a lot of fun. After that, we did a Chinese Gift Exchange. All of us brought gifts and exchanged them. It was very fun so I’d like to do it in Japan sometimes.

On December 21st, my host parents and I went to the Calgary Zoo Lights. It was very cold but there were many people. The lights were beautiful so we took a lot of pictures. We also took a picture with Santa! Christmas is coming soon so I’m very excited. We are planning to have a Christmas dinner at home and open our Christmas gifts.
At school, we’ve been doing a lot of assignments, quizzes, and exams.

In Social, we had an exam about the nationalism and ultranationalism in Germany, Russia, and Japan. We also went for a field trip to the movie theatre and watched a movie; MIDWAY. This movie is about a war between Americans and Japanese so there are a few famous Japanese actors in it. I had never seen a movie about war before because I thought they were too serious and dark. But after I saw this movie my thought had changed. Even though it was about the war, it wasn’t as dark as I thought, and actually there were a lot of happy scenes as well. Most teenagers don’t feel comfortable watching the war movies, but I think we should have more opportunities to watch them. War movies can help us understand more about the histories in each country.

In English, we wrote an essay about the impact of an individual’s ambition on self and others. In the essay, we had to quote a few lines from a novel called “Macbeth” written by Shakespeare. It was very hard but I managed to finish it.

In Film Studies, we watched Christmas movies and wrote reviews about them. I’m glad I chose to take Film Studies because I was able to watch many genres of movies and it also helped me to improve my listening and writing skills.

I have only 3 weeks before I leave Canada and I have only a few days of school. I can’t believe my year of studying abroad is going to end soon. It feels like I just came here yesterday. I will enjoy my last 3 weeks of my stay here as much as possible.

▽現地での写真
kuradec1.jpg

kuradec2.jpg

【学校情報】2A生徒 留学報告(カナダ)

留学生活も段々と残り少なくなってきました。
11月に入ってからは、とても冬らしい季節になってきました。11月後半からはみんなクリスマスの準備をし始めました。雪が積もり、0度を下回るほど寒い日々が続いています。

11月はとにかく数学と英語の勉強で忙しい月でした。数学では、先月と変わらず1週間に一回はテストを受けます。前までとは違い、家に帰ってすぐに宿題を終わらせて、しっかりと教科書の問題を解いて、丸つけまで行うように心がけました。すると、単元テストではクラス1人だけ満点を取ることができました。努力は実を結ぶと言うことを改めて感じることができました。
そして英語では、シェイクスピアの四大悲劇とも言われるマクベスを勉強しています。普通の物語とは違い、日本語で言う古文のような表現をした英語であるため、話についていくのが必死です。しかし、色々と前もって調べたり、本を読んだりして追いつくための工夫をしています。

もうすぐクリスマスであるため、みんなクリスマスプレゼントの準備で忙しい毎日です。カナダで過ごすクリスマスは初めてなので、とても楽しみです。来週からはホストマザーとホストファザーは2週間旅行に行くそうです。その間、私達はホストグランドペアレンツにお世話をしていただくことになります。ホストグランドペアレンツとはなかなか会う機会が少ないので会えるのが楽しみです。
12月はいろんな行事がたくさんあるので楽しみです。残り少ない留学生活も精一杯楽しみます。

▽友達とイルミネーションを見に行った写真です。
kannna12.jpeg

【学校情報】2A生徒 留学報告(カナダ)

It has been ten months since I came to Canada.
On Halloween, my friend and I went trick or treating. We walked around our neighborhood and we got a lot of candy. It was my first time to go trick or treating so it was very exciting. I wish we had this kind of event in Japan too.
November 14th was my birthday so my host family held a birthday party for me! My room was full of balloons so I was very surprised and also happy. That night, my friends and my host family’s friends came and we ate many Filipino foods and cakes. It became one of my best memories in Canada.
Christmas is coming soon so there was a Christmas tree light ceremony. We went to see the lightings and it was very beautiful. I can’t wait for Christmas!!
At school, I’ve been studying a lot lately. We are learning about World War Ⅰ in social right now, and I’m really trying hard to keep up with the other students.
In English, we are reading Macbeth by William Shakespeare. We read Romeo and Juliet in English last semester and it was easier than Macbeth because I knew the story. But reading and understanding the story of Macbeth is very hard because I’ve never read this story and it’s not in modern English.
In Film Studies, we watched four movies about Vietnam War. After we watched alI the movies, we had to choose one movie and make a PowerPoint presentation. We had to make a presentation about the movie’s theme and what did the director want to tell the audience. It was very hard, but the teacher told me I did a great job and she gave me a 100 percent.
I have about 20 days of school left so I’ll do my best to keep up the good work.

▽現地での写真
kura101.jpg

kura103.jpg

【学校情報】2A生徒 留学報告(ニュージーランド)

ニュージーランドに来て約10カ月が経ちました。今回のレポートで私の留学報告は最後になります。帰国日が近づくとともに別れへの寂しい気持ちが増していますが、あと数週間後には日本にいるという実感がないというのが正直な気持ちです。そう思えるくらいに私はこの1年間でニュージーランドの生活に馴染むことができたのだと思います。

今月の4日にプライズギビングと呼ばれる、表彰式のようなものがありました。これは今年度最後の学校への登校日で、Year13の人にとっては卒業式のようなものでもあり、全学年から、各クラスで成績が優秀だった人、スポーツを頑張った人、などへの表彰もあります。私はここで賞をもらうことを目標に頑張ってきましたが、残念ながら受賞はできませんでした。しかし、この1年を通して全校生徒の前で数回表彰され、スクールバッジを5個、賞状を5枚もらいました。私がとっていた観光の授業でも、Year12 のNCEAといわれるニュージーランドの資格を取得することができました。私のクラスからこの資格をパスした人は私だけだったため、とても嬉しかったです。課題を始めたばかりの頃はほとんど理解できず、私にできるはずはないなどと思っていましたが、授業内だけではなく、家でも進めたり、分からないところは先生に尋ねたりして、課題を進めていったことが今回の結果につながったのだと思います。このように、今回の留学では、何事も、初めからできないと諦めるのではなく、挑戦してみることが大切で、努力すれば目標を達成できるということを学ぶことができました。

aikanov1.jpg
△いつも一緒に過ごしていた友達

学校が終わってからは、インターナショナルスチューデントのためにホリデープログラムが開かれました。私たちはロッククライミング、動物園、ゴンドラに行きました。動物園では、ニュージーランドにしか生息しないキウイバードを見たり、キリンの餌付けをしたりすることができました。ホリデープログラムの最終日に行ったゴンドラでは、丘の上から私の住んでいるクライストチャーチ一面を見ることができ、みんなで過ごす最後の時間を楽しむことができました。お別れ会では先生から1人ずつお別れの言葉をいただき、お礼の言葉も伝えることができました。この学校生活は私にとってとてもかけがえのないものになり、私を大きく成長させてくれました。多くの新しいことにも挑戦でき、貴重な経験もたくさんできました。私を支えてくれた先生方や友達、ホストファミリー、またこの留学をするにあたって関わってくださった日本の多くの人にも感謝の気持ちでいっぱいです。私は、多くの人に支えられながら生きているということを実感し、人生の中では、みんなで助け合いながら生きていくことが大切だということを学びました。

aikanov3.jpg
△インターナショナルスチューデント

この留学を通して英語という言語だけではなく、とても大切なものをたくさん学ぶことができました。初めは何も相手の言っていることを理解できず、自分が思っていることをしっかりと伝えられないことが多かったです。しかし、生まれ育った環境も全く違う中で、言葉が通じるだけでこんなにも分かり合えるのだと、言葉の力にとても感動させられました。どれだけ自分が何かを言おうと努力しても最初から上手くはいきませんでしたが、諦めずに続けていくことで徐々に自分の力になっていき、周りの人も理解してくれるようになりました。今では、来たばかりの頃の私には想像できなかったことが私の周りには広がっていて、私との別れを心から悲しんでくれる友達、本当の家族のように接してくれるホストファミリーなど、本当に私は恵まれた環境にいることを実感します。高校生のうちに留学したからこそ経験できたものもあり、留学前の自分と比べると、これらの経験は私を大きく成長させてくれました。この留学で学んだことをここで終わらせるのではなく、しっかり将来につなげていきたいと思います。